大阪


    ca84a0e8d02797ad388573ab1013965e_t
    634: 名無しの心子知らず 2011/07/31 23:38:00 ID:3n0Oxc1v
    横槍ですが、汚い茶髪と、プリン、金髪でまともな人見たことないよ! 
    今日、DQNの街で有名なとこで盆踊りがありママ友に誘われ 
    子供連れて行ったら、まぁ絵に描いたような頭悪そーな親子いっぱい 

    ベビーカーに小学生位の子が乗っかって、それを小学生の友達が 
    盆踊り最中の人 
    めがけ力いっぱい押してんの 

    隣には、バカ親三名ビール片手にタバコプカプカ… 

    女の子だからか、ギリギリ盆踊りの人達には当たらなかったんだけど 

    それをもう一度やったわけ 
    危な!って思った時に、おいコラ!!!って 
    ベビーカーをがっと掴んで止めて 

    女の子二人に説教してる、三人子供連れた美人の人がいた 

    女の子目が点 
    母親シカト 

    なんかすごいなぁって思った。 

    その美人さん、黒髪ロングゆる巻き上品に見えて 
    めちゃくちゃ口悪くてバカ親に 

    おめぇんちのガキが関係ない人に危害加えようとしてんのに シカトぶっこいてんじゃねよコラァッタヒね!とか言ってた 

    母親達、それでもシカト… 
    このまちには住めないと思いました。


    6b1a4705c18dc80717bac04b87b6ddeb_t
    80: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/20 13:52:17 ID:4S1fagkd
    先週のお昼どきのこと。 
    JR大阪駅で、明らかに戸惑っている年配の女性を見つけてしまい 
    「もしかして駅の名前が見えにくいですか?どこまで行かれますのん?」 
    って訊いたら放出(はなてん)だと言う。読めなかったらしい。 
    京橋駅まで行って片町線に乗り換えて2駅めですよって説明したけど 
    いまいちわからないみたいで(しかも片町線には学研都市線という別名もある) 
    私は天満駅で降りるので、電車に乗ってすぐ 
    「すいませーん、誰か京橋駅で片町線に乗り換える方いませんかー? 
    こちらの奥さんを案内してあげて欲しいんですけどー」 
    って呼びかけたら、「あー、俺行けますわ」って20歳くらいの男性が手をあげてくれた。 
    それでちょっと雑談して電車降りた。おりる前に深々と頭下げてくれて恐縮した。 
    あの満員電車内で呼びかけるのには勇気が要ったけど、 
    言わなかったらスーッとできなかったと思う。私頑張った!


    57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31_t
    604: 名無しの心子知らず 2009/09/20 07:35:12 ID:D//+fuSS
    昨日、大阪の「大きな日本」にある大型SCでのこと。 
    娘とダンナがゲームコーナーの片隅にある小さいアンパンマンの飛行機みたいな 
    メリーに乗ろうとしたら、いきなりエラー警告が鳴ったらしい。(私買い物中) 
    私が行った時には、メリーに乗るための階段の下に見知らぬ2歳前後の子がひとり。 
    聞けば、警告音はその子がダンナと娘が乗ったメリーのレールに侵入したためで 
    (飛行機は子どもの頭をかする程度の空中を飛ぶ)緊急停止音だったそうだ。 
    でも、階段下で乗りたそうにしてるその男の子のママは周囲には見当たらず 
    店員を呼び、身元確認のために彼が背負ってたリュックの中身を見ると 
    そこにはおかしと500mlのペットボトル、おむつ、着替えが入ってた。 
    当然子どもには重たい量・・・道理で姿勢のいい子だと思ったわww 
    結局店員が引き受けて店内放送してたが、しばらくの間放送が一定間隔で鳴ってた。 

    で、買い物が無事に済んで帰りがけ、またそのゲームコーナー前を通った私たち。 
    ちょうどその店員が目の前にいたんで「親は見つかった?」と何気なく聞いたら 
    あれから30?40分後に出てきたそうだ。親がいうには 
    「フードコート(隣)で食事してて、勝手に遊びに行ったんだから 
    遊ばせておいてくれたらいいのに!」だったそうだ。 
    店員のお兄ちゃん、まだ18くらいの若い子だったけど 
    「絶対自分たちが食べ終わったから出てきたんですよ!あの親!」と憤慨してた。 
    守秘義務云々は別にして、愚痴りたかったんだろうな、あのチビさんウ●チ臭かったもの。


