キチママまとめちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるの生活板を中心に鬼女、気団、浮気・不倫、復讐、修羅場など、生活に関するトラブルをまとめているブログです。

    警察

    823 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/22(火) 13:40:00 ID:V6e
    友人の旦那さんが人を轢き杀殳してしまった時の被害者遺族の反応が衝撃的だった
    倫理的にまずい話かもなので注意をお願いします

    友人旦那さんが事故を起こしたのは真夜中の街灯もない裏道
    そこで酔っ払って道路の真ん中でうつ伏せで寝ていた人を轢いてしまったらしい
    しかも被害者は黒い服を着ていてまったく気付かなかったらしい
    あたりまえだけどそんな状況でも友人旦那さんは罪に問われたし、友人旦那さんも罪を受けとめた。
    そして被害者遺族は激怒して、友人旦那さんや友人に「人杀殳し!」と責め立て、最終的には学校で待ち伏せして友人子供にまで「人杀殳しの息子!」と㬥カまで振るったらしい
    警察にこのことを訴えたら「被害者遺族は家族を杀殳されて気が立っている。加害者のおまえらがガタガタ言うな(意訳)」と言われたらしい
    正直被害者遺族の反応も警察の反応も意味わからん
    酔っ払って道路の真ん中で寝てた被害者にも否はあるよね?人生めちゃくちゃになった友人旦那も被害者じゃない?って思ってしまう……

    105 :キチママまとめちゃんねる 2014/05/18(日) 12:56:31 ID:gtyH9b10I
    小学校1年生のとき、いつも一緒に帰っていた友人が休んだので、その日は一人で帰っていた。
    茶畑が続く田舎道は人通りが少なく農家のおじさんおばさんがチラホラいるだけ。

    自宅まで残り1キロ程になった地点で向こう側から奇抜な服装の人間が、こちらに向かって歩いてきた。
    ピヱロだった。顔は白塗りされていて、赤や黄色の派手なペイントが施されている。
    服装もピヱロそのもので、片手にはかなりの量の風船を持っていた。
    私は怖がるどころか、ピヱロに興味津々で、すれ違うときにピヱロの動きに合わせて視線を送ってた。

    すると突然ピヱロは振り返り、あっという間に私を捕まえて(手を繋いできた)話しかけてきた。

    「私ちゃん、楽しいところに行こう」とぐいぐい手を引っ張り、連れ去ろうとしてきた。
    私はようやく危機感を覚え、暴れまくった。このとき風船がいくつか飛んでいったのを覚えている。

    私は出せるだけの声を出して助けを呼んだ。
    ピヱロは「あいつらは悪魔だから」 を連呼してズルズルと私を引きずる。
    すると、私の声を聞きつけた筋肉隆々の若い男忄生が「ごらぁぁあ!!ピヱロごるぁああ!」 と、
    鍬を持って走って来たので、ピヱロは慌てて逃げていった。

    私は筋肉隆々さんに家まで送ってもらい、事情を両親に話してもらった。
    その後、警察にピヱロの特徴を聞かれたりと 本当に大変だった。
    後からわかったのは、ピヱロの正体は母の兄で、幼い女の子にしか恋愛感情を抱けないとのことだった。


    現在私は24歳。ピヱロ事件以来、筋肉隆々さんに恋をし、私が20歳のときに交際がスタートした。
    ちなみに筋肉隆々さんは15歳年上です。

    932 :キチママまとめちゃんねる 2017/04/12(水) 00:20:21 ID:0uw3vsdW.net
    この前カラオケ行ってホログラムのない一万円札を使おうとしたら
    20代前半くらいの若いバイトの男の子が2人いたんだけど「えっ、これ偽札じゃないですよねぇ?」と言われたこと。
    もちろん偽札じゃないし、ATMで金をおろした時に出てきた一枚。
    キッチンにいたもう一人のバイトの子を呼んで2人でヒソヒソ話し、
    レジの中にあったホログラムの一万円札と見比べて「ホログラムがない」「印刷が今の一万円札と違う」「紙質もなんだか…」と。
    それで「ちょっと警察呼ぶか…」とまで言われて「ホログラムつく前はこれだったでしょう!?」と言っても
    「僕らこんなお札見たことないんで…」
    ちょうどそこにアラサーくらいの店長らしき人が出勤してきて事態に気づいて「どうしたの!?」と。
    2人のバイトくん「ちょっとこのお札見て下さいよ、これ偽札じゃないですか?」と見せると
    「ああこれホログラムない時のでしょ?使えるよ!」そして私に謝罪してくれた。
    若い子は知らないのかもしれないけど、まさか偽札扱いされるとは思わなかった。
    あの時店長らしき子が来てくれなかったら警察呼ばれるところだった。

