不登校


    b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_t
    100: 名無しの心子知らず 2011/03/05 18:40:05 ID:NYln074c
    昨年の4月、父が再婚して継母(優しい)と弟(可愛い)ができた。 
    弟は高校生なんだけど、一人っ子でずっと妹か弟が欲しいと思っていた私は、この弟が可愛すぎて禿げそうになっている。 
    弟が通っているのが私の母校&私の通勤経路上ということもあり、ちょくちょく車で送り迎えをしている。迎えは時間が合わないこともあるので、そういうときはどこかで時間をつぶしててもらうか、自力で帰って来てもらってるけど。 

    で、お察しの通り「うちの子も乗せてクレクレ」が発生。クレクレは近所のシンママA。A娘の第一志望が弟の学校らしい。 
    Aの主張は 

    ・A娘が合格した暁には一緒に送迎しろ 
    ・A娘が合格するように弟が家庭教師をしろ 
    ・お前(私)の制服もらってやるから寄越せ 
    ・弟をA娘の彼氏にしてやってもいい 

    ( Д)゚゚ 

    弟が通ってるのは公立上位校。A娘の学力がどんなもんなのかは知らないけど、不登校ヒッキーの内申じゃまずムリだし、かなり斜め上な主張で目玉こぼれた。 
    私の制服は処分するタイミングを失ってまだうちにあるけど、A娘にはたぶん着れないし(私は当時も今も普通体型・A娘樽っていうかマツコみたいな感じ) 
    弟には可愛い彼女いるし! 

    A娘がうちの弟に惚れちゃったのが発端らしいんだけど、追い返しても警察呼んでも(玄関前で騒がれた)全然めげない。 

    挙げ句グーで殴られたので、さっくり被害届出させていただきました。 
    A両親が飛んできて、AとA娘は自分達が引き取るからどうぞ穏便に、と玄関で土下座。 
    殴られたのは私にも非があったし、結局弁護士入れて念書取って医療費と慰謝料ちょこっとを一括でもらって被害届取り下げ。 
    ちなみに何で殴られたかというと、制服クレクレの時に「着れるならあげるよpgr今着てみなよ、ほらほら。まあ無理だろうけど」と思いっきり上から目線で言って制服投げつけるというDQN行動に出たせい。 
    日本語の通じないAに対してかなり頭に来てたし、Aの後ろでニヤニヤしてるコミュ力ゼロのA娘が本気で気持ち悪かったんだ。 
    今は思春期の一応女の子に対してそんなことをしたことを反省してる。デブとかキモいとかは言ってないけど同じことだよね。 

    今日A親娘が引っ越していったので、叩かれ覚悟で記念カキコ。

    776 :キチママまとめちゃんねる 2018/04/10(火) 23:05:39 ID:2MG
    中学3年の時、クラスの男子がひとり登校拒否になった。
    その子をA君としますが、A君は決してクラスで嫌われていたとか苛められていたとかでもないし
    成績は優秀で友達も普通にいた。チビとかデブって事もない普通の男子生徒だった。
    ただA君はものすごく朝に弱くて、寝坊からくる遅刻がとても多かった。
    担任の先生はA君が遅刻してくるたびに皆の前で叱り「10分早く起きるってことが何故できない!」と酷く怒鳴り叱りつけていた。
    もちろん最初の頃は他の生徒と同じような“注意”程度だったが、週に3日4日遅刻してくるので先生が徐々に感情的になって行ったのは
    先生も人間だからある程度はしょうがないのかなとも思う。
    だけどA君の方は、目覚ましを何個も置こうが、母親に起こすよう頼んでおこうが、朝になるとやっぱり起きられないらしくて
    1学期の終わりごろからとうとう学校に来なくなった。
    今思うと、あそこまで起きられないと言うのはもしかしたら何か病気でもあったんじゃないかと思うが、
    とにかく担任の先生や生徒指導の先生、教頭先生までが入れ替わり立ち替わりA君の家を訪問して登校するよう説得していたが全く出てくる気配がない。
    そんなある日、私は職員室に呼ばれた。
    実は私とA君とは幼稚園からの幼馴染で自宅も近かった。小学校の4年生までは一緒に登校していたぐらい仲が良かったが
    5年生に上がる時のクラス替えで別になってから互いに一緒に登下校する友達が出来て
    中学に上がって再び同じクラスになったものの私は部活もあったし、まぁ思春期だったこともあってA君と話をする機会も殆どなくなった。
    幼馴染で仲が良かったことは、冷やかされたら面倒臭いと言うのもあって聞かれでもしない限り黙ってた。
    ところが担任の先生がA君の母親から「(私)ちゃんと一緒に通ってた頃は毎朝迎えに来てくれたから」みたいなことを聞いたらしくて
    私に今後毎朝迎えに言ってやってくれって拝むように頼まれた。
    生徒指導の先生にも校長・教頭先生にも囲まれて、回りの先生たちもこっち見てて、そんな中で「嫌です」なんて言えない。
    別にA君の事嫌いじゃないし私なりに心配もしてたけど、なにかこう理由の分からない抵抗感があったの。
    その時ははっきり返事できなかったんだけど、その後自宅の方にA君のご両親も来て説得されて、うちの両親にまでやってやれとか言われて
    もう完全に外堀固められたって感じで仕方なく了解した。

    このページのトップヘ