職場

    1 :キチママまとめちゃんねる 2019/02/02(土) 08:24:59 ID:2dcBsEnPp0202.net
    昨日元上司「君の作ったexcelファイルで分からんことがあるから教えてほしいんだけど…」

    826 :キチママまとめちゃんねる 2015/02/03(火) 10:42:49 ID:S0+bt9Yv.net
    だいぶ前、職場の同僚の家族が手術で輸血がいるというので輸血者を募っていたとき、
    O型が必要だと言うので「私、O型です」と手を挙げたら、募った本人が「O型?おまえは
    小型だろww」と空気を一切読まないアホなことを言ったので「あ、そうでした。私は
    小型なので合いませんね」と辞退して、その後何を言われてもガン無視した。
    その後1年くらい大人げないと言われ続けた。

    1 :キチママまとめちゃんねる 2019/11/09(土) 10:13:40 ID:GNXQdyHs0.net
    単身赴任させるか迷ってる
    ちな札幌で赴任先は仙台

    24 :キチママまとめちゃんねる 2018/06/28(木) 23:13:15 ID:06I
    相談です
    職場でのトラブルの話です

    私は月のものが酷く重いです
    中学生の頃から親が失血タヒするんじゃないかと心配するほどで、病院にかかっています
    最初の病院が開業したばかりの若い女の先生で、そこが糞(何故か腹部の痛みをクラミジアだと断定され叱られた)だったため
    母が激怒して今度は色々調べ周り、別の病院にかえました
    そこはベテランおじいちゃん先生で、漢方薬に力を入れている病院でした
    まだ体が成長途中だから安定しないのかもしれない、下手にホルモン薬を使わないほうが良いと、最初は漢方薬を使い、冷えないようにして、
    それでもなかなか辛さが消えなくて、高校生のときにピルを出されるようになりました
    ピルも、アンジュ、マーベロン、マクサルト、ソフィア等、体に合うものを何年もかけて探しました
    おじいちゃん先生には10年お世話になりましたが、ある日急に体調を崩されてご引退なさることになりました
    近くで漢方薬を扱う婦人科が見つからなくて、その後漢方薬は出してもらえませんが、私に会う婦人科を見つけました
    今もそこに通っています

    前置きが長くなりましたが、私は中学生の頃からずっと少しでも軽くなるように努めてきました
    それでも人より重くて、毎月3日~1週間程、動きが悪くなります
    今月は季節の変わり目だったのか、本当に体調が悪くて、職場で丸1週間タヒんだように過ごしてしまいました
    職場には前から私にそのことでグチグチ言ってくる上司がいました
    「病院行け。行ってる?そこは藪だ、セカンドオピニオン行け。もう行った?お前の見る目がおかしいんだ、いいからサードオピニオンでもなんでもいいから行け
    病院行ってそんな悪いわけ無いだろ、治療する気無いんだろ、ピル飲め
    飲んでる?良くならないなら変えろ、変えて良くなる薬探せ
    漢方で良くなるんだろ?漢方出してもらえ。出せる医者がいない?検索しろよいくらでもいるだろ!(産婦人科の先生は一人もいない)
    とにかく甘え、改善しようとしないのは甘え、お前は甘えてる、甘えてる屑人間、給料泥棒」
    録音した音声をかいつまむと、こんな内容の、もっと口汚い暴言を吐かれています
    そして今月、1週間体調の悪かった私に、仕事を辞めろという旨の発言がありました
    ここには書けないくらい生々しい表現で罵倒されました

    三年間耐えましたが、ストレスで体重も激減してしまい、婦人科の先生からメンタルの方をなんとかするように説得されました
    そこでメンタルクリニックに通うと同時に、上記の録音を使って会社に現状を伝えようと思っています
    ですが、いざやろうと思うと何からやっていいのかわからなくて

    本当は明日にも会社に行きたくなくて、この録音をどうしたらいいのか、誰に渡せばいいのか
    もし録音を渡したら、前置きに書いたことを会社の人に話さないといけないのか
    そうなったら信じてもらうためには病院の診断書をとっておかないといけないのか
    メンタルクリニックの紹介状はもらったけど、会社にもそれを言ったほうがいいのか
    それとも順番が逆でメンタルクリニックに先に行って相談してからなのか
    そもそも全部見当違いで、労基とか弁護士?とか詳しそうな人に相談するのが最初なのか
    一般的にはどれが正解なんでしょうか?

