田舎

    115 :キチママまとめちゃんねる 2019/01/24(木) 00:30:52 ID:85Jnodbu.net
    我が家は子供3人。一番下は0歳。嫁さん専業主婦。ローンは月9万
    俺の収入で何とか500万いってる状態

    嫁がしばらく働く気ないし、働き出したとしてもパートしかやりませんとか言ってて、家計的にすごい不安
    破綻する未来しか見えなくて憂鬱なんだけど、どうやって言えば危機感持ってくれるんだろうか
    ちなみに、子供3人とマイホームに関しては俺は金が理由で反対だったんだけど、「自分が働くから大丈夫」という嫁の言葉を信じてこのザマ。騙された感しかないわ

    451 :キチママまとめちゃんねる 2007/06/21(木) 01:40:13
    半年、再構築だけは止めておけ。辛いけどぐっとこらえるんだ。
    俺も昔嫁に裏切られたことがあるから気持ちは嫌と言うほどわかるが、
    俺はここ一番でこらえてホントに良かったと思っているぞ。

    701 :キチママまとめちゃんねる 2018/06/27(水) 22:05:01 ID:GTu4owlg.net
    長いけれど、聞いてください。
    親友(女)が、私の結婚式に来れないと連絡があった。
    親友夫婦は田舎で暮らしてて、給料もめちゃくちゃ低い。親友は専業主婦で子供もいるから、生活するのでいっぱいいっぱい。
    飛行機の距離での結婚式に参加というのは、大変かなと思いつつ声をかけてみた。
    最初は来てくれるような感じだったんだけど、後になって「○○の結婚式だからとても行きたいけど、生活ができなくなっちゃうから行けない」とLINEがきた。
    「飛行機代やホテル代も出すかよ!(お祝い辞退伝えてある)旅行ツアーとかも私に相談してくれもいいから!
    親友が来てくれるなら、私も頑張るから」と返した。
    また旦那と相談すると返事がきてから、しばらく連絡がなかった。
    そして親友旦那から
    「やっぱり生活ができなくなってしまうから行けない」と連絡があった。

    仕方ないと思いつつ、やっぱり悲しい気持ち...
    どう親友に接したらいいんだろう
    それに親友本人からの連絡じゃなかったから、何て返せばいいか悩んでる...

    283 :キチママまとめちゃんねる 2016/01/28(木) 14:38:25 ID:Yh7VFgv9.net
    小4の時に転校。
    訛りがあり田舎で育って都会の学校への転校だった。
    かっこうのイジメの対象になったが、
    自分はあまりに素朴過ぎて、イジメられてる事に気づかなかった。

    集団で押さえ込まれ全ネ果にされる。→
    田舎では川で遊んで、良くみんな全ネ果だったからあまり気にしなかった。

    遊びに誘われ待ち合わせ場所にずっと一人ぼっち→
    用事でも出来たんだろうなぁ

    訛りをまねされバカにされる→
    なんかウケてるなぁ。自分

    本当に天然過ぎてイジメがいが無かっで、
    その後さらに陰湿になり、
    提出物を隠されたり、2階からランドセルの中味をぶちまけられたりした。
    先生は目の前で起こってるのに何もせず教室を去り
    なんで何もしてくれないのか言いにいったら
    「君に友達出来ないのは仕方ないんじゃない」と言われた。

    ある日、プロレス技をみんなにかけられた時、思わずそれまで習ってた柔道技が出てしまい、
    体の大きいボスガキを背負い投げしてしまって大泣きさせてしまった。
    周りにいた子達も呆然。

    さすがにまずい。どうしようとなり、そのまま自宅に帰り事と次第を親に話すと
    親はビックリしながらも、「良くやった。明日から学校休め」と言われ、
    学校と話し合ってくれ、近隣の学校に転校になった。

    後から聞いたら1クラスしか四年生は無く担任を変えるのは難しいと言われ、そうしたそうだ。

    次の学校は先生もいい人でとても楽しかった。

    124 :キチママまとめちゃんねる 2014/09/11(木) 20:09:20 ID:zopqFgzr.net
    高校生のときの修羅場。


    ド田舎生まれド田舎育ちで、村外れにある実家は自営業だった。
    業種は伏せるけど、時期によってはかなり沢山客が来るので駐車場が第三まであった。
    しかし忙しいときは駐車場が全部埋まるくらいだけど、暇なときは第一駐車場すらも埋まらない感じ。
    その時期は第二と第三は放ったらかし。
    ちなみに実家と自営やってるところと駐車場全部は同じ敷地内にあって、俺は毎日登下校時にその横通ってた。

