しきたり



    bcd15120274cde1efebdd7bbee6e5c82_t
    632: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/06/02(土) 09:06:07.93
    ウトタヒんで、生活が不安になったトメから同居要請された。 
    「私は人とうまくやっていけるタイプだし、大丈夫よー」とか言われたので 
    「いや、無理です。そもそも他人が一緒に暮らすのは難しいし、 
    ましてや良く思っていない相手同士では」と断ったら、 
    トメ、「良く思ってないって…私のこと嫌いなのっ?」とショックを受けていた。 

    素で不思議に思い、「トメさん、好かれてるつもりだったんですか?! 
    だって、私たちが結婚する時に散々反対して 
    随分酷いことまで言いましたよね。私だけじゃなく、両親まで侮辱して。 
    結婚してからだって、あんなことやこんなことや… 
    好意を持てるはずがないでしょう? なんでそんなこと信じてたんですか」と真顔で聞いてしまった。 

    そのあとトメがアウアウグアグアわめいていたのを総合して判断すると 
    トメの頭の中では、結婚を許してもらった私は感謝して、自分を受け入れてくれたトメを好きになったはず 
    更に婚家のしきたりを教えてもらって尊敬してるはず だったらしい。 

    「だって、うちに帰って来た時には仲良くやってたじゃない!」と泣かれたので 
    「いや、そりゃ大人なんですから。年に何回か数日会うだけなんだから 
    適当に合わせてお互い気持ち良く過ごせるようにするでしょう。 
    これが年中毎日顔を合わせるようになったら、こちらも穏やかではいられないですよ 
    言っておくけど、同居で嫌な思いをするのはそちらですよ」と言い捨てたら黙った。 

    トメ、息子(夫)や自分の弟妹に、嫁にこんな酷いこと言われた~と泣きついたけど 
    そりゃ仕方ないでしょと諌められておしまいだったらしい


    72bbf388a8d49d88cb1e8c664c94ebac_t
    649: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/04/22(木) 17:49:55
    同居4年。もう疲れた。 
    ほんと「○○家はこうするのがしきたり!」ってうんざり。 
    しかも毎回言うこと違うし、嫌がらせで言ってるの丸わかり。 

    今までもらったトメ直筆のうちのしきたりメモ数十枚を大トメさんに送る荷物の中に 
    うっかり入れて送りつけた。 
    それからうっかり入れてしまったかもしれない・・・とトメに報告。 
    トメ真っ青。 
    すぐに荷物を取り返せと言うけど送ったの昨日午前中なんで無理です。 
    隣県なんですでに着いてるかもしれませんと言ったらトメアタフタ。 
    後から電話のコードが抜かれてるのに気づいたけどあえてそのままにしといた。 
    予想通り翌日大トメ様降臨。 
    電話コードの件も合わせてトメに説教3時間。 
    私はその間隣のリビングでお茶すすったりご飯作ったりしてました。 
    説教内容は、うちにそんなしきたりはないという事と 
    昔のトメの失敗談を蒸し返しての説教。 
    トメさん相当やらかしてて、全部メモしておきました。 

    最近は「塩と砂糖は間違えないようにしなくちゃいけませんね♪」とか 
    「ご飯は洗剤で洗っちゃいけないんですよね」とかトメ失敗談を例にあげて 
    家事をするのがお気に入りです。 
    まだまだネタはあるので出すのが楽しみ。


    a17f3330c5581154ffbe540aa12b645c_t

    483: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/09/14(月) 08:59:36
    自分の中ではスカッとしたので・・・。 

    トメは、結婚前の挨拶時から「○家のしきたりは・・・」とか 
    「○家の家系は・・」「○家の嫁なら・・」とか自慢する奴だった。 
    その度に「はいはい」と受け流してきたんだけど、この前 
    トメの実母(98歳)の敬老の日の話になった。 
    「私の姪っ子は、敬老の日にきちんと贈り物してきたのよ。 
    今どきの若い子なのに、えらいわよね」と言ってきた。 
    その姪っ子と私は同い年。しかも、子供も同じ年齢で 
    何かと今まで比較されてきた、(実際に会った事は全くないけど) 

    それで私は「あら。その姪っ子さんは、大トメさんと血が繋がってる 
    からでしょ?私は、○家の嫁なんでしょ?お義母さんの実家の 
    苗字名乗ってる訳でもないのに、そこまでする必要あるのかな。 
    第一、大トメさんは、私の子供の入学祝いや誕生日だって 
    何一つ連絡してくれないから、そういう間柄だと思ってましたけど」 
    と言ってやった。 
    トメは、聞こえない振りして、暫くしてからため息と共に 
    「ふ~。やっぱり持つべきものは娘よね」と訳わからん事ぬかすので 
    「あら~。息子だろうが娘だろうが、結局は育てた『親』次第 
    ですよ。良い『親』なら、息子でもちゃんとお祝いしてくれますよ」 
    と言ってやった。 

    自分なりに、スカッとしたので書いちゃいました。 
    これをきっかけに、今では言いたい事ズバズバ言えるようになりました。

    このページのトップヘ