いい話

    129 :キチママまとめちゃんねる 2020/02/20(木) 11:31:46 ID:xrk
    半年ぐらい前に犬を拾った。
    シュナウザーのソルト&ペッパー?とか言うやつ。
    雨上がりの買い物帰りに近所の草むらでドロドロになって震えてるのを見つけて
    周りを見ても飼い主らしい人の姿が見えない。
    しゃがんで手を広げたら上目遣いに近づいてきたので
    買ったばかりのキャベツを少し千切ってあげたら食べて、3回ぐらい繰り返した。
    しばらく様子を見てたけど飼い主らしい人が現れなくて
    どうしようか迷ったあげく、ついてくるようならと自宅に向かったら
    とぼとぼついてきたので家に入れた。
    その日は日曜日で家にいた息子がお風呂で洗ってくれて
    その間に急いでトイレシート買ってきて、ケージ代わりに簡単な囲いを作って
    とりあえずうちで面倒みることにした。
    翌日には警察に行って届がないか確認して連絡貰うようにしたけど
    数日たっても届は出てないらしい。
    拾った場所あたりに「預かってます」って貼り紙しようかなと思ったけど、
    連絡先として電話番号を提供するのがこのご時世ちょっと怖くて、それはしなかった。
    それで住んでる地域の役場と近隣の役場に出向いて、
    預かってるっていうことだけ写真と共に掲示板に貼らせて貰って
    名乗り出る人がいたら役場から連絡貰う形にしたり、
    息子が毎日拾った場所あたりまで散歩に連れて行ってくれたりもしたけど
    一ヶ月経っても飼い主が見つからない。
    そんなこんなで半年が過ぎてしまった。
    すごくいい子で、トイレの躾もしてたらしく
    知らない家なのにトイレシートでちゃんと排せつするし手が掛からない。
    ネットで調べてみたら、買えば30万とかする犬種らしいし、
    ちゃんと躾けてるっぽいから捨てるとは思えないんだけど。
    半年も経つともう情がわいてしまって、息子なんか一緒にベッドで寝たりしてるし
    もうこのままうちの子にしちゃいたいんだけど、ダメなのかなぁ。

    887 :キチママまとめちゃんねる 2017/05/21(日) 08:45:20 0.net
    今日のトメ

    初孫妊娠中の嫁に朝一で大量のアワビを送りつける。

    嫁からお礼の電話で、産まれたらすぐ産院に見に来てくださいと言われ(*´∀`*)となる。

    友人(息子四人持ちのベテラントメ)から、産院は呼ばれるまで行くな、野菜送るな、長電話するな、ベビー用品買うなお金で送れ、などトメの心得を教えられたので言い出せなかったそう。
    「あ!大変!長電話しちゃだめだったんだ!」とアワアワしながら電話を切った。

    嫁はトメさんとおしゃべりするのが好きなのでちょっとさみしい。
    アワビありがとうトメさん。

    65 :キチママまとめちゃんねる 2010/10/17(日) 17:50:01 0
    ハムの人待ちの間に、もうだいぶ前に別れたエネ元夫話だけどいいかな?
    全部元がつきます。

    トメはわりといいとことお嬢さん。
    ウトは普通のサラリーマンでお嬢さんなトメ大好きだった。
    元夫は一人っ子で義実家でトメはお姫様状態だった。
    そんなところにトメよりも若い女が来たらどうなるかという典型的なパターン。
    トメは嫁をいびるけどウトも元夫も気がつかない。
    気がつかないというよりそんなことするはずないそんなことを言う嫁が根忄生悪という状態になった。
    完全同居で孤立無援もう私の人生はダメだという気持ちになっていた。
    トメの嫌がらせは私の前で家族にしか分からないお簿いで話をして、ほらあなたにはわからないでしょ?という態度をとる。
    私の湯呑みにだけお茶が半分とかスリッパがしまわれてるとかそういう程度。
    でもそんなことをされて訴えても元夫に反対に責められるのが何より辛かった。

    ある日トメとテレビを見ていた時、トメがあわてて席を立っていった。
    何かなとコッソリ様子を見てみると私のスリッパから画鋲を出してきて綿棒でマキュ●ンを塗ってた。
    釘を踏み抜いて破傷風でタヒんだ人がいるとかそういう番組だったんだよね。
    釘に細菌が付いて体に黴菌が~って内容だった。
    画鋲を入れられてたということよりも嫌がらせした相手が破傷風にならないようにするトメにちょっと笑ってしまった。
    そういうことがあってから、よく考えたらトメの嫌がらせなんてそれほど大したことないことに気がついた。
    結局画鋲もやりすぎと思ったのかどうかスリッパから回収されていた。
    それからはずっとトメになにされても女子高時代のことに較べたらどってことないよねって気になった。