    秋も終わる頃、帰宅途中に第三駐車場に軽自動車が停まってるのを見た。
    いや、今だから「見た」って書くけど、そのときは完全に風景の一部で、全く気にしてすらいなかった。
    次の日もその次の日も停まってた。だけど全く気にしなかった。知らない車が時期外れに勝手に停められてるのはよくあることだったから。
    俺以外の家族はその横を通るときは車でビューンなので、徒歩では通らないから気付いてすらいなかった。

    そして更にその次の日もその次の日も停まってた。
    だんだんと車の上に積もる落ち葉が厚くなっていった。
    一週間くらいして、今思えば遅すぎるけど、俺はいつまで停まってんだあの車?と思った。
    で、夕方で辺りが暗くなってきた中をテクテクと車まで歩いていって、なんとはなしに中を覗いた。

    暗くて年格好はよく分からなかったが、男がハンドルにもたれかかるようにしてして運転席にいた。
    俺はあんまりにもびっくりして「うわっ!!!」とでかい声を上げたが、男は無反応だった。
    ちょっと間を置いて、窓をコンコン叩いて声をかけてみたりしたが、何の動きもない。
    ハンドルに覆い被さるみたいになってるから顔は見えないし、ドアは鍵がかかってる。

    さすがにこれヤバくね?と思って窓を強めにガンガン叩いてみたが、全く反応なし。
    俺は血の気が引いて実家に猛ダッシュして、母にかくかくしかじか説明、すぐに救急車と駐在さんが呼ばれることになった。

    結果、男の人は亡くなってた。毒薬飲んでの自杀殳で、タヒ後一週間経ってた。
    俺は遺体の横を毎日毎日登下校してたんだよ。全く気付かずに。

    715 :キチママまとめちゃんねる 2012/01/24(火) 21:50:56 0
    実家は元地主で、土地解放の後もいくつも山や土地を持っていた
    だが田舎で、山には上下水道も電気も通っていないので余り価値は無い。
    山は手入れしないと荒れるので、むしろマイナス財産。
    でも先祖伝来の土地だし、山には昔のお墓も(60墓くらい)有るので手放さずにいた。
    私が結婚後、趣味で草木染めを初めて、姑や義妹もはまったので実家の山に材料を取りに行った。
    クマは出ない土地だし、今の時期は蜂も蛇もほぼいないのでピクニックも兼ねて
    私達夫婦、義両親、義妹夫婦、義弟夫婦と実家の庭師さん2人の計10人で山に入った。
    庭師さんに種を蒔いて貰った染料の植物を刈り取った後、姑が花入れに細工する竹が欲しいと言って
    皆で様子の良い竹、ついでに早咲きの梅を探してキャッキャッしていたら
    滝の近くで手製らしき小屋を発見した。
    庭師さんもビックリしていた。実家は誰にも山を貸したりしていない。
    簡素な作りの小屋で、野外に屋根だけの調理場。畑、鶏小屋、ドラム缶の風呂もあった。

    いったん実家に帰り、念のために親に確認を取ったがやはり誰にも土地を貸していなかった。
    警察と庭師さん(案内)が山に入り、住人を確保。
    若い浮浪者のグループで、男性4人が住んでいた。
    近くに天然の温泉も沸いているし、なかなか快適な生活だったらしい orz
    家の裏山に、一年近く人が居たのに気付かず実家族真っ青。
    犯罪者とかで無かっただけ良かったけど、住人が山中逃げ回ったおかげでリアル山狩りを見て恐かった。

    386 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/25(金) 13:19:40 0.net
    最近流行の撮り鉄の話です

    田舎なんで割と大らかなんですが、義兄嫁のせいで大騒ぎになって撮影を断られてしまったらしい
    けっこういいポイントで知る人ぞ知るって場所だったらしいけど、地主のお祖父ちゃんが怒っちゃって立ち入り禁止にして有刺鉄線で柵してカメラを付けた
    それでほかの撮る鉄の人から責められたからって義兄嫁が私に取り成してと泣きついてくるので迷惑してます

    今まで撮りに来た人は入る際に挨拶もちゃんとしていたそうだけど、義兄嫁は「私の地元だから!」挨拶なんか不要よ」とやらかして
    更に調子に乗った同行者が遊んでいた地主さんの孫を撮影の邪魔だとどけたらしい
    後で聞いて、義両親が義兄夫婦連れて謝りにすっ飛んで行きました
    義兄嫁は謝ったら許されたと思ったらしいけどそんなわけにいくか、ってことで封鎖されたそうです

    地主さんは私の母方の親戚でもあるので義両親から根回しが来ました
    封鎖することには義両親も義兄も「当然だ」と思ってるのに義兄嫁一人が私の立場がーーと騒いでる
    私に口利きしてくれって言うけど、もともと義兄嫁好きじゃないしメシウマにすらならないわ

