修羅場

    825 :キチママまとめちゃんねる 2020/01/09(木) 21:58:02 ID:Isa
    年末年始の修羅場。
    昨年大晦日、義実家に帰省した時の事。
    義母が松葉杖をついていた。
    足の親指と人差し指の2本を骨折したそうだ。
    ビックリして「大丈夫ですか!?」と聞いたら「あぁ・・・うん・・・」って
    なんか歯切れの悪い返事。
    そのあと義父がリビングに入ってきて「ちょっと来なさい」と
    私だけを台所に連れて行った。
    「母さんの足、これを落として骨折したんだ」って
    ル・クルーゼの鍋の蓋を指した。
    私、何を言われるのか分かったような気がして黙ってたら
    「こんな重いもの、年寄りに不向きかどうか考えなかったのか」
    って、怒った口調で言われて、思わず「すみません・・・」って謝った。
    そこまで考えが及ばなかったのは悪かったのかも知れないけど
    昨年の義母の誕生日に、義母自身がリクエストしてきたもの。
    結婚2年目、昨年の誕生日は1万円の予算だったし今回もそのつもりだったから
    ずいぶん高いやつリクエストされちゃったなぁって思ったけど
    どうしてもこれが欲しいって言うから、昨年は還暦でもあったし
    そのお祝いを含めて奮発したんだよね。
    ココット・ロンドの24cmのやつ。37000円。
    でもこれリクエストされた時、
    「でもお義母さん、あれすごく重いですけど危なくないですか?大丈夫?」
    って言ったのに、とにかくル・クルーゼがずっと憧れだったとか
    この大きさのが欲しいとか言われて
    「じゃあ気を付けて使って下さいよ」とも言ったはず。
    それでも落として足指骨折してしまったのは仕方がないにしても
    自分がリクエストしたことや、一応注意されたけど押し切ったことは黙ってるみたい。
    このまま私だけが悪いみたいに言われるのも納得いかないし
    「でもこれ、お義母さんにリクエストされた時、反対したんですけど・・・」
    と言ったら食い気味に「言い訳するなっ!!!」って怒鳴られた。
    私、涙目。
    怒鳴り声にビックリした夫がやってきて、
    半泣きの私を見て2階の部屋(夫の部屋だったとこ)に連れて行かれ
    事情を聞かれたので、上に書いたようなことをそのまま伝えた。
    そしたら1階に降りて行って、そのあと義父と夫の怒鳴り合いの声が聞こえた。
    夫は私が思った通りのことを言ってくれてた。
    「嫁は心配して注意したのに、それでも欲しいって言うからプレゼントした。
    なのになに全部嫁のせいみたいにしてんだよ」って。
    それからは大晦日も元旦もお通夜みたいに暗くて、
    2日に私の実家に移動する予定だったけど、元旦に出てきた。
    私たちが腹立ててたのは、そんなんだったらうちで引き取って帰ろうと思ったんだ。
    私だってル・クルーゼ欲しいけど持ってなかったから。
    そしたら怪我した直後に、ちゃっかり義姉が貰って帰ってた。
    卑怯な義母も、こっちの話も聞かずにいきなり怒鳴りつける義父も
    調子のいい義姉も、何もかも嫌になって義実家を出たあと
    「もうやだ。ここには来ない」って思い切って夫に言ったら
    「うん、来なくていい」って言ってくれたから結果オーライなんだけど。
    ・・・でもむかつく。

    595 :キチママまとめちゃんねる 2020/01/21(火) 12:16:14 ID:mJ.4r.L2
    小学生の時、クラスメートの連中が一斉に発狂、教室内がたちまち恐慌状態になったこともあった。

