豹変


    f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_t

    401: 名無しさん@HOME 2013/06/28 19:20:34
    ウトさんが亡くなったのを期にトメと同居。 
    何事もなく平和だったところに、夫の単身赴任にくわえ、義弟さんが有名大卒の嫁と結婚した頃からトメが豹変。 
    義弟嫁と一緒になって、「(私が)低学歴だから味付けが下品」だの「低学歴だから掃除も雑」だの 
    「こんな低学歴が嫁や義姉なんて恥ずかしい、○○家に相応しくない」などと言い始めるようになった。
    最初は豹変ぶりが信じられないのもあり我慢していたけど、耐えきれず夫に相談。 
    夫も最初は信じられない様子だったけど、録音したものを聞かせたら、謝ってくれて実家に帰るなり何なり好きにしていいと言われたので、DQN返し。 
    毎度お決まりのごとく「学歴」「学歴」と言い始めたトメに、「やっぱり大卒じゃないと○○家の嫁として認められませんか?」と聞くと 
    「当たり前じゃない、最低でも○○大は出ていないと」と言うので、 
    「分かりました、私子は○○家の嫁に相応しくなるべく○○大合格を目指して頑張ります」と宣言して、速攻で本屋で赤本買って勉強してる振り。 
    トメに何か話しかけられても、「受験勉強の邪魔しないでください」とシャットアウト。 
    次の日、義弟嫁が来て「冗談を真に受けるなんて」と言うから、「あんな言葉を冗談で言える人間がいるはずがないじゃないですか。至らない私を叱咤してくれたんですよね」と笑顔で返した。 
    根回し済みの実親が電話で「そちらで勉強させるとご迷惑でしょうから、実家でしっかり勉強させますので」とトメに話して、トメがアワアワしているうちに纏めてあった荷物を持って義実家を後にした。 
    最後にトメには「何年かかっても○○大卒業してきますので、待っていてください」 
    義弟嫁には「戻ってきたら○○(惣菜屋)の商品にそっくりなお味のおかずの作り方を是非とも教えてくださいね」と高らかに言って出てきた。 
    数日実家でのんびりした後、今は夫の単身赴任先で一緒に暮らしています。


          激怒, 動揺, 人, 女性, 怒って, ストレス, 狂牛病, 怒り, 式, 不満

    833: 名無しの心子知らず 2011/03/03 02:40:45 ID:vkf1K+gr
    寝れないので、思い切って昔の事を書いてみた。 
    賃貸に住んでたんだけど、そこの大家さんがある意味セコケチだった話。 

    大家さんは嫁いだ娘と高校生の男子持ちの、シングルマザー。 
    たくさんの物件持ってる地主さんで、すごく気前がよく 
    「小さい子がいると物入りだから」と色んなものをくれた。 
    畑の作物、庭でとれた花、お中元の缶ジュースなど。 
    貰いっぱなしだと気が重いので、地元の名産品や話題のスイーツなんかを、 
    タイミングを見計らってお返し。 
    ありがたいけど、マイホーム目指して貯金中な私たち夫婦にとっては、 
    こういう出費はかえって痛かった。気も遣うし。


          悲鳴を上げる, 子, 女の子, 人, 子ども, 小児期, 叫び, 少年

    852: 名無しの心子知らず 2013/08/30 23:00:50 ID:8bcJDTu8
    今はもう引っ越したけど、前に住んでいたマンションの隣に 
    下着を押し付けてくる気持ち悪いシンママがいた話です。 

    登場人物 
    私(当時27)、シンママ(30前後)、シンママ娘(小2くらい) 

    当時は旦那と二人暮らしで、隣の部屋は空室だったんだけど 
    ある日、そのシンママが娘を連れて住むようになりました。 
    うちにも挨拶に来て、郊外のショッピングモールの下着専門店で働いてるんですと話されたけど 
    ここまでは普通でした。私もそんな話振られても「ふ~ん」としか思えなかったし。 

    でも、その後旦那がいない時に限ってうちの部屋に度々そのママが来るようになって 
    来るといっても部屋に上り込むとかじゃなく、玄関で話すくらいなんだけど 
    シンママの部屋は角部屋でその右隣が私達夫婦の部屋、私達の右隣は男子大学生の一人暮らし。 
    さらに隣は老夫婦の部屋で、なんかどうやら私をターゲットにしてたみたい。 

    シンママが何をするかというと、ピンポーンってインターホン押してこっちが顔出すと 
    「こんにちは。今日はこれ持って来たの。あなたに似合うと思って。」とズカズカ入ってきて 
    手に持っていた下着(ブラとかパンツとか)が入った袋を渡してくる。


