通報


        肖像画, 厳しい, 女の子, ブルー, 暗い, アルバム, 憂鬱, 視線

    945: 名無しの心子知らず 2013/08/09 12:20:52 ID:4+yZxuZf
    (1/4) 
    数年前の話しをふと思い出したので、書いてみます。 
    長文投下は初めてなので、下手とかミスるとか、すみません。 

    私は、自宅の一室でお小遣い稼ぎ程度に仕事をしてる現役のお針子。 

    近所の仲良し4家族を招き、ホームパーティーをした時の話し。 
    皆が帰った後で、2階のベランダに干してあった娘の洋服が3着なくなっている事に 
    気がつく。一瞬訳がわからなかったけど、居空きにやられたんだと思った。夫と 
    貴重品等を確認するも、被害なし。なぜか仕事部屋がぐちゃぐちゃに荒らされて、 
    ミシンetcが壊れてた。 

    居空きだったらまず貴重品だろうと首をひねりながら娘の部屋を確認したら、さらに 
    3着なくなっている事が発覚。ロリコン変態野郎に娘が狙われたと確信、とにかく娘が 
    心配で仕方がなくて、私は一時パニック状態に。


           人, 女の子, 女性, 学生, お友達と, 研究, 学校, アクティビティ

    98: 名無しの心子知らず 2012/12/16 03:24:02 ID:f10rQREf
    ちょっと前の出来事だけど、まとめたけど長くなってしまった。 

    数軒隣に大きな一戸建てが建って、そこに子供5人のAさん家族が引っ越してきた。 
    Aさんとこの末っ子とうちの末っ子が同じ年でお招きされてAママ手作りのケーキでお茶しながら話してたら来客。 
    「ごめんなさいね。ちょっと待ってて」と言われて待ってたんだけど玄関先でなにやら喚き声がするので 
    ちょっとみにいったら向かいのアパートに住むBママと子供たち。 
    Bママのとこは小学生を筆頭に子供4人全員年子で近所では悪ガキと有名。 
    どうやら子供が入り込もうとしているのをAママが両手で1人ずつ腕を掴んで捕まえて片足でドアを押さえてる。 
    それを押し開けようとしているBママと「お菓子は~?」と言いながら隙間から入ろうとしているBママ子。


          びっくり, 女性, 若いです, 肖像画, ファッション, カジュアル, 美しい

    63: 名無しの心子知らず 2013/05/22 17:35:42 ID:PzjRvIs0
    今日2時半くらいの出来事なんだが文章がイマイチ整理しきれないので長いかも。 

    子供らが公園で遊びたがってるし少しおしゃべりするかーって事で子供を見張りながら友人A、Bと私の3人でおしゃべりしてたんだが、 
    小学生の子供二人がブランコを取り合いしていて女の子が泣き出した時、 
    ブランコの近くのベンチに座ってた女の子の母親が駆け寄り 
    男の子の胸倉掴んで頭部をゲンコツでボッコボッコ何発も殴ってた。 
    遠くからでもボコボコ聞こえてきたから凄ましい程強く叩いたんだろうと思う。 

    急いで止めに行ったらその母親舌打ちしながらトドメと言わんばかりに男の子の腹を蹴り上げたようとした。 
    さっきのゲンコツが滑って鼻にも直撃したんだと思う。 
    鼻が骨折してると一目でわかる程で、鼻血が大量に出ていて口からも吐血っぽく鼻血が逆流。 
    ただでさえ鼻から呼吸が出来ないのに時間が経つにつれ口からも呼吸しづらそうにしてたし実際凄く苦しい状態だったと思う。 

    友人Aに男の子の看病を任せ、私は警察と救急車に通報。 
    そしてベンチにあったサイフや携帯が入ってるバックを万が一逃げられても身元の分かるものさえあれば・・・と思い没収。 
    友人Bは母親を取り押さえて捕獲。 
    男の子は病院に到着してすぐに手術が決定したそうです。 
    友人Aが男の子の親御さんが来るまで病院に着いていき、私と友人Bは警察で事情説明。 
    一時間ほど前に帰宅しました。パトカーで。 

    明日あの母親がどうなるかは警察から事件の関係者として報告の電話が来ると言ってましたが確実に逮捕はされるだろうね。 
    被害者は手術までする程のケガ負わせてんだからゴネてどうにかなるようなレベルじゃない。 
    逆にあれでケロっと帰ってきたら怖い。 
    地元の新聞で取り上げられるかな。


          肖像画, 怒り, 人々, カップル, 腹を立てる, 不快感, 離婚, 放棄

    509 :名無しさん@おーぷん
    ある日、仕事帰りに家に向かって歩いてたところいきなり警察に取り押さえられた
    訳もわからず「えっ?えっ?なに?」とあたふたしていると
    「おとなしくしろ」って
    最初から一切まったく暴れてませんやん