    休み時間中に、教室内で、窓際にいた男子のひとりが
    窓辺に置かれていた花瓶の草花に「変な虫がついてるうう!!」と絶叫したのを皮切りに、

    窓付近にいたクラスメートたちが次々に「ギャーッ!!変な虫がああーっ!!」「やべえーっ、逃げろおおーっ!!」と悲鳴をあげ絶叫し始め、

    誰かが「教室内が変な虫でいっぱいにされるぞおお!!」とか、
    謎の虫侵略論を叫び出し始めた。

    さらに「その花瓶の草花を教室内に持ち込んだ元凶は誰だ!!」「きっと日直じゃね!?」となり、
    その日に日直だったひとりの女の子に暴徒化し発狂したクラスメートたちが一斉に押し寄せ掴みかかり、口々に「お前のせいで教室内が虫に乗っ取られるううう!!」のようなことを口元から泡を吹きながら罵り叫びまくり、

    そして「教室を虫でメチャメチャにした犯人を追い出せーっ!!」みたいなことを言い出して日直の女の子と才柔み合いながら教室の出入口まで日直の女の子を引きずりながら移動し、

    教室の出入口付近で暴徒化した発狂クラスメートたちと日直の女の子とが才柔み合っているところに、
    教室の出入口ドアの引き戸を思いっきり閉めた奴がおり、
    ちょうど校門圧タヒ事件みたいに、発狂したクラスメートの連中が引き戸に挟まれて怪我人が複数出た。

    さすがに教頭などが緊急集会で「窓辺に置かれていた花瓶の草花に虫が来たくらい、普通だ!大騒ぎして怪我人を何人も出すなんてなにごとだ!」みたいな説教をする騒動になったが。

    ただ、時代的に教師たちの説教内容や興味も「同じクラスの女の子を大勢の男子たちで寄ってたかって教室ドアから引きずり出そうとはなんだ!」とか「教室内で騒がない!クラス皆でなかよくできないとはなんだ!」みたいな切り口での説教に終わってしまい、

    突然大勢で発狂したちまち恐慌状態に陥った男子たちが、なぜ、そんな「教室が謎の虫に襲われる!!」などという恐怖心に即座に支配されてしまったのか、その心因、
    たちまち恐慌状態になった男子たちの、精神の異常さ不安定さや脆弱性.へのケアなど、

    男子たちの心理状態の問題の根本的な部分へのアプローチが一切なされなかったので、

    今でも、あの小学生男子花瓶発狂事件の連中の心理は、わからないままだ。

    700 :キチママまとめちゃんねる 2020/01/10(金) 21:33:27 ID:Dj8
    修羅場と言っても物理的な修羅場ではないので箸休め程度と思っていただけたら幸い。
    後、正直ほん怖スレと迷ったけど、個人的には心の修羅場だったのでこちらに。もちろんフェイクあり。

    15年くらい前に働いてたプロバイダのコールセンターでの話。
    一番下っ端だったのにセンタースタッフの対応を伺うアンケートでそこそこ上位だったせいでクレーム担当に回されていた。
    その日も勤務についたら即座に担当クレームが割り当てられて、内容を確認したところ、気分的にうへぇ・・・。となった。
    と、いうのも、当時はようやくADSLが全国普及してブロードバンドが一般的になっていたんだけど、それに合わせてNTTが光回線の普及を図っていたものだから、ネットがつながらないというクレームが頻発していた。
    (知らない人のために簡単に説明すると、ADSLはメタル回線という銅線系回線でないと使えない。なのにNTTは何の計画性.もなくNTT収容局から顧客自宅までの間を光回線工事してしまうから突然ネットが繋がらないという状態が多発していた)

    顧客(Aとする)は、対応履歴を見るとそんな数多いクレームでモデムの交換だけで2回、技術者派遣して確認もしていたが改善が見られない。普通なら完全にNTTかPCメーカー振りで終了になるのだが、
    NTTが「うちは問題ない。プロバイダの責任」と確認もせずにたらい回しにしたせいで、Aが発狂状態になっているという状態が履歴に記載されていた。
    モデム2回交換で技術者派遣しても改善しないのも珍しいなと思い、Aの近隣住所で調べたところ近隣住所の顧客の履歴から「NTTが住宅近隣のメタル回線を光回線に交換してしまったせいでADSLの速度が落ちた(もしくは繋がらない)」
    という、内容が複数発掘できた。
    なのでクレーム担当の正社員に許可を取り、Aに電話をかけてNTTがAの住所の近くで回線工事が行われた結果繋がらない可能性.が高いので、NTTの技術者に局から自宅までの回線を確認してほしいと伝えたところ、