    844 :キチママまとめちゃんねる 2019/02/27(水) 23:02:10 ID:KNA.0m.ae
    今日は仕事が散々だった
    家に帰ってどんよりしてたら嫁が俺を無理やり寝室に連れてって簀巻きにされた
    今日は食事当番が俺だったので、シャワー浴びてメシの支度するんだああああと訴えたが
    私が休憩したいから10分だけ付き合って!と言われて簀巻きのまま抱き枕にされた
    結局寝落ちして目が覚めたら俺が作ろうと思ってたメシが完成してて風呂も炊かれてた
    メシ食って風呂入って上がったら嫁が洗い物と洗濯物畳みを終わらせてベッドで待機してた
    また簀巻きにされて抱き枕にされつつ、嫁は俺の仕事の愚痴をきいてくれた
    「明日も早いからゆっくり寝てね」って言われておやすみのチューされて嫁は風呂入りに行った
    本当に良い嫁さんもらったよ俺は
    ありがとうとすまんを10回くらい繰り返してるけど全然足りない
    明日の朝も弁当も夕ご飯もめちゃくちゃ豪華なの作るぞ
    嫁大好きだー
    おやすみ

    457 :キチママまとめちゃんねる 2004/12/10(金) 18:24:01
    今まで古い女にネチネチやられていてもスルーしていた旦那が
    最近庇ってくれるようになった。
    嬉しいというより、不審で気味が悪かったので「何なの今さら?」ときいたところ、
    「お前の弟に怒られて泣かれた」そうな。
    「うちの親は忙しくて俺は姉ちゃんに育ててもらったようなものだ。
    ブスだけど優しい姉ちゃんであんたにもらってもらえて、
    幸せになれると思って本当に嬉しかったのに、なんであんたの母親から守ってくれないんだ?
    粗末にするなら返してくれよ、そんで他の幸せ探させてやってくれ」
    ぬぼーっとしてる弟がいつの間にそんな話を…と思いつつ泣けた。

