衝撃

    14 :キチママまとめちゃんねる 2019/05/30(木) 22:07:30 ID:362.02.zx
    会社にパートのオバサンが入ってきた
    体格が良く貫禄のあるオバさんだなと思ってたらまだ30歳だという
    どう見ても40代の子持ち主婦にしか見えない
    しかも見た目はオバサンなのになんと新婚
    寿退社からのパート希望でうちに再就職したらしい
    このオバサン、パートだけどめちゃくちゃ仕事ができる
    今までの社員が3日くらいかけてやってた仕事を数時間で終わらせたとか
    システム全部リニューアルする提案して採用されて現場もかなりの時短になったとか
    気難しい取引先に早速気に入られて停滞してた案件があっという間に片付いたとか
    とにかく有能らしい噂が後を絶たない
    この度オバサンが社員に昇格する事になった
    俺は関係ない部署の主任だけど、すぐ課長になるんじゃないかという噂もあって気が気じゃない
    オバサンとはいえ同年代のパートに抜かされたなんて正直耐えられないし心折れそう
    デブは自己管理できない無能と思ってたけどそうじゃない人間もいるらしい
    有能なら見た目が相撲取りでも簡単に結婚できるのか?
    ここまで見た目と中身が一致しない人間は初めて見たからカルチャーショックだ

    759 :キチママまとめちゃんねる 2017/06/14(水) 11:59:29 ID:SB9
    娘の小学校の担任が、娘の名前を読めなかった衝撃話
    名前は翔子(しょうこ)←仮名です
    余裕で読める普通の名前なのに「なんで!?」と衝撃を受けた
    あとで理由聞いたら「あまりに凄い読み方のお子さんが多すぎて…深読みしてしまいました」と納得したw
    ビュロワ君とかシーズンちゃん(身バレこわいので漢字は創造して下さい) に囲まれたら翔子(仮)だって警戒するわなw
    それで間違えたら難読児の親に怒られるんだから担任も大変だわ


    69 :キチママまとめちゃんねる 2013/11/18(月) 10:05:52 ID:0Vmy1AuJ.net
    田舎に住んでいる大叔母さんが、ある日突然我が家に訪問した
    子供の頃田舎に帰ると遊んでもらったりしたので大好きだったし、予定もなかったので上がってもらってお茶してた
    イヤイヤ期で悪魔のような息子wも珍しく上機嫌で大叔母さんに懐くし、大叔母さんも「ほんまにええ子やねえ」なんてニコニコしてたら、再び来客
    おすそ分けを持ってきてくれた様子の、同じマンションのママ友Aさんだった

    一緒にお茶でも、と言って柿を渡されかけたんだけど、今親戚が来てて…と話すとじゃあこれはその方とどうぞと渡してくれた
    すみませんありがとうなどぺこぺこしていたら後ろから大叔母さんが「アンタ!ひっどい臭うなぁ!」と大声を出した
    Aさんは当然硬直、私も振り向いたまま硬直しかけたけど大叔母さんが「鼻が曲がる、臭う臭う」としかめっ面で言うのを見て慌てて「何てこと言うの!」と奥に押し込んだ
    私だけ家の外に出て必タヒに謝りまくり、申し訳なくて頂けないって柿もお返しした
    Aさん泣きそうになってるのが伝わりながらも、気にしないからどうぞって言ってくれたんだけど、後で謝罪の時に受け取らせてって言って頭下げて見送った

    373 :キチママまとめちゃんねる 2014/06/16(月) 17:08:04 ID:???
    人間の潜在的なパワーにスレタイ。

    数年前、親しくしていた社宅仲間の奥に襲われた。
    うちが家を建てることになり、特に話してないのに向こうから話を振ってきた。
    最初はマイホーム羨ましい、でもお高いんでしょう?という世間話だったんだけどどんどんエスカレート。
    どうせ親に払わせるんでしょ?旦那の給料じゃ住宅ローンなんて無理だもんね。
    それとも頭金ゼロで借金地獄になるケース?不動産会社に踊らされてる。
    見栄はってないで止めた方がいいよ。子供もいないのに家建てる人って惨めだよ。村八分にされるよ。
    あ、うちの子供達遊びに行かせようか?てゆーか建ったらうちで住んであげるよ。
    私の許可なく社宅出るとか許せない。住所分かってるんだから、どうなってもしらないからね。

    メール&電話爆撃が脅迫めいてきて夫に相談。
    基地奥の夫に言っても全く改善されず、結局上司から注意してもらったらその日の夜に襲撃を受け、
    私と夫はかすり傷だったんだけど基地奥自身が玄関ドアを全力で叩いて蹴って指と足首の骨を折った。
    人間って自らの骨を折ってしまうほどのパワーが出せるんだなぁと思ったのが衝撃。