    「NTTが嘘つくわけねぇじゃねぇか!お前らみたいにCMも打ってないところが嘘ついているに決まってるだろ!」

    という感じで話にならず、延々と30分くらい話し合ったところで、突然Aが「お前の家どこだよ」と聞いてきた。
    まぁ聞かれたところで答えられるはずはないので「お答えできません」と言うと、今度はなんで答えられないんだ!と怒鳴り声の嵐。また30分くらい言え・言えませんを繰り返していたところAから電話が切られたのだが、その切れる直前、

    「お前の家に火つけに行ってやるからな・・・」

    と呟かれた。
    慣れてなければビビるんだろうけど、クレーム担当をしていると1日1回のペースで杀殳人予告をもらうので、ハイハイワロスで気にも留めてなかった。
    それというのも当たり前だけどコールセンターの住所なんて公開してしまえば、気に入らない内容の対応だったという理由で顧客がセンターにやってきてしまうからもちろん非公開。なのでどうやって火をつけにくるんだよw
    という感じだった。しかもAの住所からセンターのある町まで移動だけで1日がかり。絶対にこないだろう・・・と思っていた。

    32 :キチママまとめちゃんねる 2014/01/18(土) 01:25:21 ID:u3kD1gmW
    やっとモロモロ片付いたのでパピコ

    浮気してた元嫁と間男の現場に突入したったw
    深夜のマンションの屋上からラペリングとか超楽しいわwwwww
    多分俺よりも元嫁と間男が一番の修羅場だっただろうけど浮気発覚直後は俺のが修羅場だったわwww
    まぁ束5本分もぎ取ったしもう一回ぐらい起きないかな

    945 :キチママまとめちゃんねる 2015/11/13(金) 12:48:40 ID:CLD
    若い頃、叔父の空手道場で雇われ師範をしてた。
    お見合いで出会った夫は、結婚後に豹変し、酒乱の本性.を見せてきた。
    私が素人に手を出せないのをいいことにやりたい放題された。
    師範の収入だけじゃ食べられないからコンビニでアルバイトもしてたけど、
    「俺の収入で食ってるくせに」となんどもなじられた。
    あるとき酔って包丁で刺されそうになったから、堪忍袋の緒が切れた。
    1回わざと切りつけられてから一発入れた。
    救急車と警察を自分で呼んだ。
    夫はろっ骨骨折、私は鎖骨を10針縫った。
    裁判になったけど、正当防衛で無罪。
    むしろ夫の方に杀殳人未遂がついた。

    当然道場をクビになったけど、それを機に上京して会社勤めを始めた。
    もともと簿記持ってたから、職場の制度をたくさん使って税理士になった。
    今の夫はそのへんのことはあまり知らなくて、暴力旦那の被害にあった
    可哀想な女だと思ってくれてる。
    空手うんぬんは知られてない。

