復讐

    176 :キチママまとめちゃんねる 2012/10/04(木) 03:28:07 O
    トメに階段から突き落とされて流産した

    悲しくて悔しくて、それでも頑張ろうって決めて帰ったら「お前のせいで孫がタヒんだ。だからお前もタヒね」と突き飛ばされた
    その後記憶が飛び、気がついたら旦那が私を羽交い締めにしてた
    トメは鼻と頭から血を出してた。私の手には髪がゴッソリとあった


    旦那が泣きながら無理矢理でも別居すれば良かったって言ったけど、孫が出来れば大丈夫だよなんて甘く見てた私のせいだ
    それでも、我が子がタヒんだのはトメのせい

    引越しした日、浴室にリンスを垂らしてきたら、見事に転んで腰の骨を折った

    やりすぎかな?出来れば杀殳したかったよ

    420 :キチママまとめちゃんねる 2020/07/08(水) 05:27:12 ID:nV.uf.L1
    数ヶ月前に父が亡くなった。
    現実は忙しないもので、父が亡くなった5日後には土地家屋の在り方(固定資産税)だのという話が役所から来た。
    兄と私は喪失感の中で務めて動いていたが、その中で父の隠し子登場。
    籍には入ってないが父の実子を証明する捺印書類持参。男性2人に女性1人。年齢から言って両家族とも同時進行。
    母は夫(父)を亡くして失意のどん底。
    隠し子さん達は「今まで日陰の身だった母(愛人)と俺達(隠し子)へ責任を取れ」という。

    それまで快活な尊敬する父だった。
    でも今は下半身の後始末を子世代に放り投げる下半身男に成り下がった。

    責任も何もこちらも騙せれてたんですけど。

    話し合いの末、父の遺骨は無縁仏に納める事になった。
    それが貴方の行く末だよ。

    771 :キチママまとめちゃんねる 2011/07/19(火) 14:39:00 ID:pmp7EphnO
    友人のやった復讐。許可でたので書きます。結構DQNです。

    友人は立ち会い出産をしました。
    ・妊娠中、出産が怖いという友人に「みんな産んでるんだから」と不安な気持ちを聞いてくれない。
    ・破水し旦那に連絡をすると旦那は飲み会中。「20分でいくから先に病院行ってて」といわれ友人は一人で病院へ。
    ・陣痛に耐えながら旦那を待つこと3時間。やっときた旦那は泥酔。酒臭い。
    ・陣痛が長くがんばっている友人に向かって「まだかかるでしょ?ひまだからブック●フいっていい?」
    ・また2時間帰ってこない。
    ・無事出産を終えた瞬間赤ちゃんをみてねぎらいの言葉すらなく「うわ、キモ!グロ!」


    それから五年。そんな友人旦那に友人がした復讐。
    友人旦那が入院し手術することに。
    成功率のかなり高い手術だが、やっぱり気弱になる友人旦那に「手術くらいみんなするんだから」と言って不安な気持ちは一切聞かない。
    いざ手術の日。旦那の元に酔っ払ったフリして登場。旦那激怒。
    手術室に運ばれるストレッチャー?の上に寝ている旦那に向かって

    「時間かかるでしょ?子供と遊園地行ってくるわw」

    といって颯爽と退室。旦那が泣き叫ぶ声を背中に聞いて遊園地へ。
    手術後旦那に離婚を切り出されたらしく華麗に離婚用紙に記入。その日のうちに区役所に出して来たそうです。
    友人曰く、手術すると言ったときの旦那の様子が出産時の自分にかぶって思えた。
    あの時は動転してなあなあになったけど思い返したらどうしても許せなかった。
    私と同じ事をされてきちんと謝ってくれれば許したけど、最後のチャンスも棒にふったから離婚した。と言っていました。

    ちなみに友人夫婦は友人父名義の家に住み、友人旦那は友人父の会社の社員。
    離婚時に会社もクビ(使えなかったけど友人の夫ということで雇ってもらっていたらしい)
    国産高級車も友人父名義。ちなみに結婚式、新婚旅行も友人実家もち。

    逆玉の輿だった友人旦那。職も家も自慢の車もなくして病気かかえてどうするのかね。
    一応出産後の五年間は夫婦仲も悪くはなかった。でも心の蟠りがずっと残ってたんだろうね。相手にされていやな事は絶対してはいけない典型的な話だと思う。