    712 :キチママまとめちゃんねる 2016/08/01(月) 00:08:37 ID:5aZp4KmB0.net
    十年前、姉が二十歳の誕生日の翌日に首吊り自杀殳したこと
    遺書は「自杀殳。生きるのめんどい。ほんとにそれだけだから気にしないでね!今までサンキュー。一応身辺整理はしといたよ。でも全部は流石に無理だったからゴメンけど後片付けヨロ!」だった。ほんとにこれが全文だった。軽すぎるわ

    こんな遺書残されたら「ざっけんな!」としか出てこず。嘆くことも怒ることも出来ず。残るのはずーっと気持ち悪いモヤモヤだけ
    警察の人もこんな遺書初めて見たって引き気味だった。恐らくこんな理由で自杀殳する訳ないって、我が家の健全性.を疑ったのだと思う。
    両親曰く虐待も疑われたようだし

    昔から無気力の塊みたいな人で、小学校に上がったあたりから「だるーい。何もしたくなーい。小学校行かない!」な人だったし、高学年になったあたりからちょくちょく
    「タヒんだ人はいいなー。何もしなくていいから」
    「子どもとしての義務は二十歳で果たせるから(?)二十歳になったらタヒぬね」と宣言していた
    どれだけ両親や私が、姉が楽しんで不安なく生きることが出来るよう手を尽くしても「いじめとか親が悪いとかそういうことじゃないんだよ。ただ面倒くさいんだよ」と効果なし
    ずっと言い続けていたとは言え、さすがに誕生日の翌日に実行するなんて夢にも思わなかった

    姉の人生って何だったんだろうか
    姉妹仲は普通に良かったし、こんなことがあっても結局大好きな姉だし、タヒんでほしくなかった。けど、本当に理解できない人だったと思う
    そんなに生きたくないくらい、私達家族や姉の周りの人々は姉にとって酷い人だったのだろうか
    それとも本当にただ生きること自体が苦痛で仕方ない人だったのだろうか。未だにわからない

    このことがトラウマで、子供を作りたくないから小梨希望の夫と結婚したけど、夫には子供嫌いが理由と言っている
    子供に産んだことすら否定された上に、私達にとっては理解出来ない理由で自杀殳された両親を見てきたから、もし子供に自杀殳されたらと思うと怖くて怖くて堪らない
    流石にこんなこと誰にも言えないわ
    両親と私だけが墓場に持ってく秘密だ

    757 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/08(火) 02:40:51 ID:lTZ
    急に思い出したから投下
    ある事件の被害者と知り合いだった
    そんなに親しくない飲み会でたまに会うレベル
    でもすっごくかわいいこだったから印象に残ってた

    花見やバーベキューのイベントでは率先して片付けたり周りを気遣う性.格も良いこ
    番号交換もできなかったけど良い印象しかなかった

    一度だけふたりきりになった時、少しだけ話を聞いた
    今、夢があってお金を貯めたいからそういう店で働いてる
    目標額達成したらやめるつもり
    それまで頑張ると
    どんな店かは聞かなかったけどキャバか風イ谷かなと思ってた

    それから少しして、衝撃のニュース
    そのこが店の客に杀殳されたと

    犯人は何百万も貢がされて頭にきて杀殳したと
    そのこの友達に話を聞いたけど
    報道は大袈裟
    実際使った金額は40万くらいだったとか

    でも、たとえ何百万使ったとしても人を杀殳していい理由にはならない
    夜の世界では貢がせるのは常識

    というか、道を歩いていていきなりお金を奪われたなら怒る気持ちもわかるけど
    分別のある大の大人が自分の意思でお金を払ったのに騙された、とかありえない

    しかも報道やネットではそのこが悪いみたいに書いている人もいてびっくり

    本当によいこだったんだよ。
    ちいさくて、かわいくて、みんなから好かれてた

    それをもてないおっさんが勝手に勘違いして
    お金を使って逆恨みして杀殳すなんて
    たかが40万で杀殳されるなら、歌舞伎町や銀座で毎日杀殳人事件が起きてるよ

    本当に悔やまれてならない
    あの時、叶えたかった彼女の夢はなんだったのか
    聞けなかったことが悔しい

    ご冥福をお祈りします

    900 :キチママまとめちゃんねる 2017/06/22(木) 14:32:05 ID:8Jx
    従兄弟が足を切断して接合手術で元通りにくっついたのが衝撃。
    1年ほどリハビリをしたけど運動機能とかも元に戻った。
    後遺症が残るって叔母がワーワー泣いていたのに。
    接合した痕が夏になると痒くなるのが後遺症と言えば後遺症らしい。
    医学ってとんでもなく進化してるんじゃないだろうか。

