冷めた

    15 :キチママまとめちゃんねる 2020/07/10(金) 10:15:06 ID:ei.47.L1
    私も食事繋がりの話
    理不尽冷めかもしれないけど
    水で流し込まないとご飯を食べれない彼に冷めた
    合コンで知り合ってメールのやり取りを重ね、素敵な人だなと思ってお付き合いすることに
    そして初デートのとき、オシャレなカフェで軽食をとった
    食事が運ばれるやいなや店員さんに「お冷のピッチャーください」と言う彼
    私も店員さんも当然「えっ?」となる
    店員さんはそんなこと初めて言われたようで、できるかどうか確認しますと言ってカウンターに戻って行った
    少しして「ピッチャーはお貸しできるほど数がありませんので…」と言いながら恐らくワイン用のデカンタにお水を入れて持って来てくれた(このお店は夜はカフェバーになる)
    私は顔から火が出るほど恥ずかしかった
    「なんでそんなにお水がいるの?そんな事するよりドリンク頼みなよ」と言ったけど
    「俺、水がないとご飯食べれないんだよねwwそのためにドリンク頼んだら3~4杯頼まないといけないしお金勿体無いじゃんwwww」
    とあっけらかんと言い、BLTサンド一つ食べるのにほんとにコップ4杯の水を飲んだ
    私はアイスティーを頼んでいたのでお冷に口を付けてなかったんだけど、のまないなら頂戴とそれも飲んだ
    噛まずに食べるのかと思いきや一口毎にちゃんと普通に咀嚼もしてて、飲み込むときに水を含んで流し込む
    唾液の分泌が少ないんだろうね
    それ自体は気の毒だと思うけど、やっぱり行儀の良いものではないしケチってお冷のピッチャーを求める姿は意地汚いなと思って冷めた
    お店を出てから、ちょっと価値観が合わないみたいだからお付き合いするのやめようと言って別れた
    そんな彼も今は結婚して小学生になる子供もいるらしいので、気にならない人もいるんだな、私の心が狭すぎたのかなと思った

    65 :キチママまとめちゃんねる 2015/10/14(水) 12:54:58 ID:1dk
    結婚数年目に元旦那が職場の後輩から言い寄られ、
    それをなぜだか私に「俺さん素敵ですねーとか言われちゃったよ、
    奥さんいなかったら私がチャレンジするのにィだってよ!」と
    嬉々として報告してきた。
    こっちとしては面白くないけど、
    元旦那曰く「既婚者だって知ってるんだから本気じゃない、
    気心知れた先輩後輩のジョークみたいなもんだよ」と。
    他にも「二人きりで飲みに行きませんかって誘われちゃったよ!」とか
    「お悩み相談受ける為にプライベートのメアド教えたよ!」とか
    会社の行事で元旦那に私が同行した時に私の目の前で二人で腕を組むとかいろいろあった。
    ああいう事はやめさせてほしいと言っても、「ジョークにマジになんなよw」
    「焼き餅焼くなよw」って感じで暖簾に腕押し。
    「職場の人間関係もあるんだからやめてくれとかきつい事は言えない、
    後輩は冗談だって弁えてるし俺もそんなつもりはない」って言い張ってたけど、
    私にはどうしても元旦那が満更でもないって風に見えたし、
    本来なら私の居場所(妻帯同で出なきゃいけない行事で、
    私ではなく後輩が元旦那と腕を組んでる)に彼女がいるのを
    元旦那が許しているようにしか見えなかった。
    そんなこんなで1年ほどが過ぎた時に、とうとう元旦那が一線を越えた。
    こっちはもううんざりして離婚しようって言ったんだけど、
    元旦那はびっくりしてたなぁ。
    私が嫌がるのが自分への愛故で、嫌がる事をされる度に愛情が薄れていってるなんて考えもしなかったみたい。
    「もう無理です、後輩と再婚したら」って言った時、
    「本気で愛してるのはお前だけ、後輩とは物の弾み、後輩もそれは分かってる」って号泣してた。
    後輩とはメールも電話もしなくなり、思わせぶりな態度も全て拒否するようになったけど、
    なぜそれを1年前にしなかったのかと益々冷めた。

    757 :キチママまとめちゃんねる 2020/05/09(土) 01:26:02 ID:l3.0g.L1
    最近20代の頃に付き合った彼氏から連絡が来た。
    その彼とは高校の時に知り合い、そのままお付き合いして大学から社会人へ。
    私も彼も美男美女では無いし、至って普通の男女だった。
    そうは言っても彼は優しいし、真面目だし、一緒にいて楽しかったし、とても幸せだった。
    だから社会人になった時に「このまま結婚するんだろうな」と思った。一片の疑いも迷いも無かった。
    でもある時彼が当時ネットニュースでも掲載された人助けをした。(詳細は省きます)
    それから歯車が狂った。

