撃退


    efdcc983747547c154ec07e3a2d3a912_t
    155: 名無しの心子知らず 2011/07/22 20:16:51 ID:nsgOZ8+8
    胸スーかこっちかで迷ったけど、ママ出るので。 

    今日スーパーで買い物してたら、買出しの荷物大量に持って会計すませて 
    きたじいちゃんがいた(杖ついてた) 
    カートの上下に山盛り。じいちゃんかなりお歳のようだったが、ゆっくりして 
    いながらもしっかりした手つきで買ったものを袋につめていく。表情も穏やか 
    そうだじいちゃんだった。 
    そのゆっくりな動作に引きつけられたのか、つけこめると思ったのか泥ママ 
    登場。 
    ここでよくある「こんなにたくさんあったら~」と言ってじいちゃんが詰めた 
    荷物をとった。しかも1個じゃなく4個も。 
    「あ、ああ、ああああ」としか言えないじいちゃん。泥ママが両腕に荷物袋 
    ぶらさげてまわれ右したところで、泥ママの耳を掴んだばあちゃん登場。 
    こっちはしっかりした気の強そうなばーちゃんで「うちの荷物に何をしとるん 
    ね! こん泥棒がっ!」と泥の耳元で、そこらへんに響きわたる大声で 
    叫んだ。一瞬にして、まわりがシーンとなって注目集まる。警備員も来る。 
    泥が「親切で持ってやろうとしただけ」と言ったら、じいちゃんがポケットから 
    出してきたのはICレコーダー。 
    「年寄りやと思うて、好き勝手するおめえみたいな輩がおるから、まわしと 
    るんじゃ! 参ったか」とばーちゃんが言ったら、泥、ばーちゃんを押して 
    逃げようとする。するとそれまでよぼよぼな雰囲気だったじいちゃんが 
    「わしの女房に何をするかーっ!」とばーちゃんよりよっぽどデカイ声出して 
    泥の脛を杖でぴしゃり! 軽く叩いたようにしか見えないのに、泥すっこ 
    ろんだ。 
    そのまま泥は警備員にひっぱられて奥へ。ばーちゃんはじーちゃんに 
    抱き起こされて、「あんな挑発するようなこと言うたらいかん」と怒られて 
    しゅんとしてた。二人とも怪我はないということで、そのまま奥へ行った。 
    泥は知り合いが多かったみたいで、「泥さんよね」と言われてた。


                   女性, 怒り, 怒

    538: 名無しの心子知らず 2010/09/15 02:15:56 ID:GYXtpjJ9
    声で泥奥を撃退した話を今日聞いてきた。 
    プロすげえ。

    545: 538 2010/09/15 03:27:54 ID:GYXtpjJ9
    友人の家に泥棒が入った。 
    友人のお家は代々とある仕事をしていて、主に海外で活動している為、家は殆ど無人状態。 
    それを狙って泥しにやって来たらしいんだけど、その時はたまたま帰国していて、家に居た友人一家。 
    泥棒と鉢合わせ→驚く→悲鳴。とまあここまでは当然の流れだった、んだけど。 
    ここで肝心なのはその友人一家の職業。 

    父・オペラ歌手。 
    母・ピアニスト。(でも声楽もやってらして声量半端ない) 
    娘・(友人。オペラ歌手の卵。ちなみにソプラノで、高音がまるで怪音波) 

    五分も掛からずにご近所中が何事かとやって来て、御用、となったらしい。 
    防音室がちゃんとあるお家とはいえ、さすがにリビングには防音設備もないしね…。 
    発見したのは友人だったんだけど、友人叫ぶ→何事かと父親がやって来る→叫ぶ→母親がryという流れで、 
    友人はああびっくりしたー!と言っていたけど、正直その声で大絶叫させられた泥の方が驚いたと思う。 
    音楽一家、ってことで、高価な楽器がたくさんあるはず!と思ったらしいよ泥。 

    なんにせよ、あの人達の声を間近で聞けたのは贅沢だったと思う。 
    鼓膜がほんのちょびっとだけ心配だけどw

    引用元: 【窃盗】発見!泥棒~手癖の悪いママ111【万引】


             自由, 旅行, ハイキング, 一緒に, お友達と, ツリー, 自然, キャンプ

    107: 名無しの心子知らず 2013/04/04 01:29:47 ID:FdJXeGCz
    クレクレママ撃退したらママ友が出来た話。 
    文章を書くのが苦手で纏めるのも苦手なので、長文駄目な人はスルーして下さい。 

    元々ママ友付き合いは苦手だから、園バス待つ間に世間話するくらいで多少の情報共有しつつ当たり障りない距離で接してた。 
    同じバス停なのは四人で、仮にママABCDとしておきます。 
    春休みに入る前辺りに、Aママが「私子ちゃんの絵本バッグとか可愛いね」と唐突に話しかけてきた。
    クレクレとか知らなかったので普通に「ありがとう、でも素人の手作りだから大したこと無いよ」みたいなことを返したら「私さん作れるの!?凄い!」ってその日の待ち時間にちょっとした話の中心に。 
    それだけで言わなきゃ良かったかなーなんて後悔したけど、まさかその後に強烈なクレクレが始まるとは思わなかった。 
    毎日Aママが「他の小物も作ったの?」「いいなぁ可愛いな~私子ちゃん羨ましい~」「手作りなんて私には絶対無理、憧れる!」と異様に持ち上げてきてうんざりしてた。 
    一週間くらい経って、もう園バスやめようか…くらいまで行ったところでAママが不機嫌そうに「ねぇ、そろそろ察してくれない?まだ褒め足りないの?」と。 
    ハァ?な私に向かって矢継ぎ早に、私には四月から園に通う子がいるの知ってるでしょ、ここまで褒めてあげたんだから気を利かせて作らせて下さいって言うのが普通、 
    わざわざ言わせたんだからうんと可愛くしてよね、○○のキャラとフリルとレースでキラキラにして…と、もう私が作る前提でマシンガントークが始まった。 
    横で聞いていたBCDママが「Aママさん、ちょっと…」と諌めてくれようとしたのに、「黙ってて!これは私さんとAママの問題。首突っ込まないでくれる?」とドヤ顔。 
    バスが来るまで延々話されて、言葉を挟む隙間も無く「じゃあ頼んだから!約束したわよ!」と鼻息荒く言い捨てられてしまった。 
    その時BCDママにお茶に誘われたんだけど、疲れてしまったので断ってしまった。(後から聞いたら、Aママの裏の評判を教えてくれようとしていたらしい) 
    旦那に相談したら「無視したらいいよ、あと少しだから春休みまでは園バス使えばいいじゃん。私子がバス好きだし」と言われてしまった。女性の諍いには疎いので…


