いい話

    815 :キチママまとめちゃんねる 2021/02/10(水) 09:52:38 ID:0H.ut.L1
    4歳のとき、母に捨てられかけたこと。

    私は高齢出産+婚外子のダブルコンボの家庭に生まれた。
    母40,父60の時の子供。

    父は既に奥さんがいるのを黙って「子供ができたら結婚しよう」と話していたのに、出産し終えた母の前に奥さん連れてきて嘘だったと発覚したそうだ。

    でも幼い頃、私は母が大好きだった。
    何かいい事をすると大袈裟なまでに褒めてくれ、抱っこしてといえば抱っこしてくれた。


    下手くそでも歌を歌えばカメラを回して拍手してくれた。

    悪いことをすれば厳しく叱られたけれど、とても優しい母だった。

    ここまでが前置き。

    年末も差し迫った日、母は沢山のレトルト食品を買ってきた。「ママ、出かけるから。お家からは絶対に出ないでね。一人で頑張れるよね。バイバイ」

    と言われ、「いってらっしゃ~い」と答えた。

    それから母は本当に帰ってこなかった。
    翌日も、その次の日も、帰ってこなかった。

    ご飯はレトルトで凌いだが、「ママいつ帰ってくるんだろう」と気が気じゃなかった。

    3日目、私はなんとかして、外の大人と話そうと思った。

    母に言われたとおり家から出ないで話すには、当時は固定電話しかなかった。

    母がよく連絡先をメモしたメモ帳を、電話台の下に置いていたのを思い出した。

    メモ帳を見て、一番最初に書いてある連絡先に電話をしたら電話に出た。

    「私、名前を私子と言って、ママが帰ってこないんです。悪い人に攫われたかもしれないんです。助けてください」

    最初電話口の人は笑いながら「探偵ごっこ?」と取り合ってくれなかった。
    母の勤め先の会社だった。

    「もう27日から帰ってないんです(その日は30日)。お家に一人なんです」

    すると「あのね、探偵ごっこに付き合ってる暇ないからもうかけてこないでね!」と切られた。

    受話器を置くとすぐさま電話が鳴った。
    母の勤め先の、他のおじさんが電話し直してくれた。

    「さっきはごめんな!お腹すいとるだろう!そっちに迎えに行くからまっとってな!」

    そして一時間後、本当に恰幅のいいおじさんが迎えに来てくれた。
    社長さんだった。

    「あいつ(社員)の電話を聞いておかしいと思ったんよ。あの馬廘がほんとごめんなあ。あいつは今他の人からしっかり怒られとるからな」

    と話してくれて、ファミレスをご馳走してくれた。
    美味しくてガツガツ食べた。

    その後緊急連絡先になっていた父と警察に通報。

    父は直ぐに迎えに来てくれ、父の住む家にしばらくお邪魔することになった。
    山の中にある立派なコンクリートの家で、美術品が大量に飾られていた。

    父と一緒に住むお兄さんやお婆さん(奥様。当時60代後半)を見て、父に「この人達誰?パパのお友達?」と聞いた。
    「パパの奥さんと息子だよ。あっちはお前のお兄ちゃんだよ。お前とお前のママより大切な家族だよ」

    とあっさり言われた。
    父は、本当は私が生まれることに反対だったことを話し、もし母が帰ってこなければ一人で生きるよう努力して欲しいと私に話した。



    7 :キチママまとめちゃんねる 2012/03/16(金) 20:20:01 0
    トメを泣かしてやったw
    結婚して6ヶ月なのに「私の孫はまだ?」と五月蝿いトメ。
    義実家に顔を出す度に何度も言う。
    その上、誰が〆ても「聞こえなーい」とシレッとして終わり!
    なので黙ってもらう為、母子手帳を出してやった!
    トメがパアーって感じで満面の笑み、その後涙がボロボロボロ。
    良ウトを亡くして寂しいのは知っているのだよ。今度は同居話で泣かしてやるw
    どうだマイッタかw



    204 :キチママまとめちゃんねる 2018/03/20(火) 15:39:51 0.net
    子供がインフルエンザになった。
    熱の割には元気。
    食べたいものを聞くとトメのモツ煮込み。なんでだよ。
    確かに美味しいけど移したら悪いと思いつつ電話するとポカリや手作りのとろけるプリンとか一緒に持ってきてくれた。
    「ばあちゃんに移しなさい、孫ちゃんやママはこれからの人なんだからね!」とニコニコして励ましてくれた。
    帰る時に「氷持ってきたから氷枕に使ってね、あとお母さん大変だけど移らないようしっかり貴女も食べて寝るのよ」と私の大好きなお店の唐揚げも置いて行ってくれた。
    ポカリとか氷とか重いのに申し訳無かった。
    最初会った時めちゃくちゃ背が高くて美人だからビビってたけど話てみたら気さくで優しい人だった。
    母親を幼稚園の時になくしてしまって年配の女忄生にどう接したらいいかわからないけれどトメにはこれが母親に甘える感覚なのかなあと思ってる。
    どうせなら顔も似たかったなあ