    871 :キチママまとめちゃんねる 2013/06/24(月) 09:52:20 ID:VBUeUTaK0
    高校時代いじめに遭ってた
    自分的にはちょっと過激なコミュニケーションだろうと思ってたが、進学先で思い出話として語ったら聞いてたゼミの教授まで真剣な顔で慰謝料を取れるレベルだとか言われてようやく自覚したのは我ながら間抜けだったと思う
    ちょっと青あざになるほど殴られたとかプール授業で溺れさせられて救急車に乗ったとか笑って言えた自分のバカっぷりが恐ろしい
    大学卒業後地元に戻って働いてたら、いじめの首謀者だった奴の親と名のる方から電話があり
    「息子が事故で記憶喪失になった、高校の頃まではぼんやりと思い出せるのでその頃の知人に思い出を語ってもらえれば記憶が鮮明になるかもしれないので会ってやってくれないか」との事
    正直新人でてんてこ舞いしてるしそいつのためとか冗談じゃないとか思ったが、そこで復讐のチャンスだ!とか思いなおして快諾

    当日病室で親御さんに「何を言われても絶対に止めない、ただし俺は暴力を振るわない(振るったら即通報可)」で念書を書かせた
    いぶかる相手を「社会人になったんで、一筆貰うとか憧れてたんですよ(笑)」とか満面の笑みで押し切った
    で、こちらがわからない首謀者に向かって延々といじめをされたことへの恨みつらみを明るい口調で語り続けた
    本人は俺を階段から突き落として今も片足に障/害が残ってる話がいたく琴線に触れたようで、懸命に親に救いを求める視線を投げるがこちらはにっこり笑って話継続
    親御さんも度々止めかけるが、念書をピラピラ振って黙らせた
    会話の感触からして途中から記憶が戻った(もしくは記憶喪失自体が軽度か詐病)ようだったが、延々と続く過去の悪行暴露(こちらが被害意識がなかったから親も学校も知らなかった筈)
    あとで知ったが思い出話の語り合いに応じたのは俺だけという自身のぼっちぶり
    そして親バレ世間バレした悪行の数々から逃げるように、そのままノイローゼか何かを発症して今も病院にいる
    親御さんもいたたまれなくなってか地元から逃走

    結局慰謝料は勿論のこと(これは面会の後で言われたが面倒なので拒否した)その日休んだ分の補償や交通費ももらえなかった(こっちは欲しかったw)けど俺的には長い便秘のクソが出たかのようにスッキリした話
    乱文失礼しました

    795 :キチママまとめちゃんねる 2016/05/01(日) 11:34:31 ID:dLxWkkVh.net
    どこかに吐き出したいなと思ってスレ探してたらこのスレ発見したので書かせてもらうわ
    いじめの恨みってどれくらい根深いんだろうなと考えさせられた話

    親戚の20代の娘さんが病気でお亡くなりになったのでその葬式に行ってきた
    以前見かけたことがあるが、明るく礼儀正しく年上に好かれるタイプのお嬢さん(しかも美人)って印象の子だった
    そんな忄生格だからか葬式にも友達と思われる女忄生が大勢来ていた

    娘父がスピーチで「娘は誰にでも好かれるいい子だった」「良い友達にも恵まれ幸せだった」
    しみじみ話してる時にそこに近付いていく女忄生(娘と同い年くらい)が1人
    その女忄生が父親の横に立つといきなり
    「私、○○○○○(娘のフルネーム)さんに苛められてたんですよね」と言い始めた
    ぽかーんとして誰も何も言えない中でその女忄生は色々話し始めた

    うろ覚えだが要約すると
    「私は高校時代に娘さんにいじめられていた
    苛められた理由はよく1人でいるとか男子から人気があったとかそういうくだらない理由
    いじめの内容は一日中大声で悪口を言われるのをはじめ登下校時にぶつかって転ばされたり
    砂や雑巾を投げつけられたりその程度だったが今でも鮮明に思い出せる
    娘さんは人に取り入るのが上手く取り巻きも多かったためそんな行為も特に咎められていなかった」

    176 :キチママまとめちゃんねる 2012/10/04(木) 03:28:07 O
    トメに階段から突き落とされて流産した

    悲しくて悔しくて、それでも頑張ろうって決めて帰ったら「お前のせいで孫がタヒんだ。だからお前もタヒね」と突き飛ばされた
    その後記憶が飛び、気がついたら旦那が私を羽交い締めにしてた
    トメは鼻と頭から血を出してた。私の手には髪がゴッソリとあった


    旦那が泣きながら無理矢理でも別居すれば良かったって言ったけど、孫が出来れば大丈夫だよなんて甘く見てた私のせいだ
    それでも、我が子がタヒんだのはトメのせい

    引越しした日、浴室にリンスを垂らしてきたら、見事に転んで腰の骨を折った

    やりすぎかな?出来れば杀殳したかったよ

    152 :キチママまとめちゃんねる 2013/08/24(土) 22:22:37 ID:r9kKxOrF
    月曜日、学校へ行き教室に入り自分の机に座ったら
    いきなりランドセルで後頭部を叩かれた。
    A子が「藤子不二子」と何か叫びながら、何度も思いっきり叩かれた。
    で、気づいたら病院のベットの上だった。

