同窓会


    1caa795ff0d52d9acc3ce400d724c5c7_t
    85: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/19 23:13:27 ID:ZrjbdTW7
    スカッとするかは微妙ですが個人的にはスカッとしました、私には関係ないですが、居酒屋での話です 
    私が居酒屋で一人飲んでいたらある席で若い方々がプチ同窓会みたいなものを開いていました 
    8人くらいいまして、皆それぞれ自信にあふれていて格好良い服を着ている中で一人だけちょっと浮いてる、どこか子供っぽいけど綺麗な顔立ちの青年がいました 
    周りは「仕事が大変」「お前は楽で良いよな」と話していまして、どうやらその青年は無職らしく、周りは皆働いている構図でした 
    ストレスからか周囲は和やかさから、如何に仕事が大変で、青年が無能と責める流れになっていましたが 
    青年は何を言われても気にしてない様子で、それが彼らに腹を立たせたのか段々口調は乱雑になり 
    「働いていないお前はクズだ」「将来を考えろ」「まともな人生歩めない」との罵倒になっていきました 
    そして次に話は女性関連に移り「働いていないお前には良い女は来ない」と断言し、スマホを取り出し彼女の写真を見せ付けていました 
    私は真面目に働いているのですが独身で悲しくはなりましたが、彼らは盛り上がり、青年を貶し倒していましたが


    edd04dff56b685b884d678a749efd194_t
    84: 名無しの心子知らず 2012/08/24 19:51:21 ID:nZm/+7dm
    小学校の同級生にませてると思ったら実は色キチだった子がいた 
    後から知ったがその子の母親も色キチだったそうな 
    同級生は高校まで一緒だったが途中で退学した 
    この間同窓会に娘を連れて来てた 
    娘も幼稚園くらいなのに色キチの素質見せてて怖かった 
    遺伝っつか似るんだな…

    124 :キチママまとめちゃんねる 2017/03/02(木) 09:59:15 ID:Uwq
    高校生の時、同級生Aが病気で車椅子が必要な身体になり
    それまで全国クラスの実力があったあるスポーツも諦めざるを得なくなった
    そしたら同級生Bが何を勘違いしたのか
    Aは障害者→一生他人の世話になって生きていく→いくら馬鹿にしてもいい
    という謎の脳内変換で突如はっちゃけ、何かとAをpgrしまくるようになった
    「そんな身体になっちゃって将来どうすんの?障害者年金もらえんの?」とか
    「(やめたスポーツ)に青春賭けてたのに残酷だよな~やっぱまだ未練ある?戻りたい?」とか
    とにかく聞いてるだけでこっちまで不快になるような嫌味な絡み方だった
    BはAがいない場でも「Aは今まで調子に乗ってたのに今やお荷物」「障害者の面倒を見させられるこのクラスは貧乏くじを引いた」
    みたいなことを言っては周囲の同意を求めていた
    けどAは病気になる前から体育会系の実力者にありがちな俺様なところが少しもなく
    どちらかと言えば控えめで穏やかな性格だったので人望が厚く友人も多かった
    それに校舎は元々バリアフリー対応、Aも少しなら杖で移動できることもあり
    面倒がられるほど他人の手を借りることもなかった
    当然ながらBはあっという間に孤立
    いじめとかをするようなクラスではなかったが皆に自然にスルーされるようになった
    さらにBに追い打ちをかけるようにAの成績がぐんぐん上昇
    元々スポーツをやっていただけにいったん打ち込めば根気や集中力が違うのか
    気が付けば最上位グループに余裕で入り、上位にいたBをあっさり追い抜いた
    それでもBは「Aは同情されて先生に贔屓されてる」
    「入院中は好きなだけ勉強できるから狡い(Aはその頃も時々入院していた)」と
    謎理論を主張し続けAを下に見ることをやめなかった
    結局Aはかなりレベルの高い大学に現役合格
    Bは第一志望に落ちて浪人。しかし翌年も受からず、本人的には不本意な私大に進学したらしい
    で、昨年末に何度目かの同窓会があったんだが初めてBが来た
    Aは今、国家資格を取って名の知れた企業で働いてる
    Bも結構な大企業の社員ということだったので、少しは昔のことを反省してるかと思いきや
    Aの近況を聞いてさっそく「障害者は就活楽勝でうらやましい」「障害者枠っていい制度だよな」と嫌味たらたら
    Aは資格を生かした仕事をしてるし、別に飛んだり跳ねたりする職種じゃないんだから
    進学も就職も順調に行ったのは本人の実力だろう
    人間ってなかなか変わらないなと怒りを通り越して呆れたわ

    このページのトップヘ