    752611b13dc3f9ba1dc83073fcb71dec_t
    294: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24 21:09:26 ID:5Gi4N0hr
     俺の武勇伝と言うより友人がしてくれたスーッとした出来事。 


    その友人が久しぶりに大阪に遊びに来たので、観光ついでに大阪でんでんタウンへと行った時の話。 
     パソコンやらおもちゃ、そして看板屋に什器屋などを楽しく見て回り、そろそろお腹が空いたなと適当な店を探していると 
    前からいかにも、といった感じのDQN三人が参上、そのニヤついたいやらしい視線は明らかにこちらへ向けてロックオンしていてて嫌な感じ。 

     まぁ、彼らが目をつけるのも無理もありません、 
    何せその時の俺は背は高くとも痩せ型のヒョロイ男で、そして友人もまた如何見ても体重90オーバーのデブオタにしか見えません。 
    彼らにしてみれば、鴨がネギを背負ってやって来た、といった所でしょうか。 
    十中八九、俺達の財布を奪うついでにストレス発散をするのが目的でしょう。 

     そして予想通り「おい其処のデブ、汗くせえんだよ」と絡んでくるDQNたち。 
    俺は兎も角、友人に絡むなんて止せばいいのに、と考える俺をよそに、DQNの一人が友人の胸倉を掴みにかかります。 
     その次の瞬間 

     バ チ ン 

     通りに響き渡るとても良い音。吹き飛ぶDQN、 
    友人が何も言うこと無く放った平手打ちによる物でした。 
    他のDQN二人は一瞬、何が起きたのか理解できず唖然とした後、 
    倒れてる仲間を助け起こすこともせず「てめぇ何しやがった!」と友人に掴みかかります。 

     バ チ ン 
        バ チ ン 

    再度響く良い音、そして先ほどの仲間と同じく平手打ち一発で吹き飛ぶDQN二人。 
    その時の友人の表情はどういうものだったかは、あいにく俺には吹き飛んだDQNの方を見ていてた所為で分からなかったのですが 
    吹き飛ばされたDQNが尻餅をついた体勢のまま、怯え混じりの視線を友人へ向けていた所から見て、さながら仁王か不動明王の様な顔をしていたことでしょう。 
    程なく、DQN達は「お、覚えてろよッ!」などとありきたりな捨て台詞を残してそそくさと逃げ去っていきました。


    9e3d328434cdae210332f7f913240d4f_t
    298: 名無しさん@HOME 2012/02/06 22:56:08
    豚切り 

    私宛の郵便物を勝手に開封するトメ 
    何度〆ても聞かない 
    「犯罪ですよ」と言ったら、「じゃあ訴えればぁ?」とニヤニヤしてるので 

    「こんなこと言いたくないですけどね… 
    私、大阪生まれの大阪育ちなんですよ 
    だから知ってるんですよねー、橋下徹さん(テレビで)。あのあたりに住んでたもんで。 
    トメさんが本気で言うのなら私、お願いしちゃってもいいんですよ?(お空に) 
    まぁ今のところ保留にしてあげますけどね 
    私もこんな下らないことでご迷惑かけたくないんで!」 

    と言ってみたら、ゴニョゴニョ言いながら退散していった 


    ()内を言わなかったのがDQN 
    あと本当は言ってみたかったのに言いたくなかったふりしたのもDQN


    d34429374ff6667f12992e0076017835_t
    374: 名無しの心子知らず 2012/08/29 06:28:37 ID:ou6+217L
    20年以上前大阪の祖父が亡くなって両親と私が葬儀で大阪に行った。 
    兄は大学の中間試験期間に入るため家に残った。 
    夜10時ぐらいに兄が2階で勉強中、下で雨戸がガタガタしたのでそっと上からのぞくと 
    人の気配がして雨戸を動かしているようだった。 
    兄は2階の電話で110番通報して数分後パトカーがきて捕まえると、 
    兄の小中学校の時の同級生の母親だった。 
    どうやら新聞のタヒ亡欄を見てうちの家族全員大阪行ったって思って 
    泥棒に入ろうとしたようだったけどまさか兄がいるとは思わなかったらしい。 
    その泥母は未遂だったが聴取されて釈放されたけど家族&実家から見放されて 
    どこかに行ってしまった。 
    ときどき新聞のタヒ亡欄に載っているのを見て葬儀の時間に泥棒に入られた記事を 
    みるけど、現実にあると怖いです。 

    泥母は兄と泥母息子が小学生の時になにかの拍子で祖父のことを知ったらしく、 
    新聞で名前をみて思いだして泥棒に入ろうとしたのが動機そうです。

    このページのトップヘ