    100 :キチママまとめちゃんねる 2015/10/31(土) 19:52:42 O.net
    誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性.と結婚した
    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
    でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた
    おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた
    そんなある日

    13 :キチママまとめちゃんねる 2013/12/10(火) 19:55:42
    まだこのスレがあったのか
    2年前までは嫁もヒスってイロイロ破壊されてたけど今は直った
    ヒスるたびに抱きしめて
    「お前の笑顔大好きで結婚したのに怒らせてばかりで悪かった俺がせいだ、愛してる」
    最初はそれでも大暴れだったけど、落ち着くようになった
    何度か同じように抱きしめていると成行きでセクロスしてしまった
    それからレスだったがヒスるたびにするようになった
    ある時大きなヒスがあって、俺も精神的に参った時だったんで
    抱きしめるのをやめて、「おれは疲れたお前の好きにしろ」って言って部屋に閉じこもった
    嫁が「抱いてほしかっただけなの、相手してほしい、もう一方的に要求しないから」
    泣いて頭下げてきたよ
    なんか性.格変わっているんだがどうしたらいいのかも迷ったが
    した
    それからは、一切ヒスらなくなった
    ヒスらない様に毎日愛してるって言うようにはしているが
    嫁が恋愛時代みたいに可愛く夜のおねだりするようになった
    4年間のヒス期間は何だったんだろう

    1 :キチママまとめちゃんねる 2020/10/14(水) 18:13:00 ID:Mxl6D8kf0.net

    782 :キチママまとめちゃんねる 2015/05/17(日) 20:54:27 ID:JUIyeg75.net
    修羅場といえば修羅場なので投下させてもらいます。

    少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。
    バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。
    2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。

    父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。
    深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。
    お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。

    当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。
    父子の会話が明瞭に聞こえてきた。

    娘「これナホちゃん食べたいなー」
    父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」
    娘「ぎゅどんておいしいー?」
    父「うん、すごくおいしいよー!」

    呼び出しが鳴ったので注文を取りに行った。

    父「すいません、この(小盛の牛丼)をひとつください」
    俺「他にご注文は?」
    父「以上です」

    え、子供の分しかないじゃん。お金ないのかなーと思った。
    この父子をよく見れば、父親はけっこう着古したスラックスにヨレヨレのYシャツ。
    娘はもう5月も終わる時期なのにスウェットっぽいズボンに毛玉いっぱいついた長袖。
    荷物は汚い大き目のリュックひとつ。
    明らかに何日かは風呂も入ってないなって感じの風貌だった。

    続きます

    921 :キチママまとめちゃんねる 2020/11/11(水) 11:33:07 ID:34l6fwU1.net
    スマホと財布を入れていたバッグを紛失してしまった。
    家のパソコンからスマホ、カード等をすぐに止め紛失届を出した。
    連休前の夜でさすがに参ったけど連休が明ければ現金をおろす術があるのでとりあえず三日間を部屋にあった700円で過ごす事にした。
    こんな折半詰まった生活は学生の頃以来だったけど予定も無かったしどうにかなるだろうと思っていた。
    数年前に知り合いに20万貸してそのまま蒸発されそれ以来は金の貸し借りはやめようと決めていたので誰かに借りるつもりはなかったし、情けない話なので誰にも言うつもりもなかった。
    気合を入れた連休初日の昼頃、インターホンが鳴った。
    出てみると目を疑った。
    数年前にお金を貸して蒸発した知り合いが
    「ごめん。昨日と今日、何度も電話したけど繋がらなくて。まだここに住んでるか分からなかったけどよかった…」
    と貸してた20万とは別に迷惑料ということでさらに20万を包んで持ってきた。
    とりあえず部屋に上がらせて色々と話を聞くと連絡つかなくなってた理由もわかり、
    それが本当か嘘かはどうでもよくてその日そうやって持ってきてくれた事だけで長年のモヤモヤもスッキリ晴れた。
    迷惑料分とやらは受け取らなかったけど代わりに食事を奢ってもらった。
    数日後にスマホと財布もちゃんと届けてくれた人がいて無事に戻ってきた。
    この件だけじゃなく色々と嫌な事が続いて少し腐っていたけど世の中捨てたものじゃないなと実感したし何よりこのタイミングが衝撃だった。