    854 :キチママまとめちゃんねる 2015/01/02(金) 14:54:09 ID:URrqMhJ9.net
    3年前の12月末、大掃除終わりがけに猫が炬燵布団に粗相したんで、炬燵布団を近所のコインランドリーに洗いに行った
    私はコインランドリーを使ったことがなく、洗濯槽のドアの締め方がわからなくて、その時乾燥を待ってたおばちゃんに色々教えて貰って手伝ってもらった
    洗うのに45分かかると表示されたので、一旦帰宅してまた45分後に乾燥しに行った
    さっきのおばちゃんがまだいて、大量の洗濯物を畳み終わったところみたいだった。濡れて重い炬燵布団を乾燥機に入れるまで手伝ってくれた(本当いい人)
    乾燥に1時間かかるので、そこでおばちゃんと一緒にコインランドリーを後にした
    家で晩御飯作ってたら遅くなって、2時間後に布団取りに行った。乾燥機のドアを開けて布団を引っ張り出してたら、ゴトンと乾燥機の奥で音がした
    赤ちゃんがタヒんでた
    乾燥機の中にいたからか、まだあったかくて、外傷もなさそうだった。私はびっくりして赤ちゃん抱いて出したら、カッチーンって硬直しててタヒんでるんだと思った。
    修羅場なんて遭遇したことなくて全身震えてた。何度も携帯のボタン押し間違えながら119に電話。受け応えは落ち着いてできて、通話してるうちにだんだん冷静になって、その後警察に電話した。
    当然赤ちゃんの身元など聞かれたけど、わからない。
    警察署に行って取調べ室にも初めて入ってまたパニックになってた。
    監視カメラの映像(私には見せてくれなかった)で、私とおばちゃんが解散して1時間後(布団乾燥完了後)、赤ちゃんの母親がうちの布団の中に赤ちゃん(その時点でお亡くなり)を隠したらしい。
    カメラに映ってんならすぐ捕まるだろうと思っていたが、人物が特定できず、母親が捕まったのは4ヶ月後だった。(炬燵布団も4ヶ月後に返却されたけど、警察に処分してもらった)
    シングルマザーで、最近子供の泣き声がしなくなったことを不審に思ったアパートの大家さんが母親と話をしたら判明したとのこと。
    おばちゃんは近所の人で(私は知らなかったけど、おばちゃんはうちの母と仲良しだった)、あの時布団を乾燥機に運んだ時点で赤ちゃんが入ってたのかと思った、と話していた。
    そこのコインランドリーは事件時しばらく閉まってたけど一か月もしないうちに通常営業に戻った。
    赤ちゃんは風邪拗らせて亡くなったらしかった。本当に可哀想だった。

    890 :キチママまとめちゃんねる 2014/02/24(月) 14:17:02 ID:EzB/fSTP
    高校生の時の話。
    私は学校帰りに本屋に寄ってから帰ることが多かった。
    実家は一軒家なんだけど駐輪場のようなスペースがあって、そこは1人通れるくらいの出入り口があり四方は塀と家の壁で囲まれて外からはタヒ角になってた。
    その日、本屋から帰ってきてチャリを停めて、玄関に向おうと後ろを振り返るとメガネをかけた真顔の下半身丸出しの男が立っていた。ニヤリともしてなく、目を見開いたままの狂気顔で本当に怖かった。
    その瞬間全身の毛穴が開き足がガクガクなり声が出せなかったけど勇気をだして手に持ってた鞄で下半身を叩いた。
    最初はポークビッツだったのに鞄でバシバシしたら特大バナナになってて泣いた。急所じゃないのかよ、と。
    更にそいつは飛びかかってきて胸とか尻とか鷲掴みされたので思いっきり鞄で叩いたらそいつ、果てた。
    その後そいつは家の前にチャリを停めていたらしくそれに乗って逃げた。
    私は泣きなら家にはいり、吐き気を抑えながら制服も洗濯し、鞄は気持ち悪くて捨てた。
    土曜日だっので父が家にいたけど、私が声も出せなかった為に気がつかなかった。けどずっとそばにいてくれた。
    すぐに彼氏も家に来てくれて、父と彼氏と一緒に警察に被害届を出した。が、私が制服や鞄をすぐに洗ってしまった為に証拠が~うんぬん言われた。
    そして次の日。
    本屋から後をつけられた可能忄生が高いということで父と彼氏と一緒に本屋に向かった。
    なんと犯人がいた。フラッシュバックしてガクガク震えたけど、「あいつ、あいつに癡漢された」と伝えると後は早かった。
    父と彼氏が「よぉ、久しぶり」とかなんとか言いながら犯人の肩を両側から抱え、「え、え?え?」と言う犯人を外に引きづりだし警察を呼んだ。
    警察が来る間「違う、人違い!」とか言ってたけど、おまわりさんの姿が視界に入ると下を向いて「すみませんでした」って認めた。
    それから取り調べやらなんやらして、結局犯人の両親から示談にしてくれとのことで慰謝料もらった。
    後から聞いたけど、その犯人弁護士の卵だったらしい。示談にしなければよかった。
    もう十数年前の話。私にとっての修羅場でした。その時の彼は今の旦那です。父も彼も本当に心強かったな。

