託児


    a89617917a363fc58041786a20dc7ff4_t
    915: 名無しの心子知らず 投稿日:2011/01/31(月) 00:59:17 ID:pvDzb5wx
    義両親・コトメ・コトメ子×2・私たち夫婦・私子×1でコストコに行った時のこと。 
    店内に入るなり、コトメは義両親にコトメ子たちを託し、単独行動。おまけに夫も単独行動しやがった。 
    私は、私子をカートの子どもを乗せる部分に座らせ、しばらく進み振り返ると、姑がカートの商品を入れる部分にコトメ子たちを乗せていた。 
    コトメ子たちはカートの中で、ジャンプしたり押し合ったり、もう最悪な様だった。 
    10分ほど経つと、「ちょっと見てくるから、この子たちをよろしく。」と言い捨て、返事をする間もなく義両親は消えた。 
    2台のカートを必タヒに邪魔にならない場所に移動させた(でも邪魔になってるけど)。 
    うちの子は大人しく座っているため、コトメ子たちにかかりきりになる。 
    義両親が居ない間にカートから降ろそうとするが、コトメ子たちがふざけて興奮状態になりカートの中でますます跳ね回る。 
    やっと姑が戻ってきたと思ったら、大人しい私子の乗るカートを掴み、「行くわよ~」と先に動き出しやがった。 

    やってられねぇわと思い、「いい加減にして。こっちの現状を見に来いや。」と夫を携帯で呼び出し、コトメ子カートをバトンタッチ。 

    ほんっっっとうに、ムカつくわ。夫を代表格に義家族全員。


    5a74c86ced021b6298b05e67cf8e5f09_t
    512: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/20(月) 14:22:03
    ウチは双子が居る。 
    出産の時、姉コトメ(既婚子あり)が来て 
    「大変だからって家には頼ってこないでね!子供は産んだ人が責任もって見る事!」 
    とトメと合唱して行った。 
    そして妹コトメ(当時独身)が 
    「双子大変そう、何かあったら言ってね。出来る限りのお手伝いさせて」 
    と言ってくれ、実際に買い物に付き合ってくれたり、お惣菜をくれたり。 
    当然姉コトメは何も無し。 
    トメも可愛い娘の産んだ孫ちゃんが大事なので、嫁の産んだ子には興味無し。 

    そんな心優しい妹コトメちゃんも結婚、そして出産。 
    ある日、姉コトメが結婚式に行くから子供預かれと言ってきた。 
    当然「子供は産んだ人が責任もって見るべきだとおっしゃったじゃないですか」と断った。 
    トメもギャンギャンと預かれ預かれとうっせーので 
    「自分が産んだ子供が産んだ子供なんだから自分でどうぞ」と切った。 
    「普段あんたはお姉ちゃんだけじゃあなく、ウチの事も何もしないんだから 
    こんな時くらい役に立ちなさい!」 
    「双子たちと遊ばせるから!」と言われたがガンとして聞き入れなかった。 
    (姉コトメ息子たちは今まさにやんちゃ盛り。トメには面倒見切れない。 
    ウチの子たちとは年齢性別が違うため遊び相手になんてならない) 

    そんな事とはつゆ知らず、妹コトメちゃんがウチに託児要請してきた。 
    「姉が多分実家に預けると思うから頼れなくて…」と大変申し訳なさそうだった。 
    姉妹共通の友人の結婚式だったらしい。 
    当然快くOKし、ついでだから私のドレスも貸してあげた。 
    当然姉コトメとトメはギャーギャー言ってきたが、 
    「親切にしてもらった人には親切をお返しします。 
    言われた事、された事をそのまま返すタイプなんで」と笑顔で答えておいた。 
    それ以来トメも、姉コトメも異常に優しい。 
    下心付きの優しさになびくアホゥがいるかっつーの。


