武勇伝

    614 :キチママまとめちゃんねる 2009/12/17(木) 18:13:54 0
    上手いはじめ方がわからないのでいきなり書き始める
    義理家族構成はトメ、義姉、旦那の三人(ウトは鬼籍)。義姉の家と私達夫婦の家は徒歩三十分。
    義姉はトメと同居して養っている。

    トメは、例えば私をわざわざ呼び寄せて掃除をさせ、自分は何もせず、掃除させたところを眺めて
    「まあ、ちっとも綺麗になってないじゃない。掃除もまともにできないのねpgr」というようなことをする人。
    (呼びつけるのは義姉のいない間)他にも洗濯や料理など…

    ある日そんなことを繰り返していると、突然、仕事に行っているとばかり思っていた義姉が現れた。
    何故か裁縫道具や洗濯ばさみ、書類とかを綴じるクリップ、ガムテープなどを持って。

    ニッコリ笑う義姉。青ざめるトメ。何処に隠れていたのか、全然気づかなかったと本気でビビる私。
    そして義姉は、聞いたことないような低い声で「選べ」と言った。
    「え?」と戸惑うトメと私。義姉は持っていたものをテーブルの上に並べ、
    「選べっつってんだよクソババア。てめえの口を塞ぐものだよ。
    好きなのを取れよ。私のお勧めはお口チャックかな、本当の意味での」
    さーっと青ざめていくトメ。綺麗な言葉遣いの義姉しか知らない私も同じく。

    そしてトメと私を正座させ、説教する義姉。内容としては、
    トメへ→嫁子さんはあんたの奴隷ではない、という趣旨のこと。
    実の子供にここまでされて、情けないとは思わないのか。
    私へ→トメのいうことをきいてこっちに来る余裕があるのか?自分の家のことは?
    何よりどうして弟に相談しなかった。
    あなたはお母さんの奴隷ではないんだよ。ちゃんと自分で考えて行動する権利を持った人間だから。

    正確には覚えてないけど大体こんな感じで、こんこんと諭してくれた。おかげで眼が覚めた。
    確かに自分の家と他人の家の家事できるほど器用じゃない…
    とりあえずトメは少しふてくされてたけど、私に対して謝罪した。

    592 :キチママまとめちゃんねる 2012/10/30(火) 14:47:30 ID:WHXIgR6R
    サークルの飲み会で他の女の子はコップやお猪口で飲んでいるのに
    私は土鍋のフタ持たされて「穴を指でふさげ」と言われてふさいだら
    そのフタに一升びんで日本酒注がれて「おまえこれな」と言われた。
    くやしいから飲みほした。

    874 :キチママまとめちゃんねる 2013/07/13(土) 13:41:44 ID:NGx0Ch18
    DQN返しともいえる、祖父の武勇伝。当時子供だったので聞きかじりです。

    20年以上前、当時健在だった祖父が所有地の整理を始めて、いくつか土地を売った。
    まだバブルの恩恵が残ってた頃で、そこそこ高値で売れていく中、マンション開発に交渉された土地があった。
    そこは、理由は不明ながら祖父は売りたくなかったらしいけど、相手側に「マンションかハイツを建設したい、
    最上階角部屋を破格値で分譲するから土地を売ってくれ」と言われ、一人暮らしの祖父を案じていた父達が
    賃貸住だった叔父夫婦にそこに住んでもらえばどうかと勧め、祖父も合意した。
    で、マンションというには.微妙な高さのマンション完成。
    そしたら、立地条件よし・広さや値段も手ごろだった為、完成前後に完売御礼になったらしい。
    無論、叔父夫婦が住む予定だった部屋も。
    話が違うと祖父や父達が相手先の会社に訪問したら、「証書もないですしねえ」とヘラヘラ。手違いで売買したのではなく、
    口約束だけで法的な書類がないのをいいことに、故意にやったんだろうとわかった。
    新築の広い部屋に移れると思っていた叔父夫婦ショボーン。父や他の兄弟も、「高い勉強代だったと思うしかないな」と慰めた。

    しかし明治生まれで二度の戦争経験者である祖父は引き下がらなかった。
    何度も相手先に赴き、「近くに息子夫婦が来てくれると思ったからこそ売ったんだ、今からでもどうにかならないか」と訴える。
    「もうあなたとも先方とも正式な売買契約が成立してますのでねえ。あまりしつこいようだと、警察に…」とやられたそうな。
    そうこうするうちに、購入者達の入居がほぼ完了してしまった。
    祖父は、そのマンションの敷地三方を囲む形でまだ土地を所有していた。残る一方は山。マジ山。人の登り下りもキツそうな山。
    所有する土地に「私有地につき立ち入り禁止」と囲いを付けた。業者に頼まず一人で毎日日曜大工したらしい。
    結果、マンションの住人さんは「徒歩・自転車・原付の出入りはできるが車は無理」な幅1mあるかないかの通用路しか使えなくなった。
    それまでは、私有地を通過するのを祖父曰く「厚意で」許していただけ。
    宅配便や郵便屋さんも、トラックがマンション前まで行けない。こちらは田舎なので皆車で移動するが、マンション入居者さん、
    車を出せないor入れられない。

