匂い

    534 :キチママまとめちゃんねる 2009/04/02(木) 06:17:12 0
    浮気されてた、気付いたきっかけはベット妙な臭いってのかな?自分の臭い以外の
    男の臭いがしたから。
    相手は同じマンションの自営の男だった、自営だから時間が自由になるし
    昼にやって来てはせっせと励んでいたらしい。
    頭に来たけど一時の感情で変に才柔めるのもと考え直し嫁には内緒で証拠集めを
    する事にした、が、そんな時に嫁妊娠が発覚。
    どちらの子か分からんがもしかしたら自分の子か?との思いもありとりあえず
    証拠集めよりも修復出来るか自問自答を繰り返す。
    一ヶ月もしない内に流産、病院に行き励ます、嫁は泣いていたが席を外し戻って
    来た時に見た(嫁は気付いていない)ホッとしたような嬉しそうな顔を見て
    自分の子ではないと確信した。
    んじゃ、そろそろ間男と嫁の前でぶっちゃけるか?と思っていたら間男の不治の病が
    発覚、ステージ4であっという間にあの世に旅立って逝った。
    葬式ではどんな想いなのかは知らんが泣きじゃくっていた、冷たい目でそれを見ていたと思う。
    葬式が済んで落ち着きが出て来た頃嫁が「人生何があるか分からないね、これからは
    2人で仲良くやって行こうね?」と言い出した。
    カッと頭に血が上ったが「冷静になれ!!」と何度も心で繰り返し無言でその場を
    立ち(探偵に頼んであった)証拠を持ち嫁の前に置き「本当に人生何があるか
    分からないな、自分がバツ1になるなんて思わなかったよ」と、意識しながら
    思いっきり低い声で言ってやった。
    その日の内にマンションから追い出し自分も必要な物だけ持ってホテルに行った、
    後は業者に頼み自分の荷物は新しいアパートに嫁の荷物は嫁実家に送らせた。
    嫁は泣きながら嫁親も手を着いて謝っていたが何も聞こえない振りしてそれなりの
    慰謝料もらって別れた。
    後で知人から嫁が不倫に走った理由を聞かされた、
    「せまられて断れなかった」だと、どこまで信じて良いかわからんが馬鹿馬鹿しいとしか思わなかった。
    相手の間男もこの世にはいないし、旦那の事を信じて疑わなかった奥さんに教える
    必要もないから間男側は何も知らないまま、まぁ、あの世であちゃーくらい思っているかも。

    673 :キチママまとめちゃんねる 2009/05/27(水) 13:32:47 ID:8dgIDaG+
    「玄関で」で思い出した話をひとつ・・・

    私が匂いフェチで香水好きの為
    コレクションがてら香水がいっぱい並んでる我が家の玄関。
    我が家に出入りしている保険屋のお姉さんが
    その中のひとつをいたく気に入っていた。

    近くに来たといって、隔週ペースで我が家にきては
    「コレ食べて」とお菓子を玄関で渡して帰っていった。
    でも必ず「今日デートだから貸して~。彼気に入ってるの♪」と言って
    帰りにその香水をふって帰っていた。
    たぶんデートの日に狙って、その為に来てたんだと思う。
    でも毎回シュークリームやら子供の好きそうなものをくれてたし
    私も「またデートのときは遠慮なくきて下さい」とか言っていた。

    ある日、気がつくとその香水が玄関から消えてなくなっていた。
    まさかあの人???とは思ったが、証拠もないし泣き寝入り。


    c723b947e16bc8c9c01727354e5a5207_t
    456: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/08 22:26:58 ID:+jHx3hy+
    数年前の私の武勇伝。 
    ニ、三年前、母がパート先で芹を貰って帰ってきた。 
    芹なんてあなた達見たことないでしょー、ってんで料理する前に袋から出して見せて 
    もらったんだが、母が怪訝な顔してあら?とか言い始めた。 
    どうしたのかと思ったら、芹にあるはずの特有の匂いがしないのだという。私も嗅いで 
    みたが、何の匂いもしない。ほぼ無臭だった。 
    時期はずれだからかなーとか言ってたんだが、そういえば昔、何かで芹によく似た毒草が 
    あるって読んだ気がするなーと思いネットで調べてみた。そしたら出てきた。その名も 
    ずばりドクゼリ。 
    芹と一見すると似ているが、毒性が強く、二三本食べただけで中毒タヒした例もあり、 
    おまけに素手で触っただけで皮膚から毒が吸収される場合もあるという毒草だった。 
    本物の芹と違う特徴はいくつもあるんだが、その中でも最も解りやすい最大の特徴として 
    挙げられていたのが、芹独特の匂いがしないというものだった。 
    大慌てで母の元に知らせに行き、その芹がドクゼリである可能性を伝えた。パソコンの前で 
    ドクゼリの画像と貰ってきた芹を比較してみたらビンゴ、母が貰ってきたのは芹ではなく 
    ドクゼリだった。 
    母以外にも、そのドクゼリを貰って帰ったパート先の人が何人かいたらしく、母が大慌てで 
    貰った人達に連絡して回り、結果ドクゼリは誰かの口に入る前に全て処分された。 
    最悪タヒ人が出るところだったのを未然に防いだと褒められた。雑学好きでよかったなと思った。
    参考画像


    103933


    毒芹

    250px-Cicuta_virosa_-

    このページのトップヘ