773 :キチママまとめちゃんねる 2017/05/13(土) 02:12:20 ID:jNfK3ZZXx.net
    昨年、妻が旅立った。2歳になる娘を残して。
    二十代で結腸ガンが見つかり、気付いた時には手遅れの状態だった。
    ちゃんと年一で健康診断も受けていたのにも関わらず。
    若いから進行が速かったんですね。で医師の説明は終わった。

    で、俺には妻とは別に幼馴染の元カノも近くに居た。
    妻と出来婚するまで同時進行で会っていた。まぁ、ぶっちゃけ二股だ。
    ただ、元カノは妻の存在を知りつつだったけど、妻には元カノの
    存在を知らせなかった。
    妻からの妊娠を聞いた時に元カノに説明し、今までの関係(体)を
    切ったが、近所という事もあり、仲のいい異性.の友達としての関係を
    続け、妻にもそのように紹介した。

    すると何故か妻と元カノが仲良くなってしまい、俺が居ない時でも遊びに
    来るような関係にまでなっており、娘も元カノにはなついているようだった。

    129 :キチママまとめちゃんねる 2017/01/15(日) 17:09:17 0.net
    流れ読まずに投下。ごめんw


    去年の2月、娘がタヒんだんだ。癌だった。
    それを遡ること一年前に、ちょうど自治会役員が回ってきた。
    娘が余命宣告を受けて3日後のことだった。
    持って三年、早くて一年と言われた。
    何も考えられなくて、とりあえず、それどころじゃないと自治会の役員に言った。
    ちなみに、公団分譲の自治会だ。
    その時はみんな事情をわかってくれて、それなら仕方ないと見送ってくれた。それが二年前。
    それから一年後、再び役員の打診があったんだが、その頃にはすでに、家族総出で緩和ケア病棟に毎日通っている最中だった。
    電話でそのことを告げたら、
    「ああ、一年経ったので、もう大丈夫かと思って」
    とその年の役員の爺さんに言われた。
    なんちゅうか、全身に鳥肌がたった。
    グッとこらえて、まぁ、「治って」の意味かもしれないと、スルーしようと思った。

    それからしばらくして、うちのポストに手紙が入っていた。
    その爺さんからの手紙だ。
    最近、PCの扱い方を覚えたばかりと言った感じで、A4用紙に大振りな文字で書かれた手紙が、クリアファイルに入っていた。
    ざっと要約すると、
    「個人的な事由で、責任を逃れることは誰にもできない。それでもできないというのであれば、誰もが納得する、厳然たる事実を以って、今度の集会で皆さんの前で釈明しろ」


    長いと注意されたので次へ

    716 :キチママまとめちゃんねる 2019/10/05(土) 22:39:56 ID:1q.c6.L1
    もうそろそろ数年前に亡くなった母の命日
    母はガンで数か月ほど入院してから病院で亡くなり、翌日から通夜と葬式を行ったんだけど
    夜10時くらいに亡くなったので病院で防腐措置と化粧をしてもらってから葬儀場に連れていくまでの最後の夜は実家に連れて帰って
    母の部屋で横になってもらった
    家では猫を一匹飼ってて母にとてもよく懐いてて母が入院するまではずっと夜は母と一緒に寝てたような子だった
    (母が入院後は父と一緒に寝てた)
    母の遺体は葬儀会社の人の車で家に運び、母の部屋までは父兄俺の三人かかりで運び込んだ
    (関係ないけど夜の急な連絡なのにすぐに対応してくれた葬儀会社の人には本当に頭が上がらない)
    すると猫が皆の後ろを着いてきたんだけど母の遺体を見たとたんに異常に怯えはじめて部屋の隅で震え始めた
    これはまずかったかと思って猫を母の部屋からだそうとしたけどけして出ようとはしなかった
    こんなことは初めてだった
    見知らぬ客とかが来てもこの猫は警戒はするけど怯えたことは一度もなかった
    母が入院中も父やたまに顔を出す俺や兄にいつも通りに甘えてて特別変わった様子はなかった
    数か月ぶりで母のことが分からなかったのかとも思ったけど
    俺や兄が中々帰省できずに一年ぶりに帰省した時もすぐに大喜びで飛びついて甘えてくるほどなので
    たった数か月で母のことを忘れるとも思えなかった
    その日は朝まで父、兄、俺は母と一緒に母の部屋ですごした
    猫は俺の膝の上に乗って震えながら俺に体を押し付けてた
    葬儀が終わってから俺と兄は有休をとってしばらく実家で過ごしたり、休日はちょくちょく実家に顔を出して
    父や猫の様子を見に来るようにしてたんだけど
    葬儀後数日ほどは猫はずっと誰かしらにぴったりくっついて離れようとせず分離不安みたいな状態になってしまった
    どちらかというと甘えん坊で人懐っこい子ではあったけど普段はそこまでではなくて1人で日向ぼっこしてたり
    猫用ツリーの上で寝てたりとそれなりに1人でも平気という子だったし
    人間の膝の上に乗るのが好きなんだけど普段は膝に乗ってる時はリラックスしてるのに
    その数日間は膝に乗ると不安そうにぎゅっと顔を人のお腹に押し付けてじっとしてた
    数日してからは普段通りに戻って今も元気そうにしてる