    で、話を聞くと女性から付け回されていると通報があったと
    全然まったく心当たりがない、駅前の人混みはともかく少し離れてからは女性どころか誰も見た覚えがない
    偶然ちょっと進路がかぶったとか、たまたま似たような格好の人を見たとかじゃないのか?
    そんな感じの事を話していると後ろの方で見ていた女性が騒ぎ始めた

    そいつがずっとアタシを付け回してた
    駅からここまでずっとこんな長い距離をずっと何て偶然の訳がない
    ソイツは駅からここまでずっとアタシの前を歩いてたんだ
    一度も目を離してないからソイツで間違いない

    「知らんがな!」

    こんなんでも交番まで行って調書とられた

    97 :キチママまとめちゃんねる 2018/03/03(土) 11:15:29 ID:ah1
    国際的な大会が行われるゴルフ場のすぐ近くに住んでるんだけど、
    その大会がある日には路地の入り口ごとに警備員が立ち、路駐が厳しく監視されている。
    我が家は3台分の駐車スペースがある戸建で、夫と私それぞれの車とゲスト用になっていて
    以前はゴルフ好きな知人に頼まれて止めさせてあげたりしてたけど
    そのうちあまりにも多くの人に頼まれるのでトラブルを避けるためにここ10年ぐらいは一切断ることにしていた。
    ところがある年のこと、その日は休日だけど夫も私も用事があって午前中出掛けていたが、
    午後から旅行に出発する予定になっていた。
    私が帰ってくると夫が先に戻っていたんだが、なんと知らない車が1台止まってた。
    なんだろうと思って家に入ると夫も知らない車で、私が帰ってくるのを待ってたそうだ。
    夫が帰った時、ご丁寧に伸縮ゲートも閉めてあったそうだ。
    (ちなみにすぐ戻るつもりだったのでゲートは開いたままだった)
    知人は全て断ってるし、誰かに止めてもいいなんて言ってもいないし
    とにかく通報してレッカー移動してもらおうと思ったら
    公道ではないので民事だからとか言って断られ、時間がないけどこのまま留守中に逃げられるのも忌々しいので
    夫に近くのホームセンターに走ってもらってチェーンと南京錠を買ってきてもらい、
    その間に仲の良い近所の奥さんに頼んで(そこは駐車スペースに余裕がある)私の軽を旅行中預かってもらった。
    で、その無断駐車の車だけ残してゲートを閉めて、開かないようにしっかり鍵をした上でチェーンと錠をした。
    その車には「無断駐車、不法侵入、迷惑です」とだけ貼り紙をして旅行に出た。
    その旅行、ずっと楽しみにしてたのにその車のことが気になって仕方がなかったのが腹立たしい。
    2泊3日の旅行を終えて戻ってきたら当然車はまだ残っていたが、ポストにメモが入っていて
    「勝手に止めてすみません。ここに連絡下さい」と名前と携帯番号が書いてあった。

    387 :キチママまとめちゃんねる 2017/12/10(日) 17:15:13 0.net
    DV、シスコンで支配型、依存型の兄が向かいのアパートに引っ越して来たのが修羅場だった。

    高校では彼氏ができる度に殴る蹴る、彼氏に嫌がらせ
    すこしでも気に食わないファッションだと泣きわめいて(私)にはこっちの方がにあうぅうう!!と服を買ってくる成人した兄。
    父母は関わりたくないのか兄を止めず私を怒る始末。

    とにかく色んな精神疾患発症して、それが家にいるときに特に酷いので
    高校卒業と共に家を出て住民票に制限をかけて逃げた。

    22になって結婚、引越しして兄の恐怖からやっと抜け出したと思っていたら
    冒頭のように兄がお向かいのアパートに。
    あらかじめ兄の写真を見せていた夫が気づいて私に家を出るなと電話
    私は警察に相談したけど、え、でもまだ実害ないじゃん?みたいな対応で
    ガクガクしながらふとんに篭った。
    兄は夫にニコニコというか、おかしい目をしたニヤァーという顔で世間話をしつつも、私達の住むアパートから目を離さなくて、これはヤバいと思ったそう。

    ウィークリーに逃がしてくれて
    夫は離れた場所のアパートを契約、私が先にそこに入り、
    夫が荷造りして夜逃げのように引っ越した。

    私たちの知り合いは職場関係ほぼ切ることにして、連絡先も変えた。
    すると前の住所に手紙がおいてあったそう。
    一言、住所教えてください、お兄さんが会いたがっています。って。
    それに書いてあったのが私の幼なじみで、1番連絡先を残していたかった親友だった。

    このページのトップヘ