結婚

    131 :キチママまとめちゃんねる 2015/05/12(火) 17:39:57 ID:R4S
    同僚と付き合ってて正直結婚の話も出てたけど、彼女がやたら俺に家継がせようとして冷めた。
    俺の実家漁師。
    漁師に変な幻想持ってたのかな。そりゃ船二隻あるし、一日に50万稼ぐこともあるけど近海漁業のオンボロ漁船をクルーザーか何かと勘違いしたのかな。
    俺が四人兄弟の四男っていうと「すごい兄弟船じゃん」とか言うし(兄弟誰も漁師やってない)、「将来は会社退職して地元に帰るの?」とか言うし(仕事もないのに何しに帰るんだよ)。
    ていうかその兄弟船で親父がモメにモメてるから兄弟誰も漁師なんかしてねーんだよ。金で才柔める兄弟を散々見てるから家継がねーんだよ。親父が年金貰える年になれば廃業って親父とお袋が決めてんだよ。
    なんで安定した仕事捨ててギスギスした親戚と漁業やる必要がある。
    スゲームカついて別れた。

    21 :キチママまとめちゃんねる 2016/01/13(水) 13:52:04 ID:nCC
    当時、仕事人間だった自分は同期の中で有望視されて期待をかけられていた。
    だが仕事にだけ打ち込んでいたせいで独り暮らしなのに家事は一切せずにいた。
    そんな話を飲み会のときにしてたら、数人の女性.達から口説かれた。
    手作り弁当や手作りの菓子、「部屋を掃除してあげるよ」などなど、
    有り難くも対応に困る申し出をしてくる自信満々の綺麗な女性.たち。
    その中でも一番料理が美味しくいつも笑顔と人気の癒し系美人と付き合うことになった。
    口説いてきたのは向こうなのに、俺が告白したことにされていたのがひっかかった。

    彼女は付き合う前から俺の部屋にあがりこんで(手は出してませんよ)
    部屋を片付けてくれて、手料理を振舞い、
    優しい口調で社内に言い触らしていた。
    何もせずともトントン拍子に上手くいっている感じで、
    展開が早すぎて気持ちが追いつかずにいたが、
    三ヶ月ほど同棲してから結婚。
    盛大な結婚式をあげた。

    861 :キチママまとめちゃんねる 2010/09/06(月) 12:08:13 0
    容姿の話が入るのでイヤな方はスルーを。

    ウチのコトメ、私たちが結婚する前は本当に普通の人だったんだけど、
    整形で糸目をパッチリ目にしたら
    「パチパチ上目使いクネクネ察してえ~ん」+「ネ~ッッチョリとした舌足らず甘え声」
    +「ぶりっこポーズ」+「こんな可愛いんだからやってくれて当然だよね!いいよね!?」になった。
    たしかにそれでモテまくりちやほやされまくり。
    今思ったけど、簡単に言えばさとう玉緒?
    しかもいっちゃ悪いが一回で止めておけばよかった物を
    結婚後にまた整形して、浜崎あゆみから今の辻希実よりもでかい目になっちゃって、
    正直、生理的に受け付けない顔になったんで話すのもイヤ。

    ゾッとするんだもん、あの目の大きさ…
    通行人は振り返るし、子供は泣き叫んで逃げるし…
    だからもうひたすら避けてる。一緒に歩くのもイヤ…夢に見る位怖い。

    で、この前コトメ子の入ってる野球チームの試合があると言う事で察してちゃんしに来た。

    「んっとね(パチパチ)、○男の試合応援に行きたいのね(パチパチ)
    でも車じゃ行けないんだって、駐車場がないから(パチパチ)、
    でね~、犬の散歩がてら歩いて行こうかなって思ったんだけど、
    犬大きいから連れて行けないかなって思って(パチパチ)
    でもお散歩してあげないとかわいそうじゃない(パチパチ)
    でも帰ってきてからまたお散歩行くの大変だなって思って…(パチパチパチパチパチパチ)」

    他にもうだうだパチパチとしてたけど、分かりやすくすると
    1.車で試合場まで連れてけ
    2.その間犬の散歩してくれ
    3.終わったら迎えに来てくれ。

    55 :キチママまとめちゃんねる 2015/07/10(金) 20:35:30 ID:JKQ
    学生の時に病気で子宮全摘出。
    その後、大学で出会った男性がそれを受け入れてくれて20代で結婚。
    約一年後「やっぱり血のつながった子供が欲しい」と言われ離婚。
    元夫はすぐに再婚し、すぐに子持ちになったようだった。
    もしかしたら離婚前から交際していた相手かもしれないけど、どうでもよかった。