    猫も人のタヒを理解できるんだろうか
    それとも単に遺体そのものに驚いたのか
    久しぶりに出会った母がいつもと全く違う様子だったことに驚いたのか
    母が亡くなったことでショックを受けてた俺達の雰囲気に呑まれたのか
    母が入院中は割といつも通りだったのに母の遺体を見た瞬間にそんな状態になったということは
    少なくとも遺体と対面したことが少なくないショックを与えてしまったんだろうなと思う

    944 :キチママまとめちゃんねる 2013/03/31(日) 12:27:08 0
    修羅場
    絶縁したトメが癌になった途端にはっちゃけて
    私が介護するまでモラハラで責め抜いて
    私が介護請け負った途端に丸投げした元旦那が
    私がトメに付き添い中にプリンを私名義の家に連れ込んでいて
    かちあった事。
    ちなみに介護中にプリンちゃんに中絶させていた事も判明。
    全て私のせいにされ、離婚してたたき出した。
    現在、向こうは自業自得で下り坂を猛スピードで転がり落ちてる


    6c9b1886bcf139adc48763d51dffde7b_t
    676: 名無しさん@HOME 2011/05/26 13:51:09
    豚義理。 

    数年前、実父に告知してないガンを本人にばらしたトメ。 
    そのトメが昨日入院した。 
    しきりに「本当はガンじゃないの?私タヒぬの?」と聞くので、 
    「私はトメさんと違って口が堅いので、ぺらぺら言えません」と言ってあげた。 
    トメ真っ青。 
    放置して出勤した。 
    トメの中でガン確定して、「私には知る権利がある」とか大騒ぎみたい。 
    知る権利も何も、本当にただの膵炎だよ。 
    酒飲み過ぎだ、バーカ。 

    旦那に「なんて面倒なことしたんだ」って怒鳴られたけど、 
    「うちの父のとき、もっと面倒になった原因を作ったのは誰?」と黙らせた。 
    (ちなみに旦那がトメに鳩った。 
    トメに知らされ、そこまでして生きたくない、と言うまだ初期ガンの父を、 
    家族医者総出で説得して治療。予後は良好です) 

    とは言え、病院スタッフに迷惑かけまくりなDQ返しなので、 
    こっそりここでごめんなさい。


    0c6f2ca03c2f15ec72e54afef2e4095d_t
    141: 名無しさん@HOME 2011/11/29 09:21:25
    しばらく前の事です。実家の母から、祖母(癌闘病中だった)の息遣いがおかしいからすぐ来て!と電話があり、 
    同居姑にそれを伝え、「すぐ行ってきます!」と言うと 
    「ちょっと待って、私もお見舞いしたいから。今着替えるから」 
    で、着替え終わるのをじりじり待って病院へ一緒に行きました。 
    姑は足も不自由なので、動作もゆっくりです。 

    臨終には間に合いませんでした。 
    車で10分ほどの近い距離だったのに。 
    たった今こと切れたところ、と聞いて今も後悔の涙が止まりません。 
    姑には、私の涙が単に祖母のタヒを悲しんでいるだけに思えているようです。 
    義妹がもうすぐ出産の為に里帰りしてきますが、 
    「あんたのばあちゃんの葬式と、あの子の出産が重ならなくて良かった」 
    と、安心したように笑っていたのに憎しみが湧いています。 
    義妹さんに酷いことをするつもりはありませんが、 
    姑にはただ憎しみがつのるばかりです。 

    これから先、一生口を利かずに過そうかな、と考え中なのですが。 
    とりあえず、今日で一週間無言で過しています。 
    「黙ってばかりで気が狂う! なんか喋りなさいよ!」とさっきキレられました。 
    姑が先か私が先か、どっちが先に気が狂うか、根比べしているところです。 

    もしかしたら私の方はとっくに気が狂っているのかもしれませんが。

    このページのトップヘ