    753 :キチママまとめちゃんねる 2014/07/29(火) 01:44:48 ID:???
    彼女と会ったのは田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時かな。
    ある理不尽な修羅場で異動になった事もあって、仕事が終わったら飯作って寝る生活。
    長期休暇も地元にも帰らずに部屋でじっとしていた、休むのも苦痛で仕事がある時の方が気楽でよかった。
    工場のまわりには飲み屋もなく、帰りにスーパーによるだけの生活だった。

    その日は、朝から風が強く嵐が近づいていたので、スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中で
    強い雨と風で自転車を持って立ち往生している彼女と目があった。
    職場では顔は知っているが、あまり話したこともない派遣社員である事は知っていた。
    俺は、この嵐じゃ自転車じゃ無理だから家の人に迎えに来てもらったらと言うと
    彼女は頼める人がいないと言うので、俺の車で送る事にした。
    俺のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かったので、家まで送る事にした

    次の日、一緒に車で出勤して帰りに自転車が置いてあるスーパーに行ったが
    彼女の自転車が無くなっていたので、自転車を買うのにも徒歩じゃいけない距離だし
    自転車を購入するまで俺の車で通勤することに。
    それから彼女が気を使ってくれて、おかずを持ってくれて一緒に晩飯を食べたりしてた。
    彼女は、感情を表に出さないし、聞いたことしか答えないけど
    それでも彼女の生い立ちをポツリポツリ、話してくれた。
    放置子でネグレクトにもあっていて、施設に預けられて高校卒業後に働きだしたが、
    親が稼いだお金を全て持っていくので周りの人に助けられて、
    誰も知らないこの土地に逃げてきたことを話してくれた。
    彼女が自転車購入後も天候の悪い日は、一緒に通勤することも多くなり
    自然に広めのアパートで一緒に住むことになった。

    259 :キチママまとめちゃんねる 2016/11/06(日) 00:56:41 ID:???
    ある女忄生に娘が生まれた時の話。
    娘はすこぶる健康だが、口蓋裂だった。軽いやつだけど、他の子と比べればハッキリ解るくらいに唇が割れてしまっている。

    そんな訳で、出産に立ち会った夫と終わってから病室に駆けつけた実両親は、暗い顔して娘を抱くその人を励ましていた。
    今の医療技術ならきれいに治るよとか、他に疾患は無くて健康なんだから有難いことだとか、必タヒに慰められるほど彼女の気持ちは暗くなっていったそうだ。
    ちゃんと生んであげられなくてゴメンね、これからの治療で痛い思いしたら可哀想…と、マイナスな考えばかり堂々巡りしていたところで、夫両親が遅れて登場。
    良ウトメさんだったが故に、どうにも申し訳ない気持ちだった彼女だが、赤ちゃんを見たトメさんはくわっと目を見開いて駆け寄ってきた!!
    「まあー、まあー、まあ!!ピンク色で!!プクプクで!!見てよお父さん、あのお口、パタ○ロちゃんにソッッックリ!!」
    ポカーンとする面々など目に入らないトメさん、早くも赤ちゃんにメロメロで喋りまくる。
    「かわいいわね、女の子ですってね、健康でかわいいなんてお手柄よ嫁子さん!!
    あ、お手柄って男の子に言うんだっけ。どっちでもいいわ、お手柄よー!」
    ここで彼女は、トメさん以外に誰もまだ娘を可愛いと言ってないことに気づいた。
    せっかく生まれてきたのに、自分たちは何をしていたのだろうと猛省、改めて赤ちゃんを見たら不思議なことに、「ハンデを持つ哀れな子」ではなく「丸々とした健やかな赤ちゃん」に見えたそうだ。
    そこからは可愛い、顔が丸くてほんとパタ○ロに似てる、大物になりそう、などと盛り上がり、誰も後ろ向きなことを言わなくなったそうだ。

    以上、つい最近聞いた、私が生まれた時の話です。
    パタ○ロが舞台化するってニュースを見たあと、「主演のひと、ソックリだねw」と母に言ったら「あんたのほうが似てたよ」と、上記の話をしてくれました。
    小さい頃に通院してたのは朧気に覚えていたけど、口蓋裂だったとは知らずびっくり。
    私が覚えてないことに母もびっくり。
    呆れられつつ、そういうわけだから父方お祖母ちゃんには今以上に感謝しなきゃねと、母娘で語らいました。
    年末年始には祖母孝行しようと思います。

    このページのトップヘ