    438 :キチママまとめちゃんねる 2018/12/02(日) 22:03:08 ID:SnC
    29歳、会社員。今日の修羅場。
    4年付き合った5歳年下の彼女がいる。
    知り合った頃、俺は派遣社員で彼女はその派遣先でバイトしてた。
    それで知り合ったんだが、結婚を意識するようになってから
    やっぱり派遣じゃ向こうの親にも信用がないんじゃないかと思い、
    ちゃんと社員になってから挨拶に行こうと思い、就活して2年前に正社員になった。
    誰もが知ってる大きな会社じゃないけど安定企業だ。
    彼女には、ちゃんと正社員になって仕事にも慣れてきたらご両親に挨拶に行きたいと言ってあった。
    嬉しそうに応援してくれていた。
    先日、仕事にも慣れてきてちゃんとボーナスも貰えるようになったから
    来年早々にも挨拶して、春には結婚しようって言った。
    涙を流して喜んでくれてたんだ。
    なのに、今日大事な話があるって呼び出されて行ったら、隣に男がいた。兄貴だそうだ。
    で、促されるままに喫茶店に入って聞かされたこと。
    彼女、バツイチで子供がふたりいるんだってさ。
    16と18の時に男の子を産んだんだって。
    知り合った時は離婚した直後だったそうだ。
    それ聞いて、最初はビックリし過ぎて何も言葉が出なかった。
    少し沈黙が続いてようやく「そんな大事なこと何故隠してたんだよ」って聞いたら
    「だって聞かれなかったし」って言われたけど、知り合った時はまだ20歳で
    まさか子供がいるとは全然思わなかったし。
    でもさ、4年付き合ってて聞かれなかったから言わないってずるくないか?
    いくらでも言うチャンスあったんじゃないか?
    そう聞いたら、横にいた兄貴が急に凄みだして「おまえもDTじゃないんだから
    子を産んだ女かどうか抱いたらわかるだろうが」って言われたけど
    自慢じゃないが俺、彼女が初めてだったしその後も彼女しか知らないし
    そんなのわかんないよ。
    何度も彼女のアパート泊まったけど、子供の写真一枚見たことないし
    それらしいものも何もない、普通の女の子の一人暮らしふうだったし。
    更に「今更結婚は無しなんて言わんだろうなぁ?」とか睨まれたわ。
    彼女の方は「嫌いにならないで!俺君と結婚したい!」とか涙目で言われたけど無理だわ。
    「ごめん、裏切られた気持ちで一杯で結婚とかもう考えられないよ」って言ったら
    兄貴が拳を俺の目の前に突き出してきて、そう言うのも無理だった。
    「殴って気が済むなら殴ってくれ。でも結婚はない」って言った。
    彼女泣きながら店を出て、兄貴も追いかけて行った。
    3人分のコーヒー代は手切れ金だと思って払ってきた。

    終わったわー。彼女との結婚を目標に頑張ったこの2年は何だったんだろう。
    正社員になれたと言うことを前向きに捉えるしかないのかな。
    明日、クリスマスに予約していたホテルとディナーをキャンセルしないと。

    746 :キチママまとめちゃんねる 2015/02/19(木) 02:20:03 ID:zCv+28+J.net
    流れを止めるようでスマソ
    落ち着いたので厄祓いの意味も込め投下させてもらいます

    三ヶ月前に、結婚を前提としてた彼氏が女の人と施設に入っていくのを見た。
    大学から帰宅途中だったんだけど、それを見て頭真っ白になって家に帰ってしばらく無気力だった。
    今考えたら写真とか撮っとけば良かったと思うけど、その時はとにかく頭真っ白で何も出来なかったんだと思う。
    次の日

    67 :キチママまとめちゃんねる 2009/02/11(水) 01:51:29 ID:UEmhtlzH
    数年前の話。友人の運転で出かけた帰り道の出来事。
    時間は深夜2時くらいだったと思う。

    民家が数軒しかなく街灯もないような
    狭くて暗い道をゆっくり走っていた。
    二人でたわいない話をしながら、ふと前方を見ると、
    道路の、センターラインの真ん中に
    人間らしきモノが顔を伏せて土下座みたいな格好でうずくまっていた。
    「う、ぅううぁああああ!!!」
    恐怖の余り二人して叫びながら車を停止させたが、
    その人間らしきモノは微動だにしない。
    最悪の状況を想像してすでに友人と自分は涙目になっていた。
    しかしとにかく車外に出て、
    何が起こっているのかを確かめようということになった。
    警察や救急車を呼ばなくてはと思ったから。

    恐る恐る近付くと、
    その人は若い女性.で、怪我をしてる様子もなく
    息も普通にしていた。
    友人「だ、大丈夫ですか・・・?」
    女性.「・・・・・」
    自分「どうしたんですか?!」
    女性.「・・・・・・轢き杀殳してくれればよかったのにいぃぃー!!!(絶叫)」
    友人&自分「!!!(恐怖で声も出ず)」