    で、昨年、私も別の男性と再婚した。

    元夫からパソコン打ちのロミオ手紙が職場に届いた。
    (原文では「君」に私の名前が入っています)

    ----------------------------------
    君が再婚したと聞いて驚きました。
    実は、俺にはちょっとした計画がありました。
    もっと早くに話しておくべきでした。

    子供たちが社会人になったら今の妻とは別れて、君と結婚生活をやり直そうと思っていたんです。
    お互い嫌いになって別れたわけではないのだし、君はきっと待っているだろうと思っていました。
    同じ気持ちでいると信じて、疑いもしていませんでした。
    一瞬、裏切りだと思ってしまったことを正直に告白して、謝罪します。申し訳ない。

    ショックを受けましたが、計画を伝えていなかった自分のミスです。
    今は恨む気持ちはまったくありません。
    それに、考え直しました。まだ若い君をずっと一人にしておくことの方が残酷ですよね。
    俺は今は君のそばにいることはできません。なら、君を別の男に預けるのもいいと思ったのです。
    勝手に預けてしまって旦那さんには申し訳ないけど(笑)

    子供たちは順調にいけばあと20年ほどで二人とも社会人になります。
    その間、女を磨いて待っていてください(笑) なんてね。ありのままでもいいよ。
    もともと俺は、ありのままの君を受け入れたんだから。

    でも、できればスレンダーなままがいいな。
    グラタンもなかなかおいしかったので、料理の腕も上がってるといいな。
    いい歳になってるから、和食だとなお良し(笑)

    俺も、君が惚れ直すような男になっておくよ。
    アレも磨いておくよ(爆)

    20年待てないようだったら、いつでも連絡ください。
    すぐに一緒にはなれないけど、たまに会って昔のように語り合うことはできます。
    そのあとは、来たるべき再再婚に向けて予行演習も……!?(爆)
    -----------------------------------

    「やだ、なにこれ怖い。キモイ」と、デスク近隣の人で回し読み → 現夫に相談 → コピーとる

    手紙の現物は、回し読みの中に私と元夫共通の先輩がいて「説教ついでにつき返してくる」と言って
    引き受けてくれた上に、「いかなる接触も図りません」と一筆取ってきてくれました。

    それにしても「(爆)」って懐かしいな。

    35 :キチママまとめちゃんねる 2017/05/02(火) 23:09:31 ID:7A56ZkgG0.net
     元彼女から結婚が決まったから久しぶりに会いたいと連絡があった。
    俺は縁あって今嫁と1年前に結婚し、今嫁出産準備里帰り中。
     元彼女が退社時に待っていた、最後の思い出に抱いてほしいとさ。
    俺から元彼女にプロポーズした時は誰があんたと?て言ったのに。

    132 :キチママまとめちゃんねる 2013/01/29(火) 16:36:25 ID:HZqI4Lo/
    質問お願いします。

    結婚が決まった報告を部にしたとたんに、冷たくなったお局様さまがいます
    結婚しても会社は辞めない予定なので困ります
    ちなみにお局様は今年40で、母子家庭みたいです
    そんなに人をいじめるなら、自分も結婚すれば良いのに

    454 :キチママまとめちゃんねる 2019/11/05(火) 00:53:55 ID:JO8
    誰かいるかな。初めて書き込むから、少し変でも見逃してね。
    まだ入籍してないから既女ではないけど、近々そうなるのでその彼との話を。

    彼を初めて職場で見た瞬間にビビっときた。「あっ、私この人が好き。この人と結婚する」って。運命って本当にあるんだって思ったよ。
    でもその当時彼にはすでに婚約者が居た。当たり前だけど、少しして彼は入籍してしまった。

    入籍した以上諦めるしかないのかな、と思っていたところで、少しした頃から彼がカリカリするようになってきた。
    もともと温厚で明るく、人に好かれる体質の人だから周囲の同僚たちからは「どうしたんだろう」と心配されていたけれど、次第に「入籍してからだよね」という話になっていった。
    ずる賢い私は「チャンスだ」と思った。

    もともと彼とは趣味が合うことで親しくなっていた。食の趣味からオタク趣味まで、本当に話が合うからそういうところもすごく理想的だった。
    だから食事に誘った。「最近元気無いけどどうしたの?ご飯でも食べに行こうよ」って。
    相談に乗るフリして。

