ス㋣ーカー

    306 :キチママまとめちゃんねる 2020/01/01(水) 17:08:05 ID:db.a1.L1
    最近チアガール特定事件というのを知って、自分も似たような事をされたのを思い出した。結果特定されなかったんだけどね。
    高校生の時、スーパーでバイトしていたんだけど地方のテレビ局が取材に来た。
    実際にテレビに映ったのは店長や部門マネージャーがメイン。私はチラッと映っただけ。
    その後私は、受験勉強を理由に退職。
    取材から1週間ぐらいたった頃、店長から注意喚起の電話がかかってきた。
    店に男性.から電話がかかってきて、何月何日に放送された○○という番組に出ていた高校生ぐらいの女の子の名前を知りたい。
    一応mixiやブログをやってないか、お店の名前を元に調べてみたけど出てこなかったと言われたらしい。
    その男性.は身体的な特徴や髪型を事細かく伝えてきたのですぐに私の事だとわかったそうだ。
    店長はすぐに通報してくれていた。私もしばらくは両親に学校の送り迎えをしてもらった。
    よくチラッと映った美人でも可愛くもない女を必タヒになって探そうとするなと思いました。
    これで学んだことは可愛くなくても頭のおかしい人に狙われると言う事。
    この話を旦那に話しても私や店長の対策は大袈裟と笑うのも神経がわからなかった。

    260 :キチママまとめちゃんねる 2014/01/04(土) 04:21:16 ID:EpHmLSYJ
    衝撃だったと同時に複雑な気持ちになった出来事

    今から10年くらい前、当時まだ20代だった頃。
    バイトしていた本屋の常連客にちょっとやだなっておっさんがいた。
    品出しする女性.スタッフに覆いかぶさるようにしてわざと高いところの本を取ったり
    『おつかれさん』って肩に手を置いてきたり、いわゆるセク八ラオヤジ。
    ただ、『ちょっとやだな』の域を出ず商品も買ってくれるんで店長も強くは言わなかった。

    ある日、仕事中にそのおっさんから執拗に携帯番号を聞かれ、色々理由をつけて必タヒに断ったんだけど
    『仕事終わったら連絡してよ』と携帯番号とメアド書いた紙を強引に握らされてしまった。
    もちろん連絡するつもりはなく、無視しておこうと思ったけど、終業後に店長と副店長に報告。
    私は閉店まで勤務だったから、精算業務が終わった後、店長たちと事務所でしばらくその話をして
    その時に店長が冗談で『あいつ駐車場で待ってたりしてな~』と笑いながら
    戸締りをしていざ店を出たら、本当にそいつが駐車場に車とめて待ってた。
    店長と副店長は唖然。私は蒼白。

    637 :キチママまとめちゃんねる 2014/10/17(金) 14:16:43 ID:TJD7HA6i5
    俺の母ちゃん、本当の母ちゃんじゃなかったって話。

    友達と海外旅行に行く事になって
    初めてパスポートとるって事になった。
    母ちゃんにその事を伝えたら何か歯切れが悪かった。
    俺は気にせず申請の準備をしていたら
    ある日の夜、父ちゃん母ちゃんに居間に呼ばれた。
    戸籍取ると思うんだけど、って話始めたとうちゃん。
    母ちゃんは父ちゃんの横で俯いてた。

    240 :キチママまとめちゃんねる 2017/03/18(土) 23:13:27 0.net
    (元)夫の(元)不倫相手が私の自宅に侵入している時に帰宅してしまい鉢合わせしたのが修羅場だった

    流れは、私が子どもの入院や手術で忙しい最中に元夫が不倫
    その頃から家や私の携帯に、夫が帰宅する直前に非通知無言電話があった
    今ふり返れば全部不倫相手の嫌がらせだったんだろうと思う
    元夫に伝えてもしらばっくれて知らん顔
    不倫相手を庇っていたのかな
    結局、車の助手席の下からラブホのカードが出てきたり
    自宅に長い髪の毛が落ちていたりで夫婦関係はボロボロ、いがみ合うようになり離婚した
    元夫はそこまでしても不倫相手を選んだのだと思う

    116 :キチママまとめちゃんねる 2012/05/30(水) 14:04:30 O
    職場の同僚と付き合い出し、結婚まで考え始めたところで
    彼女に無職引きこもりの姉、重度知的障/害で要介護の弟がいること、
    彼女の中ではその2人まで俺が面倒見ることになってたことが発覚。
    数回話し合っても考えが変わらなかったので別れを告げてから
    しばらくの間、彼女がス㋣ーカーと化した。
    上司、親戚、警察、ありとあらゆるところに相談したけど
    「よく話し合え」「男なら彼女を受け止めてやれ」
    「結婚まで考えた仲ならもっと大らかになって」と
    全く話にならなかった。

