コトメ・コウト


    51e10d92ef29433889cab220405f54f1_t
    382: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/01(月) 12:41:09.76
    うちのコトメ(出戻り、義実家パラ)、初めて会った時から太ってたけど 
    ○○だけ食べるダイエットとか、プロテインダイエットとか、極端な食事で 
    少し痩せてはリバウンド、を繰り返し、50歳近くなった今では何をやっても 
    やせないみたいだ。 
    滅多に会う事はないけど、会うたびに球体に近づいている。 
    コトメが勝手に太る分はいいけど、自分の食生活を棚に上げて、私達夫婦の 
    食事にまでケチつけて来るから嫌い。 
    私がまともにご飯作れないと決めつけたり、外食に行ったと聞けば毎日毎日 
    外食して散財している、みたいな言い方をする。 
    自分がダラ主婦で婚家から返品されたからって、他の人も同じだと思うな。


    64c6103a1092189520590f3148659262_t
    448: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/05(金) 13:26:40.32
    うちのお馬鹿コトメの馬鹿発言 
    数年間にコウダクミが「35過ぎると羊水腐る」失言した時 
    「私さんは30前でも肉体年齢は老けてるからさ~、下の子はやく産みなよ」「羊水はともかく卵子はか・く・じ・つに劣化してるよ」 
    と言いはなった 
    当時私は26で面長なので可愛いタイプじゃなかったけど、断じて老け顔とちがいます! 
    コトメは31のくうちゃん大好きなババギャルだったが、あれから数年経て肉体年齢の劣化が甚だしい 
    まだ独身だけど見た目は40代半ばのダルダル体型&ご面相 
    若年性の更年期とやらでヒステリック、つか人格も健康も崩壊しつつある 

    コトメから以前、ものすごく若い時期に掻爬複数回やった武勇伝(生物学的に自分がいかに高機能で、当然異性を惹き付けてやまない為だと語った)を聞いて、将来どうなるかと思ったらこうなりました


    66e14ba37550b0f55e8bc2625569ae24_t
    557: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/09(火) 18:20:20.12
    結婚して最初に義実家に泊まった時、お風呂上がりのコトメが台所の 
    椅子(布張り)に座って偉そうに私に説教してくれた。 
    夫が言い返してくれて、はいはいとコトメが立ち上がった後、 
    椅子の座面のど真ん中に、五百円玉大の水のシミがある事に気がついた。 
    私はこれをシミの付いた場所から推測して「肛門水」と呼んでいるんだけど、 
    その次の日も風呂上がりのコトメを注意して観ていると、やはり 
    コトメの座った後には肛門水が。 
    乾いたら解らなくなるので、そんなに汚い水ではないんだろうけど、 
    コトメのあそこから出た水だと思っただけで、もう気持ち悪い。 
    その後、コトメから何度もうちに泊まりたい、というよりも泊まらせろ! 
    って言われたけど断わっていた。 
    夫がしつこいコトメに「お前のコーモンから変な水が出てるから嫌なんだよ」 
    って言ってしまい、コトメが発狂してウトメに報告。 
    今、義実家でも笑われているらしい。 
    散々私の事をビ○チ扱いしてくれたけど、お前の肛門が一番ゆるいじゃないか。



    90ff658ea4dee09adc8f047657cd27fc_t
    95: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/11(土) 14:33:00.63
    私達が都内で小梨夫婦だった頃、 
    私達に会いたい姑をダシに、コトメが姑連れて娘達と押しかけて来る計画浮上。 
    観光の宿代わりが目的なのミエミエ。 
    2LDKの我が家に姑・コトメ・足音うるさい小学生2人計4人も泊まるのは流石に勘弁と思い 
    「すみません~うちマンションで神経質な人が階下に住んでて…」→コトメ「大丈夫、静かにするから」 
    「狭いし布団ないですよ~」→コトメ「大丈夫!私達なんて台所で雑魚寝で十分!(タフ自慢キリィツ!)」 

    結局うちには少し寄るだけでシティホテルに泊まってもらったけどやや不満気だった。 
    後からメールで「あの広さなら全然大丈夫だったのにぃ~」 
    普通小梨の弟夫婦の家に子供連れて押しかけてくるかな?