        人, 女の子, 女性, お友達と, 笑顔, 笑う, 幸せ, サングラス, 旅行

    616: 名無しの心子知らず 2013/07/27 09:04:19 ID:WcodyclT
    キチガイというには微妙なママ友にウボァーな気分。 

    見合い結婚した夫は農家の三男 
    見合いの時から駅近くに庭付き一戸建てが用意されていた。代わりに義父が将来亡くなった際は 
    財産分与なしってことで事前に話がついていた。車は結婚前に夫が一括で購入したものを今でも乗っている。 
    そういう関係もあって私はローンの話に正直疎い。ここまでが前提。 

    幼稚園のママ友たちとローンの話になった時に、知識がないことをpgrされてしまった。 
    その時に今の土地も家も義実家が用意してくれたからローンを組んだことがないと喋ってしまった。 

    それからママ友の一人Aさんに変な風に絡まれている。 
    今住んでる地域は最近ベッドタウンになったような郊外で農家と新興住宅地が混在しているのだけど 
    ママ友は近年宅地になった?区画で建売り住宅を買ったが、そこは駅や今度入る小学校からは微妙に距離がある。 

    Aさん曰く「私は努力して不便な家を買ったが、三男嫁は金目当てで結婚した苦労知らずのズルい女」らしい。 
    まあ、スタートから楽させてもらってるのは確かだけど、だからと言って皆でお茶をした時や幼稚園の行事の時に 
    「三男嫁さんがご馳走してくれるって~、○○してくれるって~」って言い出したりしてウヘァ状態。 
    他のママ友や保護者にも、三男嫁さんトコってお金持ちなの?みたいに言われたり 
    Aさんをはじめよく知らない人にまで義実家の農作物をクレクレされたり正直しんどい。 

    彼女の説明だと恵まれてる人は周りの人に富をお裾分けしなきゃいけないらしい。 
    ズルいズルいと嫌味ったらしく言われたかと思えば、軒先に吊るした玉ねぎをクレクレ言われたり訳がわからん。 
    特に嫌味な時は他に人がいる時はともかく、一人の時には顔をすっごい歪ませて鼻で笑う感じなんだよね。 

    それまで笑顔でハキハキした人だと思ってたのが豹変ぶりが怖い。

    62 :キチママまとめちゃんねる 2013/03/26(火) 20:40:14 0
    結婚前は超がつくほど優しかったトメ。トメウト旦那(彼氏)でピザを作ったりこれからの結婚生活も本当に楽しみだった。

    しかしある日突然豹変。
    目を合わせなくなったり遠回しに自宅への訪問を拒否された。
    どうしてか必タヒに問い詰めると私の母親(元DQN)がトメの元同級生だとわかり学生時代うけた酷いいじめを思い出してどう接していいかわからなくなったと言われた。

    「あなたが悪いわけじゃないけど一緒にいると人生で1番辛かった時を思い出してしまう。傷つけたくないから家にくるのは今回限りにして下さい」とトメウトに懇願された。義実家との関係は結婚後もそれから2年交流なし。

    2年目旦那経由で妊娠報告をしたところ気持ちの整理がついたと義実家に呼ばれた。行ってみると玄関先に無表情のトメが。挨拶した瞬間大きな氷をお腹にぶつけられた。旦那がすぐに救急車を呼んだが我が子はお空へ旅立ってしまった。

    実母のDQっぷりは知っていたので今までトメに同情的だったがここでDQN返しを決意。

    私はある学校で教師をしている。そこに通っているトメ最愛の孫であるコトメ子をターゲットにした。
    ロ×コン疑惑のあった同僚にコトメ子があなたに気があるみたいよと強引なのが好きらしい何度も言い、積極的に2人きりにさせる機会を作った。コトメ子卒業間近我慢できなくなった同僚はついにコトメ子を手にかけコトメ子はショックで拒食症発症&引きこもりになった。

    トメは最愛の孫がそんな状況になりもともとあった(らしい)鬱悪化。
    先月首を吊った。私もようやく落ち着いたので記念カキコ。

    292 :キチママまとめちゃんねる 2011/12/09(金) 23:16:28 ID:RPwuNUy2
    新卒で勤めてた会社での衝撃話。
    おおらかで優しい社長や真面目な同僚。
    やる気に溢れる理想の職場だった。

    その日は残業。
    社長含む数人の社員が残る中、帰ろうと靴を履き替えていたら、
    いきなり後ろから突き飛ばされて転んだ。

    見ると社長だった。
    顔を真っ赤にして、大声で私を叱りだした。

    「今靴を履き替える時に壁に手をついていただろう。手垢がついたらどうする。会社の金で張り替えるんだぞ。お前の手垢で何万の損害か考えろ」との事。

    そしてその日から社長は壁の傷や床の取れない汚れを見つけては犯人捜しに没頭するようになってしまった。

    社長が病に倒れ、数ヶ月の休養を経て復帰した次の日の出来事でした。

    このページのトップヘ