    前日の日曜日、床屋へ行ったのだが、そこの親父さんとの会話
    床:名無し君、大きくなったらウチ(床屋)に来ないか?
    A子と結婚して、ウチに婿へ入り、俺の跡を継がないか?
    俺:だが断る
    床:何で?
    俺:床屋って日曜日休まないで働くでしょ。それが嫌

    こんな会話を、夕飯時この話を親父さんがA子に話した。
    ところがそれでA子が
    「自分がふられた」(付き合っても無いけど)
    「父親の床屋を馬廘にされた」
    って感じで怒り、月曜朝の復讐?に繋がった。

    俺は頭の怪我と顔面強打&鼻血で血だらけになったレベルで済んだが
    俺より周りの友達が修羅場だったろうな

    776 :キチママまとめちゃんねる 2012/03/13(火) 19:52:48 0
    Aさんが子供を妊娠したときトメが「男の子じゃないから」という理由でAさんを流産させた。
    絶縁してしばらくは静かに暮らしてたんだけど、どうしても許せずAさんがトメとシャベル、シートを車に乗せて山に向かってしまった。
    泣きながら謝るトメにAさんは罵倒しまくった。 山に着いて車を止めた時にA旦那さんから電話。
    「料理作ったから早く帰ってきて(旦那さんは料理できない、しない)」 「○○(A夫妻の息子さん)も手伝ったんだ」
    後ろで息子さんの「僕も手伝ったんだよー!!」「ママに代わってー!」 「パパばっかりズルイー!」という声も聞こえてきて大泣きしながら家に帰った。 (トメは義実家近くで放置)
    家に帰ると二人が出迎えてくれて、テーブルには黄身が潰れた目玉焼きに、すごく甘くて焦げてる形が変な玉子焼き、ぼろぼろになったじゃがいもと硬いにんじんのカレー、ケーキなどがあってAさん大号泣。
    自分が今日やってしまったことを話して三人で泣きながら夕飯を食べたらしい。
    トメはAさんが復讐にくるかもと怯えて暮らし、最後にはボケて施設行きになったそうです。

    770 :キチママまとめちゃんねる 2009/05/09(土) 01:42:37 ID:hzBNVIYkO
    悲惨なGWになりました。

    彼女とデートしました。
    ああ幸せさ。けどね、道端でやたらガタイのいい野郎が道塞いだんです。
    何かわからないままいきなり俺殴られました。ええまあフルボッコですよ。
    交番が近くにあったのが救い。お巡りさん駆けつけて野郎逃走。ついでに彼女もいない。
    何が何だかさっぱり。お巡りさんに話して家帰ると玄関前に彼女いるし。
    「何で帰ったの?」と聞いたら「まさかあんなとこであんな怖い人と会うとは思わなかった。怖くて逃げ帰った」と。
    何かおかしいです。交番あったのに。そんなにチキンだったっけこの女?
    そして彼女お帰り。意味不明。
    翌日会おうとしたら断られた。何なんだ?
    嫌な予感満載で独りで買い物いきました。顔痛いんで鎮痛剤でも買おうかと。そしたらね、彼女いたんです。昨日の怖い人と。
    向こうも気づいてね。野郎が来ました。「てめえちょっとツラ貸せ」とね。
    人通り少ない道で言われました。「いつまで俺の女に付きまとうんだ?まだ殴られ足りないか?」
    俺答えたんです。「あのですね、俺彼女と付き合っているんですが、今ここで彼女にちゃんと色々聞きたいんです。殴るならその後でお願いしたいんですが?」

    928 :キチママまとめちゃんねる 2015/03/09(月) 03:49:35 ID:HZTnFG8o.net
    付き合って何年か経った時、浮気された
    良くわからないけど、私が将来に向けて色々前進してたのが嫌だったらしい
    出会い/系で知り合った女と、私が体調不良で病院に行ってる最中に会ってた
    でも実は私もしてたんだ、オッサンと
    だって会ってたことに加え喧嘩の度に「お前なんか要らない、頼むから俺の目の前から消えてくれ」なんて言われて、殴られてたら自暴自棄にもなるよ
    出会い/系で知り合った何人かと会った
    お金ももらった
    その中の1人が私の話を聞いて、「もうこんな事はするな」って言ってくれて、やめられた
    まぁやめたあとも、彼の方はまた出会い/系で知り合った女と最後まできっちりやってた
    私は何食わぬ顔で彼を責めた
    彼や女に対して些細な復讐もした
    色々ありましたが、それからは謝罪もあったし、手をあげることもなく大切にしてくれるようになりました
    今は結婚して子どももいます
    ごめんなさい

    このページのトップヘ