    それまで至って普通だったはずの彼は事ある毎にその人助けの話をする様になった。
    初めはその行動が表彰され、地元で一躍有名人になったので話題にするのもなるのも自然な事だった。でも一ヶ月二ヶ月三ヶ月経っても会えば必ず話す。
    声をかけた、から、助けなきゃと使命感が、とヒーロー風味を帯びるのも気になった。
    そのうち今まで見たことのないライダースジャケットやブーツを身に着ける様になった。
    肩や肘の部分にパットが入っている様なヤツ。
    「趣味変わったんだね?」と言うと『お前もこういうの着れば?』とピチピチでヘソ出しの服を薦められた。お前と言われたのも初めてだった。
    段々ズレを感じてた頃に彼のお母さんから息子(彼)が最近変じゃないかと相談された。
    その時に自分も困惑してた事もあって「そうですね、なんか今、彼、わかりませんが、無敵感なのか、よくわかりません』と言ったら、彼のお母さんが『息子は誰かに狙われてるの?』とのリアクションを受けて、「彼の無敵感」を自分なりに説明した記憶が今でも鮮明に残ってる。
    それから暫くして彼から「お前つまんないから別れるわ」と明後日の方を見ながら言われ、別れを切り出す手間もなく別れた。

    その元彼がFacebookで申請して来た。
    持ち上がったほっぺの所がピカッと光った某黒光シェフを思い出した。
    彼は進み続け、何処かに向かっているんだろう。知らんけど。

    216 :キチママまとめちゃんねる 2020/09/15(火) 12:06:40 0.net
    彼氏からプロポーズされて指輪は後日見に行こうとネックレスプレゼントされた
    金属アレルギーでアクセサリー付けられないって何度か話したのに
    なんの嫌がらせだこれ

    402 :キチママまとめちゃんねる 2020/07/23(木) 08:47:43 ID:9Z.4p.L2
    注意されて不機嫌になる人って一生そのままなのかな?

    彼氏は何か注意されると直ぐに不贞腐れる。
    今朝も可燃用のゴミ箱にペットボトルを入れようとしたので、
    「それはそこじゃないよ」
    と言ったら不贞腐れてどっか行った。

    近所の公園にお出かけして朝ごはん食べよう!って言ってたのになぁと思いつつ、
    もう慣れてきちゃったので作ったお弁当を1人家で食べていたら、
    非常に機嫌悪そうに帰ってきて「何やってんの!?」だって。
    黙って出かけた彼を、私がお弁当持って謝りながら追いかけるべきだったらしい。
    知らんがな。

    毎度毎度、彼氏の機嫌が直ってから話し合い。
    その度に「自分が悪かった。反省する。もうしない。」と言うけどコレ。
    同棲始めてもうそろそろ2年目だけど、
    一生治らないんだったらもう見切りどきかなって思い始めた。

    644 :キチママまとめちゃんねる 2012/07/02(月) 13:00:36 0
    書きなぐり。フェイクなし。

    別れて1週間後、ロミオってきた元彼
    原因は元彼の浮氣。だけど私も実は別れたかった。
    元彼は、食事するときクチャクチャしたり、歯磨きして
    ぐじゅぐじゅペーする時も洗面台を汚しまくる等、
    だらしないところが多くて、それでも私が少しずつ
    教育していけばいいかなと思っていたのですが、ある日
    私のマンションでテレビを見ながらくつろいでいる時
    元彼が鼻くそをほじってそれを食べた(指を口に入れた)ところを見てしまい
    もうだめだ。と思ったところに浮氣を知った。
    浮氣を知ったのはまったくの偶然で、鼻くそを食べた次の日、
    最寄り駅で元彼と上下スエットの女の子が腕組んで歩いてるところを
    見てしまい、そのまま問い詰めたところあっさり白状した
    その時、元彼は開き直ってお前よりこの子(スエット)のほうが
    かわいいしセンスがいいし相忄生もいいんだよ!と
    スエットのほうも元彼の後ろに少し隠れつつ、ニヤニヤしながら
    こっち見てて(元彼と手をつないだ状態で)すごく気分が悪かった
    前の日の件(鼻くそ)で3分の2くらい気持ちがさめてた私は、
    もういいや、じゃあ別れよう。貸してたお金、今すぐ返して。って言ったら
    ぐじゃぐじゃ文句を言いはじめたけど、あんた自慢の銀行カードで
    借りれるでしょって言ってその場で近くのATMに行ってもらって
    48万返してもらい、元彼のアパートの鍵を渡して別れた。
    (私は元彼の部屋に私物を置いてなかった。私のマンションの鍵は渡してなかった)