    815 :キチママまとめちゃんねる 2021/02/10(水) 09:52:38 ID:0H.ut.L1
    4歳のとき、母に捨てられかけたこと。

    私は高齢出産+婚外子のダブルコンボの家庭に生まれた。
    母40,父60の時の子供。

    父は既に奥さんがいるのを黙って「子供ができたら結婚しよう」と話していたのに、出産し終えた母の前に奥さん連れてきて嘘だったと発覚したそうだ。

    でも幼い頃、私は母が大好きだった。
    何かいい事をすると大袈裟なまでに褒めてくれ、抱っこしてといえば抱っこしてくれた。


    下手くそでも歌を歌えばカメラを回して拍手してくれた。

    悪いことをすれば厳しく叱られたけれど、とても優しい母だった。

    ここまでが前置き。

    年末も差し迫った日、母は沢山のレトルト食品を買ってきた。「ママ、出かけるから。お家からは絶対に出ないでね。一人で頑張れるよね。バイバイ」

    と言われ、「いってらっしゃ~い」と答えた。

    それから母は本当に帰ってこなかった。
    翌日も、その次の日も、帰ってこなかった。

    ご飯はレトルトで凌いだが、「ママいつ帰ってくるんだろう」と気が気じゃなかった。

    3日目、私はなんとかして、外の大人と話そうと思った。

    母に言われたとおり家から出ないで話すには、当時は固定電話しかなかった。

    母がよく連絡先をメモしたメモ帳を、電話台の下に置いていたのを思い出した。

    メモ帳を見て、一番最初に書いてある連絡先に電話をしたら電話に出た。

    「私、名前を私子と言って、ママが帰ってこないんです。悪い人に攫われたかもしれないんです。助けてください」

    最初電話口の人は笑いながら「探偵ごっこ?」と取り合ってくれなかった。
    母の勤め先の会社だった。

    「もう27日から帰ってないんです(その日は30日)。お家に一人なんです」

    すると「あのね、探偵ごっこに付き合ってる暇ないからもうかけてこないでね!」と切られた。

    受話器を置くとすぐさま電話が鳴った。
    母の勤め先の、他のおじさんが電話し直してくれた。

    「さっきはごめんな!お腹すいとるだろう!そっちに迎えに行くからまっとってな!」

    そして一時間後、本当に恰幅のいいおじさんが迎えに来てくれた。
    社長さんだった。

    「あいつ(社員)の電話を聞いておかしいと思ったんよ。あの馬廘がほんとごめんなあ。あいつは今他の人からしっかり怒られとるからな」

    と話してくれて、ファミレスをご馳走してくれた。
    美味しくてガツガツ食べた。

    その後緊急連絡先になっていた父と警察に通報。

    父は直ぐに迎えに来てくれ、父の住む家にしばらくお邪魔することになった。
    山の中にある立派なコンクリートの家で、美術品が大量に飾られていた。

    父と一緒に住むお兄さんやお婆さん(奥様。当時60代後半)を見て、父に「この人達誰?パパのお友達?」と聞いた。
    「パパの奥さんと息子だよ。あっちはお前のお兄ちゃんだよ。お前とお前のママより大切な家族だよ」

    とあっさり言われた。
    父は、本当は私が生まれることに反対だったことを話し、もし母が帰ってこなければ一人で生きるよう努力して欲しいと私に話した。



    7 :キチママまとめちゃんねる 2012/03/16(金) 20:20:01 0
    トメを泣かしてやったw
    結婚して6ヶ月なのに「私の孫はまだ?」と五月蝿いトメ。
    義実家に顔を出す度に何度も言う。
    その上、誰が〆ても「聞こえなーい」とシレッとして終わり!
    なので黙ってもらう為、母子手帳を出してやった!
    トメがパアーって感じで満面の笑み、その後涙がボロボロボロ。
    良ウトを亡くして寂しいのは知っているのだよ。今度は同居話で泣かしてやるw
    どうだマイッタかw



    204 :キチママまとめちゃんねる 2018/03/20(火) 15:39:51 0.net
    子供がインフルエンザになった。
    熱の割には元気。
    食べたいものを聞くとトメのモツ煮込み。なんでだよ。
    確かに美味しいけど移したら悪いと思いつつ電話するとポカリや手作りのとろけるプリンとか一緒に持ってきてくれた。
    「ばあちゃんに移しなさい、孫ちゃんやママはこれからの人なんだからね!」とニコニコして励ましてくれた。
    帰る時に「氷持ってきたから氷枕に使ってね、あとお母さん大変だけど移らないようしっかり貴女も食べて寝るのよ」と私の大好きなお店の唐揚げも置いて行ってくれた。
    ポカリとか氷とか重いのに申し訳無かった。
    最初会った時めちゃくちゃ背が高くて美人だからビビってたけど話てみたら気さくで優しい人だった。
    母親を幼稚園の時になくしてしまって年配の女忄生にどう接したらいいかわからないけれどトメにはこれが母親に甘える感覚なのかなあと思ってる。
    どうせなら顔も似たかったなあ

    100 :キチママまとめちゃんねる 2015/10/31(土) 19:52:42 O.net
    誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性.と結婚した
    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
    でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた
    おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた
    そんなある日

    13 :キチママまとめちゃんねる 2013/12/10(火) 19:55:42
    まだこのスレがあったのか
    2年前までは嫁もヒスってイロイロ破壊されてたけど今は直った
    ヒスるたびに抱きしめて
    「お前の笑顔大好きで結婚したのに怒らせてばかりで悪かった俺がせいだ、愛してる」
    最初はそれでも大暴れだったけど、落ち着くようになった
    何度か同じように抱きしめていると成行きでセクロスしてしまった
    それからレスだったがヒスるたびにするようになった
    ある時大きなヒスがあって、俺も精神的に参った時だったんで
    抱きしめるのをやめて、「おれは疲れたお前の好きにしろ」って言って部屋に閉じこもった
    嫁が「抱いてほしかっただけなの、相手してほしい、もう一方的に要求しないから」
    泣いて頭下げてきたよ
    なんか性.格変わっているんだがどうしたらいいのかも迷ったが
    した
    それからは、一切ヒスらなくなった
    ヒスらない様に毎日愛してるって言うようにはしているが
    嫁が恋愛時代みたいに可愛く夜のおねだりするようになった
    4年間のヒス期間は何だったんだろう

    このページのトップヘ