披露宴

    420 :キチママまとめちゃんねる 2017/06/26(月) 12:36:55 ID:f4Ua4C7b.net
    「私は見た」じゃなくて友人の話だけど

    司会業をしてる友人が、同じコミュニティの友人に人前式~披露宴の司会を頼まれたらしいんだけど
    飲まず食わずで5時間とか働いたあと「お礼です」って受け取ったのが新郎新婦の顔写真入りの皿2枚のみ。
    式場は新幹線の距離で、打ち合わせのために何回も行ってるのにその交通費すらもらえてないらしい。

    私は新婦とSNSで繋がってるんですが、
    本人の投稿によると指輪とかケーキとか色んなものを周りの人に作ってもらってて、本人は少なくともお色直しを3回はしてるんで、
    程よくスレに毒されている自分からすると不幸だった人はまだまだいるんじゃないかと思う


    af97b6bc34e54f6417608e06699fe82b_t
    783: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/09(水) 10:50:28.08
    私が結婚するとき、披露宴を挙げる事に大反対だったトメ。 
    「良い歳して(当時30歳)」とか「見栄っ張り」とか、うちの親の悪口まで言われた。 
    私以上に夫が怒ってくれて、トメだけ外して披露宴を挙げようか?と言ってくれたが 
    元々私自身は、披露宴を挙げる希望は1ミリも無かったので(形式的な事に煩いという 
    彼の両親のために挙げなきゃねって流れだった)披露宴を挙げずに入籍した。 
    義実家とは疎遠なままだったけど、最近コトメの結婚が決まった。 
    コトメはもう30歳半ば。披露宴なんか面倒だから挙げない、新婚旅行代わりの 
    海外旅行で二人だけで結婚式を挙げると言っている。 
    トメは夫に「一生に一度の事なんだから国内でちゃんと親戚を呼んで、披露宴を 
    挙げる様に説得してくれ」と泣きついて来たけど、夫は過去の発言を思い出させ、 
    自業自得だと言ってくれた。 
    コトメも、あの時は兄嫁さんにあんな事言ってたじゃない?あの時の兄嫁さんより 
    私の方が年上だから、もっと恥ずかしいんでしょ?と言ってるらしい。 
    先日、とうとう観念したのか、トメから私に電話があって、 
    申し訳有りませんでした!(←あまり反省している風ではない) 
    お願いだから、あなたからコトメちゃんに話してやって。 
    あなたも娘が産まれて母親になったんだから、私の気持ちも解るでしょ? 
    と言われたので 
    「あの時の私の母親の残念な気持ちはすごく理解できます。」 
    って答えたら、ガチャ切りされた。 
    本当はうちの母は、「披露宴?無駄無駄」って感じだったんだけどね。 
    今までトメに何か言われる度に、夫、コトメ、ウトが私よりも先に言い返して 
    くれてたので、私の出る幕無かったんだ。 
    初めて自分でトメに言い返す事が出来て、スッキリした。


    bf3b1725d80772b696bd83c598f4bd5b_t
    187: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/23 15:23:59 ID:dsl7SMsb
    披露宴で小学校行くか行かないかくらいの歳の子供が騒ぎ出して、 
    それを「こらこら、だめよ~」程度にしか怒らなかった馬鹿母がいた 
    当然子供の声はエスカレートして、「帰りたいぃー!」と言い出す始末 
    その子供は会場内を走り回って他の招待客にぶつかったりしていたので、 
    既に会場全体がイライラしているのが分かっていた 

    その時、ちょうどマイクの前にいた司会(新婦の友人)が 
    「今『帰りたい』と仰ったお子さんのお母様、どうぞお帰りになって下さって結構です」と 
    にっこり笑って手のひらで出口の方を指し示した 
    馬鹿母は無視して動こうとしなかったが、司会は無表情になって 
    「そちらの席の、○○色のドレスをお召しになった××様(フルネームだった)。 
    他のお客様の ご 迷 惑 になりますので、どうぞお引き取り下さいませ」と 
    はっきり言ったw 
    思いっきり名指しされ、知らん振りしていた馬鹿母もこれにはたまらず 
    子供を引っ張りながら顔を赤くして出て行ったよ 

    その後司会の人は拍手されたけど慣れた感じで笑って一礼するだけだったので 
    そういう仕事をやってた人だったのかな?

    364 :キチママまとめちゃんねる 2017/06/07(水) 23:22:18 ID:Yn8qns2z.net
    何年も前、新郎新婦の同期として出た時の話。
    披露宴が進む中、だんだん不機嫌になる新郎。
    ケーキカットもむすっとしたまま。お色直しの退場時には新婦のペースを無視して歩いて、転びかける新婦。新郎は呆れたように顔をそらすだけ。
    どんどんおかしくなる会場の雰囲気。新郎新婦が退場した途端、いろんなテーブルから動揺の声。

    結局最後まで新郎の機嫌は悪く、その隣で気づいているだろうに気丈に振る舞う新婦が少しだけ可哀想に思えた。
    司会者の声だけが白々しいくらい響く会場で、ずっと心臓がバクバクして、ずっと寒気がしていた。

    後からわかった不機嫌の理由。なんと新郎、新婦友人に一目惚れをしていた。
    新婦友人は石原さ○み系のものすごい美人で、新婦は確かにどちらかというと地味め。
    その差に「萎えてしまった」らしい。それであの態度。
    この話を新郎本人がするもんから手におえない。引いた。

    あの披露宴の寒々しい雰囲気は一生忘れない。
    紛れもない最悪だった。ご祝儀返してくれ。

    このページのトップヘ