    友人と二人、底知れぬ恐怖で動けずにカクガク震えていると、
    その女性.はやおら立ち上がり、フラフラと蛇行しながら歩いて、
    路面裏に消えていった。
    友人と自分は速攻でその場を離れた。
    しばらくは夜の運転ができないくらいの衝撃的な体験でした。

    528 :キチママまとめちゃんねる 2014/08/30(土) 15:34:10 0.net
    義兄嫁が第一子を出産して、私たちと同居中の義母が産後の手伝いに行ってるが
    今朝「私ちゃん、もうおうちに帰りたい・・・・」と義母から泣きの留守電が入ってた
    消え入りそうな義母の声の後ろでは
    「○○子(義母の名前)!どこ行った!くぁwせdrftgyふじこ!(解読不能)」
    と言う怒号が聞こえていた

    ・・・・何があったんだ・・・・・(夫がさっき迎えに行った)

    739 :キチママまとめちゃんねる 2019/10/23(水) 00:21:17 ID:Kk.v3.L1
    二年ほど前、高校三年生だった娘を亡くしました。
    自杀殳でした。


    娘は壮絶ないじめや大規模な学級崩壊、家庭環境等が相俟って、鬱病を患っていました。

    小学校高学年、中学校は完全に不登校となっておりましたが、先生方が献身的に支え、説得してくださったおかげで、最終的には何とか卒業式には顔を出すことが出来ました。

    中学校卒業後は、夫が現在進行形で通っている心療内科にて鬱病の療養を積極的に行いながら、通信制の高校に通っていました。

    親の私が言うのも何ですが元々地頭の良い子でしたので、塾に行くことなく学校に行けていなかった分を取り返すことに成功し、テストの度にそれなりの成績を納めていました。


    生活態度は真面目で、年齢や性.別でばらつきがあるその高校の中でもたくさんの友達に恵まれました。
    娘の部屋に飾られている写真を見ると、どの写真にも多くの友人の中心で明るく笑っている娘の姿があります。

    娘の通う高校は部活が盛んで、娘は元々苦手だった運動を頑張るようになり、女子バスケ部に入部しました。

    厳しい練習に耐えて、二年生に上がると、娘の努力が報われたかのように娘は部長(キャプテン)に任命されました。


    入学当初はまだ馴染めておらず思い切り鬱の症状が出ていて暗めだったのですが、その頃になると娘は特に活気に満ち溢れていました。


    学校の中だけではなく、娘は私達家族に対しても明るい態度を見せるようになり、あぁあのこの学校に入れてよかった、と心底安堵しました。
    その頃に一度帰省してきた元々シスコン気味だった上の息子達も、その変化に驚きながら「元気になったんだな」と、とても喜んでいました。
    普段素直ではない夫も「お前はよく頑張ってるよ」と言葉を掛けていました。


    ある寒空の夜、娘がトイレにかなりの時間こもっていました。
    私が「お腹痛いの?」と問い掛けると、娘は「うん」と何だか弱々しい声で言いました。
    薬を飲むように促してから、頑張りすぎて体調でも崩したかな、と思いつつ私は眠りにつきました。

    翌朝、6時半。
    昨夜の弱々しい声が気になり、体調を尋ねるために娘を起こしに娘の部屋に行きました。
    すると、いつもならベッドの上で丸まって眠っているはずの娘は、そこにいませんでした。

    家の中を一通り探し回りましたが、娘の姿はどこにもありません。
    娘はよく早朝に走り込みに行くことがあるので、それかと思い待つことにしました。
    しかし、一時間、二時間と待っても、娘は帰ってくる様子はありません。

    私は慌てて末の息子と夫、それぞれ奥さんと孫(私達から見ると)を連れて泊まりに来ていた上の息子二人を慌てて叩き起しました。

    末の息子には少しだけ遅刻をさせて学校に送り出し、娘の高校には私が連絡を入れました。

    私達は孫3人を息子の奥さん達に任せ、娘の捜索に取り掛かりました。近くの公園や学校、中学校や小学校付近もくまなく探し、
    娘に良くしてくださっていた近所の方々にも娘を見かけませんでしたかと伺いましたが、娘は見つかりませんでした。

    このページのトップヘ