    21 :キチママまとめちゃんねる 2017/07/07(金) 06:50:54 0.net
    娘が結婚する
    その娘に「お願いだから5キロでいいから痩せて」と泣いて懇願されてしまった
    最初は、婚約者(娘旦那)くんのお母さんとお姉さんが栄養士だから、ぽっちゃり体型の人が気になるのねーくらいに思ってスルーしてた、顔合わせも何も言われなかったし
    私の母(娘からみて祖母)も太ってるし
    娘も、昔から体重をかなり気にしてしまう忄生格だったからかなと…

    入籍したけど、した途端に「お母さんは痩せないなら結婚式来ないで」とまた泣かれた
    旦那は激怒しつつも、私と娘は似たりよったりだと言ってるので、体重も違っても5キロくらいでしょって思ってた、娘サイズLで私LLだったので

    式は10月の予定
    先月娘が私の元へ来て、旦那が見てる中で体重計に乗れと、自分と比べろと言われた
    まず娘が乗ると48キロ、結婚前が52キロだったそう

    で、私が乗ったら…………83キロ…

    これには旦那も衝撃を受けてて、娘からは30キロも違ってて体型の差にも気付かないのかと、冷たい口調で言われた……
    つまり、栄養士である娘旦那くんのご家族に不摂生と思われるから言っていたのではなくて、単純に太り過ぎの母が恥ずかしいから来ないでと言ってたことをやっと実感
    私の母も「やっと気付いたか…」と呆れていた、ノリで母も体重計乗ったら、母は60キロだった…私より太ってると思ってた


    現在、娘の結婚式に出るべくダイエット奮闘中
    娘よ、バカな母ですまん……

    159 :キチママまとめちゃんねる 2015/07/16(木) 16:01:00 ID:bWr
    先週、野暮用で実家に帰省したんだけど、親から「近所に親水公園が新しく出来たんだよ」
    って聞いて、2歳息子連れて行ってきた。

    公園の川みたいになってる人工池で息子遊ばせてたら、少し離れたベンチに座ってる男の人と
    目が合って、よく見ると中学の時の班も同じだったクラスメートの男子で、
    懐かしいから「あれ、○○君!?わかる?○○だよ」と大きな声で呼びかけたら、
    ギョッとした顔でその男の人がベンチを立って、小走りに去ってしまった。

    ベンチにはカーキ色のショルダーバッグが残ってて、中にはすごい立派なレンズのついた
    カメラが入ってるのが見えた。
    家に戻ってクラスメートの住所調べるのも面倒で、公園の近くの交番に届けた。

    公園でのやり取りをお巡りさんに伝えると、お巡りさんがカメラを見ながら、
    「最近、公園で水着姿や薄着の女児をカメラで撮ってる男がいる、と通報が数件あって。
    男の容姿は日焼けした中肉中背で眼鏡を掛けてキャップを被ってるらしい。巡回に気付くと先に
    逃げてしまうみたいでして」と言ってた。
    容姿はその日見たクラスメートそのままだった。

    公園でのやり取りは全て伝えたし、実際あれがクラスメートだったのかは
    ハッキリとわからないんだけど、なんかモヤモヤとした一日になった。
    なんというか女児のお母さんは大変だなーと思った。
    男児もまあ他人事ではないが。

    260 :キチママまとめちゃんねる 2014/01/04(土) 04:21:16 ID:EpHmLSYJ
    衝撃だったと同時に複雑な気持ちになった出来事

    今から10年くらい前、当時まだ20代だった頃。
    バイトしていた本屋の常連客にちょっとやだなっておっさんがいた。
    品出しする女忄生スタッフに覆いかぶさるようにしてわざと高いところの本を取ったり
    『おつかれさん』って肩に手を置いてきたり、いわゆるセク八ラオヤジ。
    ただ、『ちょっとやだな』の域を出ず商品も買ってくれるんで店長も強くは言わなかった。

    ある日、仕事中にそのおっさんから執拗に携帯番号を聞かれ、色々理由をつけて必タヒに断ったんだけど
    『仕事終わったら連絡してよ』と携帯番号とメアド書いた紙を強引に握らされてしまった。
    もちろん連絡するつもりはなく、無視しておこうと思ったけど、終業後に店長と副店長に報告。
    私は閉店まで勤務だったから、精算業務が終わった後、店長たちと事務所でしばらくその話をして
    その時に店長が冗談で『あいつ駐車場で待ってたりしてな~』と笑いながら
    戸締りをしていざ店を出たら、本当にそいつが駐車場に車とめて待ってた。
    店長と副店長は唖然。私は蒼白。

    このページのトップヘ