    15 :キチママまとめちゃんねる 2010/09/27(月) 16:39:48 ID:RNZnE9T3
    武勇伝ではないかもしれないけど(自然発生だから)

    細めの山道で、夜に旦那と車に乗っていた。
    後ろからハイエース。上前側にカブトムシのようなツノがある。

    煽る煽る。道を譲ろうにも、もう少し先の避難帯に行かないと譲れない。
    クラクションを派手に鳴らして、ギリギリまで寄せてきたりタチが悪い。

    仕方ないから旦那は止まった。私はドキドキ。
    後ろの車から手に棒みたいなのを持った男(2人)が出てきて、ドアを蹴った。

    旦那が勢いよくドアを開けて、DQN転ぶ。
    旦那仁王立ちで、にらむ。
    旦那は外国人で185センチ110キロ。ウェイトリフティング(重量挙げ)で世界大会に出場経験あり。

    『すいません!すいませんっ!』とDQN小さくなる。
    『ドア蹴ったよね?』と旦那。
    『すいませんっっ、これ、修理代ですっ』ポケットから一万円を差し出す。
    『いらないよっ!』と断ると一万円を車の中にサッとなげて、自分の車に逃げる。

    旦那は何もなかった様に発進したけど、後ろの車は、もうついて来なかった。

    一万円は、近所の養護施設のクリスマスに、ホールケーキを2つ差し入れする様に話してきた。
    DQN様からのクリスマスプレゼントだね~!

    626 :キチママまとめちゃんねる 2016/11/26(土) 04:53:49 ID:SWCN1wXm.net
    この前ようやく俺にも武勇伝っぽい逸話ができたよ。
    俺さ、普段はビビりだし他人と絡んだりしたくないようなしょうもない奴なんだけどさ、幼稚園の娘は超好きなんだよ。
    そんな娘と先日お祭りに行ったんだ。
    そこでたこ焼き買って、ベンチとか椅子が埋まってて、公園の隅の切り株に娘座らせてたこ焼き食べさせてたんだ。
    タコ大きい!とか、マヨちゃん美味しい!とか、もう可愛いんだわ。
    そしたら、なんか小学生ガキの集団が来てさ、五人くらいだったかな。
    そいつらが、的屋で当てたBB弾のモデルガンそれぞれ持ってて、撃ち合いみたいなことを始めたんだよ。
    危ないなぁって思って、娘立たせて別の場所行こうとしたらさ、一人がこっちに走ってきて、そいつ追いかけてきた別のガキがBB弾乱射しやがって、その何発かが娘の顔に当たったんだよ。
    たこ焼きも落としちゃってさ、顔痛いって泣こうとしてるんだよ。

    20 :キチママまとめちゃんねる 2006/08/02(水) 21:59:38 ID:elo8BzLb
    近所の小さい本屋で新書を物色中、突然入り口で奇声が上がって、
    見たら小学生くらいのガキが店のおっさんにとっ捕まっていた。
    ガキは半狂乱で、違いますとか僕じゃないですとか泣き喚いてて
    うわー万引きかーと思って見てたら、まともに目が合った。
    するとガキはあろうことか大泣きしながら俺を指差し
    「あの人にやれって言われました!ごめんなさい!」
    ( ゚д゚)ポカーン
    まさか信じねーよなおっさん…と見ると、素直に俺に向けられた怒りの視線。
    ちょwwwwwおまwwwwwwwとか言う余裕はまったくなく、
    「いや、え?え?」とかかえって不審なほど慌ててしまい、頭まっしろ。
    したら、外で雑誌を立ち読みしていた妹が入ってきて、ガキに、
    「見てた見てた、さっきあの人何か君に言ってたもんね」
    ( Д )゚ ゚
    この女状況考えてふざけろやと本気で背筋がゾッとしたが、
    「なんか、外でこの子脅して先に行かせて、自分もあとから入って、
    盗るとこ見張ってたみたいです」と真面目な顔しておっさんに言い、
    ガキに「違ったかな、違ったら言って」。
    最初妹の顔を凝視していたガキが、すぐに調子よくうなずきやがった瞬間
    「おかしーね。あの人キミが入る前から中にいたよ。この子ウソついてますよ」
    おっさん凄まじい変わり身でまたガキを羽交い绞め。ガキ再度大暴れ。
    子供の頃からこんな調子だった妹と、ガキがバカだったのとに救われた。
    あの本屋、今までネット書店使わず贔屓にしてやってたが、二度と行かねえ