    444 :キチママまとめちゃんねる 2007/10/04(木) 23:43:24 ID:mSiZ37Te
    どのスレに書こうか迷いましたが、勘違いから始まったのでこちらに投下します。
    長文な上に途中から精神的に壊れた怖い系になってしまいますので、嫌な方はスルーして下さい。

    私子(私。一課所属)
    A男(私子のひとつ年下の後輩。二課所属)
    B美(私子とは同期入社で仲が良い。二課所属)
    Cさん(二課課長。A男、B美の直属の上司)

    以前、私が某中小企業でOLをしていた時の事。

    その会社では大きなフロアに一課から三課までが入っており、結構な大所帯。
    でもひとつのフロアにいるといっても、仕事ではほとんど接点がないため、
    課が違えば就業時間内に話をする事はほとんどない。

    ある日、二課のA男が「話があるんですが…今日は定時ですか?ちょっといいですか?」と。
    別に用もなかったのでOKすると、仕事が終わってから会社の駐車場に呼び出された。
    A男とは今までロクに話をした事もなく(挨拶程度)、仕事も関係ないしで
    突然呼び出された私は「話って一体???」って感じだったんだけど、
    駐車場で向き合った瞬間、「結婚を前提に僕と付き合って下さい!!」
    差し出した手の上には小さな箱…。どう見ても婚約指輪です。本当にありが(ry

    まさに青天の霹靂。( ゚д゚ )←私こんな顔。
    すぐに我に返って「あの~気持ちは嬉しいんだけど、悪いけど…」って言ったら
    「僕が年下だからですか?僕は年の差なんて気にしませんよ!私子さんの気持ちは分かってますから!」

    1 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/03(木) 13:28:58 ID:9uT
    キッカケは、その上司A(DQN)が取りたがってる資格を自分がもってて、それを「後輩のくせに生意気だ」とネチネチ攻撃されるように。

    んで自分が入社する前にもAにいびられて退職してる有資格者が数名いて、こないだ人事部の方から
    「イッチが退職しようかなと悩んでいると聞いた。原因がAなのはわかっている。これまで自分達がちゃんと対応をしてこなかったからAに好き勝手させてしまう結果になった。
    今回は必ずAを解雇なり何なり厳しく処分するので退職しないでほしい」
    って言われてさ。

    それから様子見てたら、自分が一人でいる時にAが「お前チクっただろ」って怒鳴りこんできてそりゃもう修羅場よ…
    杀殳されたらどうしよう/(^o^)\

    509 :キチママまとめちゃんねる 2017/03/19(日) 23:03:04 ID:yDkEwaeo.net
    10年以上前の話で武勇伝というより相手が自滅したパターンかもしれんが、
    当時勤めてた職場で嫌な先輩が居た、理由はわからんが俺のことを気に入らず
    色々と因縁つけてくる。
    仕事が遅いと「お前仕事遅すぎ!」と怒鳴り散らす、仕事が早く終わると「手抜き
    するな!やり直し!」と嫌がらせしてきた。
    他にも現場で着た作業着を勤務終了したら洗濯機使って洗うのが日課なんだが
    何故か俺の洗濯物だけ放り出されて洗われてない時があった、その嫌味な先輩が
    俺の洗濯物だけ(作業着に名前が入ってるから誰のかわかる)洗濯機から放り出して
    ると同僚から耳打ちされた。
    詳細は省くが他にも色々と嫌がらせしてきた、それでも一応先輩だし勤め始めてまだ
    半年程だったんで揉め事起こして退職する羽目になるのが嫌だったんで我慢して
    何とか仕事をこなしてた。(長くなりそうなんで続きは次に)