    771 :キチママまとめちゃんねる 2005/01/03(月) 16:58:55 ID:EB+ofv2v
    社長の息子である部長が逮捕された。
    詳しくは書けないが社長の息子である部長の悪事を俺が警察に密告したからだ。
    翌日の朝礼で社長の演説は気合いが入っていた。
    俺をはじめ、社員一同を整列させ、声を張り上げる社長。
    「愛すべき我が息子はなぜ逮捕されなければならなかったのか!」

    俺は小声で「坊やだからさ」と囁いた。

    272 :キチママまとめちゃんねる 2013/12/28(土) 09:18:28 0
    先日起きた修羅場
    俺と友人A男は小学校からの付き合いで家族ぐるみで仲の良い友達だった
    大学も同じ所に進学し結構近い所にお互い一人暮らしを始めた
    住んでいる場所は893的な人が多い場所だったんだが一般人には手を出さない人ばかりだったんで
    朝は掃除しながら挨拶をしてくれたり警察と睨みあいながらも街角安全で立っていたりとなんだかんだで安全でした

    そんなある日、友人Aとスーパーで食材を両手いっぱい買いだめし友人Aの家で遊ぼうかーと言って家に向かっていました
    すると事務所から若い人と多分偉い人っぽい人が飛び出してきて
    ヤ「Aさん!なにそんなに重い物を持っているんですか!私が持ちますよ!」
    と友人Aに声をかけてきた
    ヤ「貴方はAさんの友人様ですね そちらの荷物もお持ちいたします!おい!車持ってこい!」
    と俺の荷物も持ち始めた

    俺 ええええええ 友人A893だったのかよ!?とドキドキしてたら友人Aはのほほんとした声で
    友人A「ありゃ○○さん ええの?少し重かったから助かるわー」とさっさと車に乗ってしまった
    俺の荷物も乗っけられてしまいビクビクしながら友人Aの横に座って家まで送ってもらいました

    友人A宅で詳しく聞くと
    友人A「この前登山してたら怪我しているおじいさん居て助けたら組の人だったらしくそれ以来あの調子なんよー」
    とケラケラと笑ってました

    友人はなにも悪い事もしてないし普通の人だがいままで通りの付き合いをしていいのか悩み中

    838 :キチママまとめちゃんねる 2018/05/13(日) 06:19:37 ID:LcFdxDHv0.net
    26年間ずっと良い夫婦だと思ってたお

    妻は発覚する寸前まで、ずっと私に対して変わらずにいた
    母親としてもちゃんとしていたし、家事をこなしていた
    朝起きて、朝食頂いて、いつも笑顔で私を仕事に送り出してくれていた

    501 :キチママまとめちゃんねる 2013/04/14(日) 18:51:18 ID:0dL/L1Dw
    隣のクソガキに石投げられて窓割られたんで警察にあえて犯人を知らないフリして通報した。
    うちのベランダ側の塀にチャリがもたれ掛かるように放置されてるのを警官が発見。カゴの中には石が入っていた。
    このチャリに見覚えは?と聞かれあっさり隣の子供のですね、と返答。
    ご丁寧にもチャリに個人情報が書かれていたので確信。
    「じゃあ隣人に事情を聞いてみよー」って事で警官と一緒に凸。

    隣家がテレビドアホンだったら居留守使われる恐れがあるので警官には隠れてもらいドアが開く瞬間に順番入れ替わった。
    鼻息荒くしながら「さあ得意のキンキン声攻撃で追い返してやろう」と自信満々のお顔が一瞬にして蒼白&半べそに変わり縮こまる隣ママさんの姿と言ったら滑稽でした。
    警官はクソガキに「これは君が投げたものだよね?君の住所と名前が書かれた自転車のカゴに入ってたんだけど、石の色と形が似通ってるよ~~・・・云々」と問い詰めるも
    クソガキは泣けば済むと思ってるのかずっとママの3段腹にしがみ付いてウンともスンとも言いませんでした。
    隣ママも大人しく、そして”被害届””裁判”という単語にメソメソオロオロしててスムーズに謝罪&弁償代要求に成功した今日の昼。

    8時以降あたり隣キチ旦那から金返せとかなんらかのコンタクトありそうで嫌だなあ。

    889 :キチママまとめちゃんねる 2014/07/01(火) 17:38:23 ID:???
    朝から旦那実家に遊びに行って晩御飯食べてから家に帰ったら知らない人達が庭でBBQしてた。
    花壇にタバコをポイ捨てされたり花火やったりしててムカついた。

    このページのトップヘ