    796 :キチママまとめちゃんねる 2003/11/25(火) 04:40:00 ID:ixYKvWSo
    吉野家に行きました。店内はすいていて客は2人しか
    いませんでした。自分はその2人の客の真ん中に座って
    牛鮭定食を頼みました。自分の右側に50代くらいの
    おっさん、左側に若い兄ちゃんが飯食ってました。で、
    定食が出る間待っていると右側のおっさんが何やらごちゃ
    ごちゃ言っているのに気がつきました。

    おっちゃん「この鮭やけにまずいな、原価いくら?」
    店員「いや、それにお答えするのはちょっと…」
    おっちゃん「なんか店汚いなぁ、ちゃんと掃除してる?」
    店員「あ、すみません」
    おっちゃん「昔は清潔だったぜ。店長いるのか?」
    店員「店長ならそこにおります」
    おっちゃん「なんだいるのか、顔もださねぇでなって
    ねえな」

    まあ以下延々とこのような話しが繰り返されていて自分が
    頼んだ牛鮭定食もきたけどあまりに杀殳伐とした雰囲気で
    はっきりいって味がしませんでした。やはりご飯は楽しく
    食べるべきかと。

    178 :キチママまとめちゃんねる 2010/07/23(金) 02:41:23 ID:HdmFy7Pt
    ある日、妹がランドセルに落書きされて泣きながら帰ってきた
    母と俺で理由を聞くとクラスの女子に虐められているとのこと

    そこで俺ひらめいた、数日後にある授業参観に親父を行かせて見たら?と
    親父はマジで優しいし人を殴ったことなんて無いくらいなんだけど
    髪はパーマがかかり、中肉で色黒でどうみても8○3にしか見えない

    親父が帰宅し事情を説明したら、親父有給を使い授業参観へ
    インパクトが弱いので俺のサングラスとネックレスを貸し授業参観へ
    金のネックレスがよかったけど無いからクロムハーツのを貸したwwww

    授業参観中はポケットに手を入れ妹観察。
    授業参観後の親同士の話し合いは
    「僕の娘を虐めてるのはどいつですか?虐めなんてくだらないですよ」と言ったらしいwwww
    翌日から虐めが無くなったwwwww

    あれから4年、妹はいまだに親父が大好きで仕方ない
    けど14にもなって一緒に風呂入ろうと強請るのは流石に親父が困ってるwwww

    529 :キチママまとめちゃんねる 2013/08/30(金) 19:47:13 ID:N6wW5NEn
    武勇伝思い出した

    むかしアパートの前にバイク止めてたんだ
    そしたらある時から朝見る度にナンバープレートが90度くらいにペキッと折られているようになった
    まぁイタズラだな、原因はわからんがバイクの音が煩いとかそういう事なんだろうか
    夜中の間にやってるようで、犯人も心当たりないしどうしたもんかと

    あまりに毎日毎日やられるもんだから、これはええ加減にせいと一計を案じた
    ナンバープレートの裏側の、折る時に手で掴むであろう部分にセロテープで画鋲を貼りつけといてやったんだ
    危ないっちゃ危ないが、普通他人のバイクのそんなとこ掴まんからな

    翌朝見てみたら、どうやら成功したのがわかった
    というのも逆上したであろう犯人が、今度はナンバープレートを真っ二つに割っておきやがったから…
    結局その後再発行やらなんやらで面倒だったんだけど、指に刺さった時の犯人の心境を想像したら笑えてきて、なんかスッとした
    というお話

    633 :キチママまとめちゃんねる 2007/01/21(日) 08:52:25 ID:BVri1Ack
    うちの兄が子供の頃、家に、「おたくの息子さんが女の子に怪我をさせました、骨折です」
    と担任から電話が。
    おとなしい子なのに、とママンが理由を聞くと、顛末はこう。
    兄か休み時間に図書室にいたところ、始業ベルが鳴ったのにそのメスガキが外から扉を
    押さえつけて意地悪心で閉じ込めた、と。
    で、あせった兄が力任せに戸をあけたところ、指をはさんで骨折。
    ママンは言った。
    「じゃ、原因は向こうじゃないですか!!」
    「でも、怪我は怪我ですから、向こう様に謝ってください。」
    ママンは担任もメスガキもその親も徹底無視で放置プレイを決め込んだ。
    メスガキの親は、近所でも評判のDQNだった。
    …だが、うちに全く文句を言ってこなかった。
    さすがに分が悪かったのだろう。

    このページのトップヘ