カメラ


    eb1be01b83d02e141e23839ee0a40d0c_t
    68: 1/2 投稿日:2011/01/28(金) 10:57:26
    うちの良トメは200人を軽く超えるあるサークルで広報をしていて、会報誌の編集もやる人。 
    取材は数種類のデジカメを駆使して行う本格派で、会員の評判は高い。 
    (たまに手伝って小遣いもらう私www) 
    中でも「お宅訪問」みたいなコーナーでは、会員の自慢のインテリアなどを紹介し、 
    自己顕示欲の強いおば樣方には出たいと言う人が多い。 
    その日もその取材でお手伝いに行ったんだが、 
    訪問先のばー様は「息子夫婦と同居してるが、嫁が稼がない、働かない、 
    家事をしない」としょっちゅうぐちってたトメトメしいばーさんだった。 

    洋風の綺麗なリビングに通されたとたん、私の視線はおしゃれなローボードに釘付け。 
    「ごめんね~嫁が掃除してなくて。さっき 私 が 片付けたのよ~」 
    うちのトメも気づいたようで、デジカメを私に渡しながら 
    「おかまいなく。今日はサークルの会報の取材で来ただけだから」 
    と言いながら私にしきりにばーさまとローボードをツーショットで撮るように促す。 
    言われるままに撮る私。でもこれは会報には使えないだろうと思ってた。


    07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_t
    277: 名無しの心子知らず 2008/09/14 12:37:07 ID:FpEI0AI7
    数年前、某水族館に行ったらイルカの水槽の前で凄いフラッシュの嵐。 
    我先に写真や写メを撮影する子連れの夫婦の群だった。 
    そのイルカは来館者に撮影されるせいで弱っている、そもそもカメラのフラッシュは海洋生物の目に悪い。 
    そういった理由で撮影は遠慮下さいってアナウンスがずーっと流れてるのに止める人はいない。 
    友人同士やカップルで来てる若者は大人しく見てるのに。 
    ヘタレな自分は「イルカ可哀相~」と周りに聞こえる様にいうしか出来ずorz 
    子供にまた後日見せたいんだろうが、その為にイルカを弱らせても平気な神経が信じられなかった。 
    なんかもう非常識の域を超えてる気もするけど…


    71da19db418dc135dee101fcc145b004_t
    122: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/06 15:01:52 ID:t3xWsyy2
    先日の箱根駅伝を沿道応援に行った時の話。 
    自分自身、カメラが趣味で毎年沿道で選手を撮ったりしてる。ゴール近くにいいポイントがあるのでそこでいつも撮影。 
    ただビル駐車場の出口になっているので、交通規制がかかるまでは邪魔にならないところにいる必要があるんだけど。 
    (近くの百貨店への送迎バス発着場にもなってるのでけっこう車の出入りが激しい) 

    規制前、駐車場出口から頻繁に車が出ているのに脚立を置いてその上にのりいろいろ確認しているオヤジ登場。 
    駐車場出口にいた係員の人が、オヤジに「すいませんが、車の出入りがまだあるので少し避けてもらえないでしょうか」とお願い。 
    しかしオヤジ「ここは公道(歩道部分のこと)だろ!その建物の境界線まではおたくの私有地だけど、ここは道路交通法で決まってる 
    公共の場所なんだよ!おたくらにどうこういう権利なんてないの!」とまくしたてる。 
    係の人は「申し訳ないですが、車が出入りするので・・・」と本当に申し訳なさそうにしてる。しかしオヤジは 
    「だから道交法で決まってんだよ。とやかくいわれる筋合いはないの!歩道を勝手に使ってるくせに指示するな」 
    と大声・早口でまくし立ててあとは係の人を無視。脚立に乗ってまた周りを確認。 
    カメラ趣味の人間としてもちょっとムカついたので、今度は自分が声かけた。 

    続く


                  女性, セクシーです, 顔, 口紅, クローク, 意地の悪い女, フード付き

    55: 名無しの心子知らず 2013/03/31 17:43:12 ID:ZtaDH0YR
    甥っ子の卒園式からセコキチママ?にやらかされました。 

    私は普段から写真が趣味で、せっかくなので甥っ子と姉の記念写真を撮ろうと 
    思い、卒園式終了後姉と甥っ子を園の入り口の看板前で撮ることになりました。 

    姉から今から行くねとのメールを受けて入り口で待機していたのですが 
    見知らぬ女の子連れのママさんに急に体当たりされました

    このページのトップヘ