    514 :キチママまとめちゃんねる 2015/01/22(木) 21:49:40 ID:Gvw
    流れをぶったぎたらごめんなさい。

    わたしの今の職場での話。
    去年の7月に派遣先として働いてるのが今の職場で、
    いろんな部署のあるなかのひとつで働くことになった。
    そこにいた別部署の派遣の女の人がスレタイだった。
    直接その部署とは関係がないのだけど、総務関係だったので
    分からないことを聞きに行った時、すごい不機嫌そうな態度だったり、
    口調がきつかったりと、ちょっと疑問に思うことがあったけど、
    そういう人なんだと割り切っていた。
    そんなある日、下請けさんがとある資料がほしくてちょうど近くにいるからもらいたい
    という連絡が来た。
    本当にすぐ着くから準備に時間かかるなら待つと言っていたので、
    早急に準備に取り掛かるも、資料がなかなか見つからない。
    その資料を作ってる部署さんに確認に行くと同時にその下請けさんがやってきたので、
    こういう事情だから待っててほしいと。
    もちろん下請けさんも了承。戻ろうと思ったとき、別の下請けさんがやってきて、
    同じ資料がほしいということで、先にきた下請けさんと同じことを説明して、
    2人には本当に申し訳ないと伝えて、資料の準備に取り掛かった。
    資料を作ってくださる部署さんが手伝ってくれたうえに、この資料がない時は
    パソコンのここにあるよと教えてくれたりした。
    そしたらその派遣の人がやってきて、「下請けさん来てるけど?」と言われたので、
    「待っててもらうように言ってるので大丈夫です」と言ったところ、どうも納得しない顔
    手伝って頂いたのもあり10分程待たせて下請けさん2人にその資料を渡せた。
    もちろん待たせてしまって申し訳ないことを伝えたし、下請けさんも
    急に来て申し訳なかったからと、お互いぺこぺこしてた。
    そうしたらその派遣さんが給湯室に行きたかったのか、わざと狭いわたしの後ろを通ってた。
    それだけならまだしも、給湯室の扉を音が立てるぐらい閉めて近くにいたわたしたちも
    含めて何事状態。
    わたしはまたなんか不機嫌になってるだけなんだなって思ってた。
    続く

    165 :キチママまとめちゃんねる 2019/03/12(火) 08:48:49 ID:cP8covb6.net
    前いた部署の女同僚Aからメチャクチャいじられてた
    マガジンアプリに載ってる漫画「長瀞さん」社会人バージョンみたいな感じの弄られ方
    あの漫画は1話で読めなくなった、あの女を思い出してハラワタが煮える

    こちらの仕事の邪魔してくるレベルになったので上司に配置換え、若しくは
    席替えを頼んだが何故か受け付けて貰えず
    コネ入社のお嬢さんだから、ちょっと我慢して…と言われ怒り心頭
    仕事中にファッション誌読みながら
    「ねえ~俺君、このバッグ買ってよ」とかニヤニヤ絡んでくる
    「何で俺がお前にそんなもん買わなきゃならねーんだよ」とか答えながら
    これが仕事中の会話かよ?と心底ムカついて情けなかった

    それはそうと俺は見合いした女性.と結婚が決まり、すごくトントン拍子に
    結婚の準備を進めていた。義理で見合いしたのだが、俺が一目惚れした
    価値観や好きな作家も驚くほど共通しており、俺は3日後にはプロポーズしておkされた
    忙しい時期だったのと、さっさと結婚したい(ヤリたい)ので俺は急いでた

    974 :キチママまとめちゃんねる 2019/12/03(火) 10:56:56 ID:Ty.so.L3
    もう終わった話なんだけど、職場のおっさんが図々しかった
    月末処理していて上司におっさんのことで愚痴られたので吐き出し
    年末調整の書類、先月が締め切りだったんだけどさ
    締め切り翌日の朝になって、「書き方が分からないから」って、出勤してきた私に押しつけようとした
    私は事務の人間じゃないから畑違いだし、見本まで添付されてるのに何で分からないのか
    恐らくは事務の人の親切だろうけど、あちこちに付箋が貼られている書類をひらひら振って、「保険の新旧なんか分からんわ~」って他人事みたいに言ってる
    「みんな自分でやってますよ、見本通りにやるだけで難しくないです」って断ったら、「簡単ならパパッとやって」と粘着してきたんだよね
    今までどうしていたのか聞いたら奥さんがやってくれていたんだと
    何か色々あって奥さんが手伝ってくれなくなって、それで私に丸投げしようとしたらしい
    一応添付書類はあるのか尋ねたら「知らんそれっぽいのは持ってきた」って返されて、人に頼む態度じゃないよな……と思いながら確認すると、振り込み状況とかの関係ない奴だし
    これじゃないと教えてあげて、再発行してもらうにしても数日必要だと伝えたら、何か苛々されて助ける気が失せた
    何で一回り以上も年上の男の尻拭いや、八つ当たりされなきゃならないんだよ
    「何とかならないのか」「いや無理でしょ」で膠着していたら、上司がおっさんの分がまだだからと呼びにきておっさん終了
    「提出が遅れたら本部から注意されるんだぞ」と結構なお叱りを受けてた
    いい歳して奥さん任せにしたり、自分でやる気も覚える気もないなんて子供以下だなって呆れたわ
    できなきゃ本人だけでなく周りも困るのに何を考えているんだろう
    自分のことなのに他人にやらせようとか頭がおかしい
    しかも慌て出すのが決め切りすぎてからだし
    何より年下の女にバブバブ甘えてくるな、ゾッとする……怖……

    このページのトップヘ