    ここまでが修羅場でこっから蛇足。
    会社に転勤願い出して関東→東北で転勤し、やっと平和になったと思ったら
    去年の大震災で東北支社が大ダメージを受けて俺は関東へUターン。
    また彼女に付きまとわれる恐怖に震えていたら、別の同僚がロックオンされてて
    その同僚はどうやら何も知らずに幸せそうにしていた。
    先週末式場の下見をしてきたらしいけど、俺は同僚が
    不幸になるのを黙って見てるべきなのか?
    今真面目に仕事も手につかんくらい真剣に悩んでる。

    541 :キチママまとめちゃんねる 2008/08/18(月) 18:17:35 ID:fVAYiVFG
    息子の学校のすぐ隣にあるお店で漬物のもとを取り寄せていて、
    代金はすでに払い済みだったので、
    「今日プールの帰りにもらってきてね」と
    その領収書を持たせて息子を送り出しました。
    そのやりとりをエントランスでしたため、
    同じマンションのセコケチ泥ママに聞かれていて、
    息子がお店に行ったときにはすでに、商品を引き取られてしまっていました。
    お店の人も、男の子が来てうちの名前を名乗って「漬物のもと」と言ったので、
    なんの疑いもなく渡してしまったとのこと。
    とりあえずお店の人が弁償してもう一度取り寄せてもらうことになりました。

    さっきまでは、いったい誰が引き取りに行ったんだろう???でしたが、
    セコケチ泥ママがやってきて、「ねぇ、きゅうり余ってない?あるでしょ?3本くらいわけてよ?」
    で、確信しました。
    うちのきゅうり漬けのもと返せ!!
    とりあえずお店に電話して、セコケチ泥の息子と面通ししてくれるように頼んだよ。

    486 :キチママまとめちゃんねる 2019/11/16(土) 17:51:23 ID:HS.nk.L1
    はじめての就職先でひどいセク八ラにあい、証拠を集めて戦った末、相手はクビになったけど居心地が悪く、3年で退社した
    最初の退社では夫も一緒に弁護士と話をしてくれて、支えてくれてた
    二つ目の会社ではお客さんがス㋣ーカーになった
    60歳を過ぎていて、脳の機能が弱っているのかとても直情的な人で、その人からのアプローチを断り続け、店も出禁にしてくれた
    私も店舗異動になった
    でも定年退職した独身の男性.は暇を持て余してたようで、すぐにス㋣ーカーになった
    夫から「勘違いさせるようなことしてないよね」と疑いの目を向けられた
    退職したあとも男性.のス㋣ーカーが続いて、男性.は逮捕された
    今三箇所目なんだけど、またセク八ラを受けてる
    相手は取引先の偉い人で、この人も60歳くらい
    会社に相談したけど、こちらの方が立場が弱いから、どうにもできないと言われた
    かといって相手が私を指名するなら担当も変えないって、パワハラもされてる
    夫に相談したら、「いい加減にしろよ!」とキレられて、今日離婚届渡された
    「お前はもう30過ぎてるんだぞ!オバサンなんだぞ!いつまでセク八ラでうじうじしてるんだ!」
    そう言われて、出ていかれた
    普通に働いて、普通の家庭を築く
    なんでそんな普通のことができないんだろう
    転職するにしても、明日で31歳
    それなのに転職4回目
    こんな職歴でまともなところ見つけられるのかな、つとまるのかな

    245 :キチママまとめちゃんねる 2013/02/01(金) 14:01:17 ID:bnmjvbVt
    アパートに引っ越したら、その部屋の窓から見える一軒家に住んでるおばさんにス㋣ーカーされるようになった。
    引っ越したばかりの頃はまだカーテンなくて外から丸見えだったんだけど、2階だし大丈夫かなって思ってた。
    向こうの家の窓もこっちを向いてる状態だったから、さすがに着替えとかはバスルームとかでしてたけど。
    で、その頃からなんか監視されてるというか、ふと気付くと向こうの窓からおばさんがじっとこっちを見てる事があって凄い気持ち悪いなぁって思ってたので
    引越しして一週間目ぐらいにカーテン買いに行って、それつけてからはずっとカーテンひいてる状態にしてた。
    そしたら、カーテン買って3日目くらいに家のポストに「カーテンあけろ」って紙が入れられてて
    あまりの恐怖にその日は家に帰らずに友達の家で過ごさせてもらった。
    母親とか大家さんにも相談したんだけど、相手は男じゃないし襲われる心配はないんだから大丈夫でしょ。気にしすぎ、と言われてしまって今に至る。
    女性.は同性.には甘いって聞いてたけど、まさかこんな場面でそれを実感するとは思わなかった。
    襲われないから大丈夫とか、そういう問題じゃないんじゃー!