    202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_t
    221: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/16(木) 08:53:26.60
    卑猥な言葉を紙に大書して 
    「これ なんて読むの~?」とニヤニヤクスクスをするコトメコ。 
    トメが「読めない 分からない」と言うと 
    「私も読めないんだ 教えて!」「お兄ちゃん(コウトコ)の辞書借りて 
    すぐ調べて!」 
    怒ったトメがコトメに「あなたはどういう教育をしてるのか」と言うと 
    「性.的な事に興味があるのよw」とクスクス。 
    しかもそのコトメは他で「婆の奴 こどもに舐められてんだよw」と 
    言い触らしてる。 
    コトメには「美人で優等生だった姉(数年前に故人)と差別された」という 
    怨念があるんだけど それでも性格悪いとオモ



    c82f8df7467c478cce9dcb07ba24fcbc_t
    399: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/21(火) 13:41:30.76
    義実家に行って来たが、独身寄生コトメは食って喋るだけで一切動かず。 
    娘がソファーの上であぐら掻いて配膳さえ手伝わないのに、トメも黙って無いで 
    なんか言えよと思う。 
    おまけに、トメが私達が好きだと聞いて、わざわざ用意してくれた料理を、 
    「ほーらほら、かぁちゃんがあんた達のために用意してくれたんだから食えよ!」 
    「わたしゃ、○○なんで大嫌い。良く食べれるね~ゲラゲラ」 
    トメには悪いけど、一気に食欲無くして、手も着けなかったわ。 
    なんで50代の良い大人がこんな話し方しかできないんだろう、と毎回呆れる。


    410e3b02c1e2ace6766bf999b03a31c6_t
    484: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/27(月) 00:44:28.39
    娘と姑と小姑と車で遠出した。チャイルドシートと保険の関係で運転は私。 
    運転やら何やらめっちゃ疲れて帰って来て、車停めたら「ご苦労。」って言われて何かイライラ。 
    まあその後で義実家で昼寝した上に夕飯ご馳走になったから、ありがたかったんだけどさ。


    424be994dba5ea51df5fee36c299edfc_t
    534: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/28(火) 18:50:07.59
    うちとは近距離別居の出戻りメンヘラコトメ。 
    弟(私の夫)の顔を見るなり、「GPSやめてくれない!?訴えるから!」 
    どうやらコトメの脳内では、私たち夫婦がGPSで自分を監視していると思い込んでいるらしい。 
    いや、監視もなにも、アンタ家から出ないじゃん。 
    全く話が通じないし気持ち悪いの 
    で、このままサヨナラしてもいいよね☆


    af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_t
    610: 名無しさん@HOME 投稿日:2007/12/14(金) 13:00:15
    車で一時間のコトメ宅へ届けものに行って、そこにいる大きなサモエド犬を激しくモフってきた。 
    子犬の時にかわいさだけで買って面倒みきれていないらしい。 
    綱も1mくらいしかないのに散歩も行ってない様子。 
    夫やトメが行くといつも諦めきった顔でうなだれてるらしいけど、 
    私の犬好きはわかるようで私が行った時は毎回激しく尾を振ってくれる。 

    いい人そうなコトメなのに、生き物相手に無責任なので警戒してしまう。 
    一番ひっかかるのはサモエドを面倒みきれてないのにダックスを更に買ったことだ。 
    冬毛に変わったのにまったくブラッシングしてもらってないので 
    激しく服に毛がついたこともあって言えないけどむかつく……




    b0b48d32b7a3013fe8c67f1d02765f32_t
    778: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/31(火) 22:44:35.00
    ウトメとコウトは同居。私は、トメさんと仲が良いのでよく遊びに行く。 

    トメさんとパソコンで遊んでいたら、コウトが「風呂行ってくる~ニヤニヤ」と全ネ果で登場。 
    トメさんが「ちょ!あんた!」と〆ようとしたのでそれを止めながら、空中で指を使い計測。 
    ニヤニヤしながら「みじかーいwww」と言ったらコウトは目を見開き、この世の終わりみたいな顔で出ていった。 
    トメさんは「嫁子ちゃん、やだwww」と笑った後「あれ(コウトの)って短いの?」と真顔で聞いてきた。 
    リアルでお茶を吹き出しパソコンが壊れるかと思ったよw 
    コウトはその後、旦那とウトに〆られ更に凹んだらしい。

    このページのトップヘ