    bf175792875f3ddb915f3769912df757_t
    560: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/16(水) 11:25:55
    ウチの子1歳半女児、コトメ子3人姉弟末っ子のやんちゃ盛りの3歳半男児。 
    年齢的にも一緒に遊べないのにコトメがやたら子供を家に預けようとしてくる。 
    その間コトメが買い物やら昼寝やらしたいから。 
    確かにすっごく大変だとは思う。 
    とにかく元気だし、いたずら盛りだし、言葉もものすごく早くて良くしゃべるし。 
    コトメも次々三人産んで、ほんとーーーに大変なんだろうってのもわかる。 
    でもこっちはこっちで初めての育児で、歩き始めたばかりの子供を見るので精いっぱい。 
    三歳児なんて扱いもわからないし、どんなに断っても 
    「私が上の子が一歳半の時、すでに下の子いたのよ~?大丈夫だよー」 
    とか言って聞いてくれない。 
    何とか断り続けてるんだけど、私が断るとトメに行く。 
    トメはトメで元々コトメマンセーで「3人も生んだコトメちゃんは偉い!」が加わってきつく当たる。 
    「どうせこれからまた産むんだから、今余裕があるうちに練習になるから!」 
    って訳分からない事を言われ、 
    ヘラヘラしたコトメには 
    「子供って頑丈なものよ~w公園にでも連れて行ってくれれば勝手に遊ぶからお願い~w」 
    って言われた。なので 
    「分かりました、預かりましょう。 
    でももし公園に刃物を持った暴漢が乱入してきたり、獰猛な犬が襲いかかってきても私は助けませんから」 
    と言ったら、物凄い勢いでファビョられた。 
    トメに「あなた!なんって事!自分が言ってる事分かってるの!」と言われたので 
    「当たり前でしょっ!!私が真っ先に助けるのは娘ですっ!! 
    娘を守るならタヒんでもいいのが親でしょっ! 
    トメ子さん!コトメさんと私が同時に違う場所で襲われたらどっち助けに行きますか! 
    コトメさん!三歳ちゃんと娘が犬に襲われてたらどっち助けますか! 
    コトメさんそれでも他人に子供預けますか!!」と怒鳴り返した。 
    しばらく黙りこんだ後、コトメ「ごめんなさい」と呟いて三歳ちゃんを抱き締めてた。 
    トメはあれ以来私を見ると視線をそらすwww 
    でもホントの事だからしょーがない。 
    責任なんてとれませーーん。


    8bb158cdfe68a1d59c265cec87f7d93a_t
    225: 名無しさん@HOME 2013/07/20 14:22:16
    バツ2で子連れで出戻りのコトメ。 
    週の半分以上は隣県の彼氏のところにお泊り。 
    放置され気味のコトメ子の世話はもっぱらトメが見ている。 
    トメには暴言を吐いたり、言うことを聞かなかったりと反抗期バリバリなのに、 
    コトメにはとことん従順。 
    ママは可愛い、ママはお姫様!!と本人がいないところでも持ち上げる始末。 

    実は昔、最初の結婚でコトメは生後間もない子供を置いて家出した。 
    当時は夫は遠方で一人暮らし、ウトメはバリバリの共働きで乳児をまともに見られる環境ではなく、 
    コトメ子は乳児院に預けられた。 
    コトメがようやく戻ってきたのが、コトメ子が幼稚園になった頃。 
    一度文字通り捨てられた経験があるから、コトメ子は母親に嫌われないように必タヒなんだろうと夫が言っていた。 

    休日も一人でいるコトメ子が不憫で、遊びに連れて行ったことがあるけど、 
    コトメからは一言も礼がなかったし、誰かに尻拭いしてもらうのが当たり前とすら思っていそう。 
    冷蔵庫の調子が悪くなったとき、義実家は兄(夫)が継ぐんだから兄が買えと言ったらしいが、 
    一番広い部屋を陣取っているおまえが言うなと。 
    そもそも、本当に出て行く気があるのかすら怪しい。 
    とりあえず義実家にいれば託児して独身を謳歌できるし、自分の家だから好き放題できるし、 
    手放したくない環境だと思う。 
    幸いウトメは良い人たちだけど、元気でなくなった時、 
    私たちにコトメ子の世話を押し付けてきそうで、頭が痛い。


    a08b36c4877d61bf57acd0c2f0f99443_t
    78: 名無しの心子知らず 2011/11/23 23:17:37 ID:atF2dsqY
    一日中子供といるとどうしてもストレスが貯まるので、姉に少しだけ遊んでもらえないか 
    聞いたら快諾してくれた 
    今日昼から遊んでくれたので、久しぶりに一人で買い物や読書を満喫 

    姉が子を連れて帰ってきたのは夕方で、ご飯も食べさせたということで 
    ありがとうと言って、今日の様子を軽く聞いてみたところ、学習センターにでも 
    行かせろとうるさいうるさい 
    毎日見てて疲れてるから、ちょっと離れる時間が欲しいんだと言ったら 
    専業で楽してるんだからそれ位しなさいよ!とわけわかめな理論展開 
    私が明らかに不愉快な顔をしたので、じゃ、またね~とさっさと去って行ったが 
    こっちは快く預かってもらってありがとうと言う気持ちが半減してしまった 
    そんなに言うんなら自分で子供産んでそう育てればいいじゃないか 
    でも私が言うまで35歳過ぎたら高齢出産になるとか、ダウン症が生まれやすくなる 
    とか知らなかった人だからな~ 
    育児のこともお友達や後輩から聞いたことしか知らないくせに、ワタシ育児の 
    先輩よって顔して色々言ってくるし 
    色々あって35で未婚の姉だけど、ああいう感じで今までよく世の中渡っていけたな~