    162 :キチママまとめちゃんねる 2008/01/21(月) 05:34:02
    おお、ス㋣ーカーで思い出した!

    私の知り合い(友達レベルではない)の、不幸だったらしい結婚式。
    新郎ウッキウキな表情、新婦はどよーん。
    新婦の仲のいい友達から事情を聞けば、
    新郎は新婦のものすごいス㋣ーカー。
    挙式当時新婦は29歳だったのだけど、新婦が17歳のころからストーキングされ
    もうとにかく地獄の果てまでついてくる状態だったらしい。

    それにとうとう耐えられなくなった新婦が新郎との結婚を決意。
    「結婚すればストーキングされなくなるかもしれない」
    という理由だった。
    周りはそんな理由で自分の戸籍を汚すなんてと反対したけど
    新婦はもう、そんなことはどうでもいいくらい疲れ果てた様子だったそうで。

    私にも結婚しましたハガキが来たけど、一枚のハガキに
    何種類もの写真(どれも新郎ごきげん、新婦不機嫌)が散りばめられ、
    気の毒に・・・と思っていたけど、4年後くらいに離婚した。

    一緒に住んだらス㋣ーカー新郎が新婦に飽きたらしい。
    新婦の離婚の申し出を普通に受け入れ、離婚。
    子供もおらず。

    「もっと早くにこうしておけば良かったーー!」と新婦の表情は
    見たことのない晴れ晴れとしたものだった。
    私が新婦と出会ったのは新婦が20歳超えてからのことだったので
    彼女の本当の笑顔というものを初めて見た気がしたよ。

    313 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/23(水) 12:38:40 ID:LQE
    ロミオメールスレから来ました。

    昨日元彼がとうとうス㋣ーカーのようなものになりました。

    昨日は授業日、私は朝から夕方まで私は大学でした。
    帰り際、大学の門のところで呼び止められました。
    立っていたのは先日からロミオメールをちょくちょく送ってきていた元彼。
    なぜ平日に?いつから待っていた?仕事は?っていうかなんか太ってる。ニヤニヤしつつ「ひさしぶりですね~」。
    私はパニックになってしまい、校門近くの守衛室なり管理棟なりに駆け込めばよかったものを学校の最寄り駅に向かって走ってしまいました。
    やめろと言っても「え~ww」と言われるだけで暖簾に腕押し、
    そして腕を引っ張られて捕まったと思ったら。あれ?キ ス さ れ て い る ?
    そして普通に身体を触ってくる。その時も奴は何か言っていましたが覚えていません。
    もうこの時点でどうしようもなく悲しくなってしまって、泣いてしまいました
    そこで元彼は何を思ったか、ニヤニヤしながら「大丈夫?」と。
    私が嬉し泣きしているとでも思ったのでしょうか。

    そして「家に行きませんか?」と。は?誰の?
    「嫌です」と言えば「そんなこと言わないで~」と。奴いわく親に泊まってくるって言った。用意もしてきた。
    「わざわざ」仕事も休んだ。明日は祝日だし明後日からはクリスマス。泊まりたい。っていうかメール見てない?私の目玉どこいった
    私がおとなしくなったのを見て「大丈夫?落ち着いた?」とロミオ。
    落ち着いてるのではなく呆れていることに気が付かないんですね。
    ここまで来るとどこか私もどこか冷静になり、この際ちょっとくらいの抵抗なら正当防衛になるよねとかいろいろ考えてました。

    そこにたまたまタクシーが通りかかりました。こればかりは、本当に運が良かったと思います。
    空車とかの表示までは見えなくて、ほぼ賭けで慌てて手を上げると止まってくれて、
    ドアを開けてくれました。慌てて乗り込みました。
    「え~?タクシーに乗るんですか~?」と言いながら元彼も乗り込もうとしたので、手を払いのけてドアを閉め、進んでくださいと叫んでしまいました。
    運転手のおじさんにも状況を察してもらえたのか、元彼を置いて急発進してくれました。
    発車後の元彼の表情は見えませんでした。発車後改めて家の近所の駅までと行き先を告げました。
    安心したらまた泣けてきて、おじさんは苦笑して、「何があったかしらないけれど、気をつけてね」と言ってくださいました。

    実際はそんなに時間がたっていなかったけど、何時間のことにも思えた出来事でした。

    このページのトップヘ