    151 :キチママまとめちゃんねる 2013/01/28(月) 22:42:27 ID:q8amnA56
    私が5,6歳のとき父方の田舎に住んでた
    父の仕事の関係で引っ越すことになり、親戚が集まって自宅でお食事会?をすることに。
    なかなか会えない年上の従兄妹が来てくれて私も弟も他の子たちもキャーと足元にまとわりついてた
    したらまとわりついた弟を避けようとして従兄がバランスを崩し、テーブルの端に頭激突。
    「弟元気だなー」と笑顔で顔を上げた従兄の額から流血。
    子供たちの悲鳴で親戚がわらわら集まって従兄病院へ。
    ひと段落して弟がいないことに気付き、大人に言うと(病院に)付いてったんじゃないかと言われ、仕方ないので子供たちで家中を捜索。
    そのうちに母が病院に連絡したようで、弟は病院にいないことが判明し一同騒然。
    日も暮れかけていたので女連中は家守、男連中は弟捜索となったようで懐中電灯やらを装備した父たちを見て
    これはやばい、ただ事じゃないと感じ震えてた。

    時間がどのくらい経ったかわからないけど星や月明かりで山を見てたら母に抱かれて弟が帰ってきた。
    でも体中傷だらけで動かなくてそのまま病院に行ってしまった。オトウトガシンダ!!と自分的に修羅場。
    従妹に「大丈夫だからお姉ちゃんと寝よう」と言われてそのまま寝て後の記憶がぽっかりと無い。

    弟はどうしたかというと従兄の流血を見て、自分のせいで従兄くんがタヒんじゃう怖い怒られるごめんなさいっっピコーン!!逃げよう!!!となり
    瞬時に逃げ出してたw全速力で山に逃げ込んで、夢中で走ってたら体がふわっと浮いて空中を2、3歩走ったと言っていた。
    その後目の前が真っ暗になり気絶。自分を呼ぶ父たちの声で起きたそう。ここでもまだ逃げようとしたんだが
    体が仰向けのままどうやっても動けなかったらしい。暗い・狭い・出口遠い・体痛いで動けず、観念して投降することに。
    大きい声を出そうと目を瞑って深呼吸し、いざ!と目を開けたらキラキラしたものが見えた。
    それが蛇の顔だと気付いた瞬間「ぎゃ~~~~!!おがあさぁああんん!!!」と無事大きな声で父に気付いてもらえたが
    息子と息子の背丈の何倍もある大蛇が同じ穴倉にいると知らせを聞いた母の心中が修羅場だったし、弟も噛まれはしなかったが蛇に睨まれたまま生きた心地がしなかったと言っていた。
    さらにその穴倉には少し前に近所で生まれて行方知れずになった赤ちゃんがいてしばらく弟は夜寝られなかった。

    541 :キチママまとめちゃんねる 2013/08/30(金) 20:13:48 0
    短くまとめる
    旦那の不倫で離婚修羅場
    私身内は法律関係者がいる(本家なので医者以外は大抵揃うw)
    私が私の身内弁護士使ったら
    「は?俺の弁護士どーすんの?」と本気で理解して貰えなかった
    奴の脳内では嫁のモノは全て自分が使って当たり前
    だから私の身内が私の味方する意味が理解できなかった様子
    もともと私身内は一切スルーの人だったけど、事情があって
    その身内さんを頼ったのだけは覚えていた様子
    離婚して初めて私身内の多さと田舎ならではの影響力を理解したみたい
    そういうの嫌いなんだけど町から出て行ってくれて安心した

    191 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/14(月) 15:14:22 0.net
    もう何年も前の話です。

    義兄嫁も私も超がつく田舎でほそぼそと田舎のおばちゃんやってたんだけど、夫のいとこ(隣家)に
    東京から若いお嫁さんがきて、義兄嫁は都会にコンプレックスあったみたいで、嫁イビリに発展した。
    もともと交流あったからって毎日隣家に行っては畑のやり方が悪い、家事の仕方が悪い、派手すぎアバズレ、早く子梅などなど。
    何度も畑で野菜のクズとかをいとこ嫁さんに投げてる姿を見たよ。
    そうまでされても、東京からきた人ってのは立派なもので、誰にも言いつけてないみたいだった。
    私も田舎者だから多少の嫁いびりは見て見ぬふりするけど、さすがに無理だなって思ってスマホで撮影して、
    ウトの兄(長く校長先生をやってらしたすごくえらい人)に見せてやった。
    次の日、ウト兄、ウトメ、義兄夫婦、いとこ家族でえらく長い会議があり、義兄嫁は一か月ほど実家に帰り、戻ってきたらおとなしくなった。
    いとこ嫁さんに「スマホで撮影してたなんて全然気づかなかった、忍者みたいですね」と言われた。誰にも気づかれない影キャラだからねw

    このページのトップヘ