    be229de85191915f9d635608f755d492_t
    273: 名無しさん@HOME 2011/02/11 01:55:07
    コトメの託児先としてロックオンされてしまった我が家。 
    明らかに、遊び行くのに子供が邪魔ってスタンス。 
    嫁子ちゃんは保育士やってたから子供の扱い上手いわよね!と言って子供を押し付けたら 
    すぐさま車で出てしまうことの繰り返し。 
    自己中コトメに似たのか、子供も自己中で可愛げがない。おまけにクレクレ体質。 
    最初のうちは預かってたけど、いい加減うんざりしたので 
    警察に「放置子です」と連れて行った。 
    強引に押し付けていくコトメの台詞も携帯のレコーダーで録音済みだったから同情してもらえた。 
    警察からコトメ(カラオケ中?)に連絡が行って、厳重注意されたらしく 
    しばらくはメールと着信がものすごいことになっていた。 
    コトメ夫にも報告したら、その夜申し訳なさそうな顔でワインとお菓子を持ってきた。 
    これ以上迷惑をかけるぐらいなら・・・と、コトメ旦那の実母を呼んで 
    コトメが子供を放置して遊びに行かないよう監視することになったらしい。 

    確かに私は保育士をやってたけど、それは短大卒業後の1年間の話。 
    現実の子供は幻想上の無垢な子とは全然違っていて、結局ノイローゼ寸前で退職した。 
    確かにいい子も少しはいたけど、顔や腕を舐めたり尻を鷲づかみにしたりシャツを捲り上げたり 
    ブラを引っ張ったりするエ口親父顔負けの猿餓鬼集団にはとても耐えられなかった。処○だったしw 
    その後は無職になって実家で過ごしたり、OLやったり。 
    過去に「保母さんになりたい!」ってドリーム女だった分、その反動はすごくて 
    子供はいらないって考えの旦那と結婚したよ…


    c52fd8377ed92e37350896a2ec4d7493_t
    123: 名無しの心子知らず 2011/10/16 00:49:22 ID:nHAdOOw9
    ここ数年疎遠になっていた友人から、年末の土曜日に結婚式をするけど来れるかとメールがあった。 
    うちの娘は年末で7ヶ月…、完母で育ってきて母乳以外飲まず、どうしても哺乳瓶を拒否(中身が搾乳した母乳でも)、乳首からしか飲まないという問題が。 
    一度止むを得ない事情で一時保育に数時間預けたけど、哺乳瓶を嫌がって一切飲まず、私が迎えに行って授乳するまで空腹を我慢していた。 
    そんなこともあったし、結婚式に出るために半日ほどどこかに預けて出席、というのは厳しいと判断した。 
    家族の誰かが式場に同行して子守、たまに私が抜けて授乳、という方法も考えたが、旦那は土曜日なんて絶対に休めない職業、義両親は他界してて居ないし、 
    実母はまだフルで働いてるし更年期障がいがひどいので何時間も子守をお願いするのは母の体力的にも無理。(日中も抱っこ抱っこな赤なので余計に) 
    いろいろ考えたけどこの状況で出席するのは本当に不可能で…「母乳しか飲まないこともあってどうしても赤ちゃんを預けられなくて出席は出来ない、申し訳ない、けれどどうか後日お祝いをさせて欲しい」旨を返信した。 
    するとしばらくしたら共通の友人(独身)からメールが。内容は、「なんで断ったの?結婚式くらい預けたら?!そんな過保護じゃ子どもも何も出来ない子になるよ! 
    託児所とかが無理なら数時間くらい身内に頼みなよ!私の母はしょっちゅう妹の子ども預かってるよ! 
    ってか今から二ヶ月あるんだから哺乳瓶の練習しようよ!本当はご祝儀苦しいんじゃないの?!」といったもの。 
    赤子が空腹我慢して何も飲まず私の迎えを待ってる、そんな想いさせたくないというのは過保護なのか?身内にだって頼れないし、 
    哺乳瓶に慣れさせる練習をしたことはあるけれど、乳頭混乱になってしばらくは母乳すら飲まなくなったり、うまくいかなかった。 
    今からさらに哺乳瓶の練習するつもりで出席と答えても、結局哺乳瓶に慣れなかったら出席出来なくなってしまうし、そしたら招待してくれた友人にも迷惑がかかる。 
    本当にいろんなことを考えた上で出席出来ないと言ったのに、過保護だ何だ育児のことまで言われ、ご祝儀惜しいんでしょ?まで言われて、カチムカ通り越して唖然としてしまってる。