    909 :キチママまとめちゃんねる 2020/06/19(金) 11:54:50 ID:fDf
    大好きな人にプロポーズされた
    天にも登る気持ちでOKして、両家の挨拶の席の日を迎えた
    彼の母はちょっと嫌味っぽくて苦手だったけどこんな日だろうし大丈夫だろうと思っていた
    会食が始まって早々、彼の母が書類を出してきた
    それは探偵に調査させた私の素行調査だった
    結婚して親戚になるんだし調査されるのは全く構わない
    でも彼母はその調査結果を見ながら「会社のお昼にカツ丼食べるなんてねぇ~w」とか「帰りにコンビニでチョコ買ってたんですって?ウエディングドレス入るの?ww」ってプライベートなとこを突っ込んできた
    私は普通体型だけど彼の母はものすごく細くてそんな自分を誇ってる感じだからいじって楽しかったんだろう
    でも本気で気持ち悪くてドン引きした
    そしてたったそれだけで彼への気持ちも一気に冷えた

    余談だけど別れるって言ったら大声で泣き出して、どうしようもないから放置して帰ったら彼の母から高給神戸牛が届いた
    添付された手紙読んだらお腹いっぱいにして機嫌直して仲直りしてね(要約)って書いてあってまた引いた
    あんなことしておいてまだもとに戻れると思ってんのか

    124 :キチママまとめちゃんねる 2019/01/11(金) 00:41:24 ID:w22fPEgo.net
    大学で知り合った友人がバイト先からのス㋣ーカー被害に悩まされてずっとその相談にのってた
    相手にはバイト先はもちろん家も連絡先も全部バレてるしひっきりなしにメールと電話が来る
    一度家にプレゼントを持ってこられて留守だったからと郵便受けに突っ込まれるところまでいった

    何度も警察に連絡しろと言ったのに直接何かされたわけじゃないから~と結局行かず
    メールも電話も無視しろと言ったのにわざわざ返事をして相手を付け上がらせる
    バイト先に相談しろと言っても大事にしたくないからとだんまり

    本気で心配して本気でアドバイスしてたのに別の友人と食堂でス㋣ーカー話をギャグにして盛り上がってるのを見て
    ああこの子は怖かったことを単に慰めてもらって笑いに変えて何でもなかったことにしたいだけかとスッと冷めた
    自慢とかマウントじゃなく単に痰ツボにされてたのもなんか余計に冷めた

    新年早々からス㋣ーカー被害が悪化してるLINEが入ってる
    今までやられてたことが事実なだけに流石に事件とかになったら寝覚めが悪いけど本人に何も行動する気がないならどうしようもないわ

    93 :キチママまとめちゃんねる 2009/04/08(水) 19:38:32 ID:U3s1KSH9
    常々私のことをお嬢様だ世間知らずだ天然だと言っていた彼に
    「もっと世界を知った方がいい」と言われ、場末の居酒屋へ連行された。

    奥の席で初対面のオッサン達に囲まれ、下品な話題を振られまくったけど
    彼の懇意にしている店の店主&常連と聞いていたのできつく言う事もできず、
    彼は助けるでもなくニヤニヤしてずっとこっち見ながら飲んでる…
    「ほら、お嬢さんなお前はこういう世界を知らないだろ?」とか言いつつ
    オロオロして俯く私を鑑賞して悦に入ってるみたいな雰囲気。

    頭にきたので、下ネタには下ネタで返し、飲み比べには受けて立つ事にした。
    「アイツ止めて俺にしときな?」と言われれば「いいですね☆乗り換えよっかな☆」と返したり。
    彼はだんだん焦ってきて「ちょ、お前それはさすがに…」とか腰を浮かすも
    「女の子連れて来て放ったらかしにする男は彼氏の資格ない」とか
    「お前みたいなダメ男に彼女とか勿体ないから」などと周囲に説教され涙目。

    結局、「こんな奴等友達じゃない…」「二度と来ない」等ぶつぶつ言いつつ
    一人で酒をあおって潰れた彼を置いて私はタクシーで帰宅。
    (最終的にオッサン達は手を振って見送ってくれた。悪い人でなくて良かった)
    冷められたかもしれないけど、お嬢様とか言われなくなればそれで良いわもう。

    505 :キチママまとめちゃんねる 2012/11/19(月) 10:09:17 ID:B5UuQOiG
    買って帰ったマクドのセットにポテトが入ってなくて、いろいろあって
    店の対応に怒り狂って最終的に店長とエリアマネージャー2人に謝りに来させて
    同棲中の彼女にあきれられて振られた俺が情けなくなるな。

    このページのトップヘ