    773 :キチママまとめちゃんねる 2013/05/31(金) 16:24:21 0
    旦那と結婚するときにコトメ(姉)は、シンママだと聞いていた。
    相手とは結婚する予定だったけど子供を妊娠中に不慮の事故で亡くなったので
    シンママになったと。
    コトメは子供と一緒に義実家に住んでいた。コトメの仕事は出張の多い仕事で
    いつもコトメ子を義実家に預けていたけど、義母が病気になって
    入退院を何度かするようになり、コトメ子の預かり先に困るようになった。
    気の毒な話だしコトメ子はとてもしつけのいい子だったので、コトメが仕事だと言って
    家を空けるときは、コトメ子預かって面倒見ていた。
    ある日コトメが出張だと言っていないときに、私の出先でコトメと男性.を見かけた。
    手を組んで親密そうにぴったり密着しているから、普段男の影も無いコトメなので
    下種根性.で後をつけた。二人は立派な一軒家に入って行った。
    表札はコトメのつまり義実家の苗字。
    とてもびっくりしてつい昔とった杵柄で、聞き込みをしてしまった。
    近所の皆さんはコトメを奥さんと言った。旦那さんは外国を回る仕事をしていて
    月に数回しか帰った来ないみたいだけど、仲のいいご夫婦ですよね。と言っていた。
    子供は居ないと。
    その当時コトメ子はほぼ我が家で育てているも同然だけど、生活費は貰ってなかった。
    その上義母の容態もよくなかったので、病院関連もすべて私に丸投げ。
    義実家に残っている義父のためにそろそろ同居したらとコトメに言われていた。
    そしたらコトメ子も行ったり来たりしなくてもいいからって。
    コトメ自身はそうしたらもっと仕事入れられるから、私は居ないものとしてくれていいよって
    も言われた。

    622 :キチママまとめちゃんねる 2017/10/14(土) 18:58:17 0.net
    義弟嫁が私にケンカ売って義妹が買った流れになってしまった……

    義妹は就職で東京にいって時々帰ってきているんだけど
    先日、義弟が結婚して、友人の結婚式ということで初めてこっちに帰ってきた
    私も義弟嫁とはあまり会話をしたことが無いし、久々に義妹ちゃんに会えるからとウキウキして義実家にいった。
    その時、話の流れの中で私が○○女子高に通っていた、というと義弟嫁が睨みつけてきた。
    (後で聞いたけど、義弟嫁はその高校を落ちたらしい)
    その後、「結局女子校ってだらしなくなるし、あんまり卒業生で良い子みたことないわ」とか言い出して
    実は私も女子校の雰囲気が苦手で(友人がイジメられたりもあったので)
    「だから、上の大学にはいかなかったんですよ~」って答えた。
    私は「内部進学せずに、外部の大学を受験して合格してそっちにいった」という意味だったんだけど
    言葉が足りなかったのか、義弟嫁は私が「大学にいってない」と思ってしまったようで
    「え?あの学校って希望したら9割入れるんですよね?え?下位1割だったんですか?ウケルーww」と
    いきなり被っていた猫を放り出して露骨にバカにしてきた。
    さすがに悪意を感じたんだけど、義実家だし、と思い口を閉ざしたら
    さらに「っていうか、高卒ですか~?今時高卒ってwww」と言い出した
    多分発狂したんだと思う。
    そこでその中で唯一の高卒義妹ちゃんが「はいー?高卒で悪いっすか?高卒ダメっすか?高卒で悪かったですねー。
    はいはい。どうせ高卒ですよ。何が悪いのか言ってくれませんかー?」と怒り出した。
    義弟嫁は突然のことで焦って「いえ、あなたじゃなく嫁子さん……」
    「え?嫁子さんはK大卒ですよ?兄と同じ大学で知り合った話、聞いてません?
    で、今時高卒、っていいましたよね?何が悪いのか教えてくれません?」と睨みつけた。
    そこで義父が「じゃあ、ここで中卒職人の俺についても一言何か言ってもらおうか。
    ちなみに母さんは高卒な。それに文句があるのなら今すぐ言ってもらおう。
    文句が無いのなら一言、あやまりなさい」と言い出して、結局プーッとふくれた顔で謝って終了。
    その後何故か「私が嘘を吐いたのが悪い」と家に帰って怒り出してケンカになったらしい。
    ちなみに高卒バカにした義弟嫁は専門卒。

    317 :キチママまとめちゃんねる 2019/09/29(日) 22:02:21 ID:y50j1P500.net
    ちょっと愚痴
    長男の結婚が決まってお相手両親と顔合わせをした。
    その時相手の母親から軽い意地悪をされた。
    こういう面倒くさいの嫌だから、
    人とあまり付き合わなくていい現状に満足していたのに。
    気楽に生きるって難しいな。

    このページのトップヘ