    d1752b61e66d73ea40e65ad85de44337_t
    391: 名無しの心子知らず 2011/08/26 20:08:48 ID:Wn6l2P0s
    託児ルーム付きの歯医者に通ってる。2回行った。 
    初日。託児ルームに親子で入る。保育士が一人いたんだけど 
    なぜか子供ではなく私に質問。 
    それも「仕事してるんですか?」とか今この場でその質問いる? 
    こっちはこっちで子供の相手してるんだけど、というかあなたが 
    するんじゃないの?託児ルームってこんなもんなのか?と思いいつ治療へ。 
    治療終了したので迎えに行ってどうでしたか?と聞いたら 
    「なぜかDVDをいじろうとするんです。何がしたんでしょうね?」 
    …何したいかってDVDをいじりたいだけど思いますが。 
    2回目。今日は他の患者さんのお子さんが2人。まだ1歳未満。 
    2人同時に泣き出したら保育士オロオロしだして 
    「ママまだかな?ママまだ終わんないのかな?」とか言ってる。 
    なんかちょっと見かねて「知らないおばちゃんの抱っこでも 
    いいかなぁ?」と言いながら1人の子を抱っこしてヨシヨシ。泣き止む。 
    そしたら「ママ、知らない子抱っこしてるよ~?あーあいいのかなぁ?」と 
    わが子に言う。 
    そんな余計なこという必要ある? 
    あと最低でも5、6回はお世話にならないといけないんだけどなんか不安。


    ddb75f14e6ba344b7226367748cee32e_t
    174: 名無しの心子知らず 2011/08/22 01:43:13 ID:xEiNd3DG
    知り合いの2歳女児をたまに預かるんだけど 
    けっこう高確率で体調不良で来る。 
    先日預かった時も手足口病で微熱あり。 
    しかもたちが悪いのが親は子の体調不良に気づいてない。 
    慌てて連絡入れて病院に連れて行ったけど、なんで気がつかないかなぁ、毎回毎回。 
    しかも車では勝手にチャイルドシート外して歩き回ってるし。 
    一瞬他人の子だってこと忘れて怒鳴りつけちゃったよ。 

    旦那の部下で日帰り出張とかで預け先が無いときに頼まれるんだけど 
    正直もう預かりたくない。 
    けど断る口実を考えるのに返事を先延ばしにすると 
    「奥さんが駄目だと預かってくれる人がいないんで出張行けません」とか旦那に言うし。 
    断ると結果として旦那の仕事に響くから仕方なく預かるけど 
    毎週万単位で使ってる外食やめて一時保育でもファミサポでも頼んでくれよ。 
    逃げ道完全に塞いでから頼むとか、もうお願いじゃなくて強制じゃねーか。 
    旦那経由でだめ押しとかなんの脅しだよ。


    f2ae0f94a18299ffaa8f17af3bd4dc5e_t
    554: 名無しの心子知らず 2011/08/31 16:20:08 ID:WLFIZ4LF
    児童館でイラッとした事。たまに一緒になる親子。 
    4~5歳の女の子と、5~6ヶ月の赤ちゃんを連れた母親なんだけど、 
    とにかく上の女の子が元気いっぱい…というかわがままで横着。 
    母親は自称サバサバ系で、 
    「育児より仕事の方が楽。上の子は保育園で育ててもらったようなもの」と公言していて、 
    育児休暇中らしく、上の子は保育園お休み中。 
    いつも保育士の先生を独占していて、母親は先生に上の子をおまかせっぱなしで放置。 

    児童館に行ったら、今日もその親子がいた。 
    いつものように保育士さんが付きっきりで遊んでワガママ放題。 
    母親は部屋の隅で下の子を床に転がせてまったり。 

    2歳のうちの子も保育士の先生に遊んで欲しくて、「先生、遊んでー」 
    と寄って行ったら、「だめっ!〇〇ちゃんが遊んでるの!」と娘を小突いてきた。 
    わたしが「今先生お姉ちゃんと遊んでるからね、ママと遊ぼう。後にしようね」 
    とうちの子をなだめるけど、どうしても遊んで欲しいうちの子がグズグズ。 

    無理やりうちの子を抱きかかえて他のスペースで遊んでたら、 
    女の子がうちの子が遊んでいるおもちゃを取ってくる。 
    母親は「だめよー」と遠くから言うだけ。 

    「じゃあ先生と遊ぼうか」と保育士の先生がうちの子と遊び始めたら、 
    女の子は「だめっ!〇〇と遊ぶの!」と言いだし、うちの子も先生と遊びたいので、 
    またグズグズ。なのでまたうちの子を抱きかかえて(ry

    このページのトップヘ