          レオ, 動物, サバンナ, 雌ライオン, サファリ, 野生, 自然, 夏 

    389: 1/3 2013/07/31 09:44:29 ID:oeVEpE9Q
    まとめスレとか読んでて「こんなやついんのかよw」って思ってたがついに遭遇した。 

    当方既婚小梨。最近とてもフルーツが食べたい。 
    スーパーに行ってパイン・桃・ぶどう・スイカを買い込んだ。 
    我ながら買いすぎwと思いながら会計を済ませ店の外に出たとたんセコ登場。 
    ぱっと見40代突入しました?くらいの普通のおばさん。 
    「そんなたくさんの果物食べれないでしょ~うち子供たくさんいるから貰ってあげる!」 
    とどこかで見たようなセリフ。テンプレでもあんの? 
    私もまとめサイトを見てイメトレしてたので「何で?」「どうして?」と応戦。 
    しかしセコ引き下がらない。段々イライラしてくるのが目に見えるセコ。 

    続きます

    363 :キチママまとめちゃんねる 2007/02/02(金) 13:00:41 ID:col5XytB
    去年の夏の話。
    学校から帰ってると前から腕に刺青かシールかわからないけど入れた怖そうなデブDQNが3人ほど歩いてきてた。
    私はデブで怖い人はとにかくダメであと100メートルも歩けば家につくので目をそらしてやり過ごそうとした。
    それなのに緊張して自分のひざで通学かばんを蹴ってしまいかばんがDQNのヒザにあたってしまった。
    すみませんと言って逃げようとするも、DQNどもに絡まれてしまい、固まる私。

    正直泣きそうなのにDQNどもはかなりしつこく絡んできて刺青を見せながらすごんでくる。
    私の学校の周りは意外と人通りがすくないし、今日は休みであまり部活もないので誰もこない。

    「こんにちは、お世話になっております」いきなり誰かの声が聞こえた。
    顔をあげてみると線は細いがナイフのように鋭そうな男がいる。DQNのパシリまで加勢かと思いさらにパニックに。
    怖くてたまらない。
    「なんだてめえ?」DQNが言い終わるかしないうちに殴り飛ばされ倒れるDQN。
    他のDQNがその男を殴りかかろうとしたところ、男は昔のヤンキー映画で見たようペチャンコのかばんの代わりに大学のクラッチバッグで防ぐ。
    そして無口のまま殴りかえしていた。DQNどもはほとんど顔から血をだしていてすぐに逃げていった。

    私はパニックになっていたのでろくにお礼もできないまま、何か言いたげな男から逃げるようにその場を去り少しコンビニで落ち着いてから帰宅した。
    すると家にあの男がリビングで母としゃべっている。状況の飲み込めない私。
    この人はいったいだれ?と思いながらドアの前に立っていると、母が気づいて私に説明する。
    「先週からゆう(弟)のために来てくれてる家庭教師の先生よ。優秀だけど元ヤンだから怖がるかと思ってあんたには黙っといたの。」

    あとで聞いた話リビングにあった私と弟の写真を見ていて私だと気づいたらしい。
    弟も大分厳しく指導されて、よく泣いていたみたいですが、成績も急上昇して無事に昨日の入試で弟は難関中学に受かりそうです。

    166 :キチママまとめちゃんねる 2016/10/25(火) 01:42:54 ID:Q8H
    昔、これから大雨が来るかもということで学校から早めに帰宅したことがあった。
    家に帰り、リビングに入ろうとすると、ドアのすりガラスの向こうで、人影が二つ、変な動きをしていた。
    さらにそこから母の苦しそうな声が聞こえる。

    当時小学3年生、暇なときには「授業中に悪い人が入ってきたら…」の妄想をしていた私は、
    足音を忍ばせて、庭のホースを持って静かにリビング前に戻った。
    そして一気にドアを開け、「はなれろおおおお」と叫びながら放水。
    ちなみにこの時、ホースのヘッドで一番勢いの強いものを選んでて、水源は最大開放。
    ものすごい勢いの水で、母からもうひとつの人影を引き離すことに成功した。
    私は心の中で、「今の私…すごくかっこいい!!!」と自分に酔いしれていた。

    結論から言うと、私が撃退したのは父だった。
    父からは「家に変な人がいると思ったら撃退する前に警察に電話しなさい」と怒られ、
    母からは「助けようとしてくれたのは嬉しいけど、部屋水浸し…」と言われた。
    その後父の体にはあざが出来始めるし、一番放水の被害が激しかったソファは粗大ゴミとなった。
    こうして私は「何事も行動する前に、どういう結果になるか考える」ことを学んだ。

    でも今思うと両親は…うん、当時の私が気づかなくてよかった。

    このページのトップヘ