スカッとした話

    793 :キチママまとめちゃんねる 2015/05/31(日) 16:21:05 0.net
    私も昨日とうとうDQNになったよ
    頭使った知的なDQNとか出来ないから、本物のDQNになりきった!

    義実家の無駄に広い家(田舎の木造二階建て11LDK)の掃除を言いつけられ、嫌味と軽い暴カにプッツンときまして…
    思いっきり助走つけてありったけの力で座敷の襖に飛び蹴りして穴あけてきた

    トメ、目をカッて見開いてポカーンって顔しててワロタw

    ギックリ腰で動けないと嘘をついて、法事の準備をさせようと呼び出したので、
    「本当にギックリ腰にしてあげましょうか?」って聞いたら無言で首を横にブルブル

    飛び蹴りが綺麗に決まって嬉しかったので、テンションマックスで帰ってきた

    おきまりの旦那なんだけど、脚を折って入院中
    「無茶するなぁ(笑)夫婦二人して足骨折とかシャレにならないから、気をつけてね。バカオカンには俺からまた怒っとく」とだけ言われた

    今日の法事はもちろん欠席
    嫁に掃除させる気で掃除も料理の手配も何もしてなかったから、どうした事やら

    439 :キチママまとめちゃんねる 2015/04/17(金) 10:22:18 ID:PH/L5VWX.net
    流れを変えるために投下

    よくある駐車場ネタ

    私もよく利用するある駅前のスーパーには駐車場がある
    駅前という立地も手伝って、買い物客以外も利用したりする
    もちろん「買い物以外の利用はご遠慮ください」と書いてあるが、そこは田舎町の緩さか、短時間の利用にはお咎め無しな空気
    しかし、そこへある時期からDQN車が停まるようになった
    DQN車は大き目のミニバンで、朝から晩まで停めている上に、なぜか3台分の駐車スペースに斜めに停める
    その上、車の通り道まではみ出すという、絵にかいたようなDQN
    私は小型車なのでなんとかなるが、他の大き目の車の利用客は困っていたと思う
    でも、結局みんな見て見ぬふりだった

    その駐車場にはもう一台名物車がいた
    それが推定80歳のおばあちゃんで、毎日軽自動車で買い物に来ていた
    このおばあちゃんは運転は上手いのだが、駐車がド下手
    いつも斜めに停まっていた
    ただ、軽自動車ということで被害が少ない上に、20分ほどの買い物が終われば速攻で帰るので、困ったことは一度もなかったし、
    たまにバシっと綺麗に駐車しているときなどは「お!?今日は上手く停まってる」などと微笑ましい風景になっていた
    その上フレンドリーで誰にでも挨拶するさわやかおばあちゃんなためか、うちの娘も「ミラノばあちゃん いるねー」と会うのを楽しみにしているほど
    (ミラ【車名】のおばあちゃん、と教えたのだが、娘はこう呼ぶ)

    68 :キチママまとめちゃんねる 2011/01/28(金) 10:57:26 0
    うちの良トメは200人を軽く超えるあるサークルで広報をしていて、会報誌の編集もやる人。
    取材は数種類のデジカメを駆使して行う本格派で、会員の評判は高い。
    (たまに手伝って小遣いもらう私www)
    中でも「お宅訪問」みたいなコーナーでは、会員の自慢のインテリアなどを紹介し、
    自己顕示欲の強いおば樣方には出たいと言う人が多い。
    その日もその取材でお手伝いに行ったんだが、
    訪問先のばー様は「息子夫婦と同居してるが、嫁が稼がない、働かない、
    家事をしない」としょっちゅうぐちってたトメトメしいばーさんだった。

    洋風の綺麗なリビングに通されたとたん、私の視線はおしゃれなローボードに釘付け。
    「ごめんね~嫁が掃除してなくて。さっき 私 が 片付けたのよ~」
    うちのトメも気づいたようで、デジカメを私に渡しながら
    「おかまいなく。今日はサークルの会報の取材で来ただけだから」
    と言いながら私にしきりにばーさまとローボードをツーショットで撮るように促す。
    言われるままに撮る私。でもこれは会報には使えないだろうと思ってた。

    668 :キチママまとめちゃんねる 2015/10/14(水) 10:59:49 0.net
    トメが朝ドラにはまっている まあ黙って見てる分には文句は無いが朝バタバタしてる私を呼び止めて
    とんちんかんな解説聞かされたりどうでもいい意見を求められたりするのが嫌だったんでネタバ乚スレ見た

    トメ「AとBどっちと結婚するのかしら~?やっぱり幼馴染みのAかしら~?でもAにはC子ちゃんがいるしBとはキスしちゃったし~どっちかしらね~嫁子さん?」
    私「あ!?Aっすよ そんで田舎帰ってケーキ屋やって子供は双子っす」
    トメ「…」

    トメ「良かったわ~これからはみんな幸せに暮らせるわね~(ほぼ独り言)」
    私「えっ!?お父さん失踪していなくなっちゃいますよ」
    トメ「…」

    とどめになったのはドラマの後にあさイチを見てる時に
    トメ「有働さん素敵ね~頭もいいし明るいし こんな人が息子の嫁だったら…(わざと聞こえるような独り言)」
    私「この人昔不イ侖してましたよ野球選手と そんな嫁が欲しかったんですか!?どうしてもって言うんだったらなんとかしますけど」
    トメ「…」


    その後は自分の部屋で見るようになりました おしまい

    562 :キチママまとめちゃんねる 2017/03/24(金) 14:18:34 ID:7xAmEzZ4.net
    昼時に牛丼屋にいった時の話

    カウンターに出てる店員は学生っぽい若い男と、50代後半くらいのオジさんの二人
    若い店員は時折体をのけ反らせながら、なんだか滑稽なくらいテキパキ動いている
    オジさんの方は見るからにどんくさい
    で、どうもオジさんの方は新入りらしく、ちょいちょい若い店員が注意するんだけど、その注意の仕方が鼻につく
    バイト歴はそりゃ長いのかもしれないが、歳上の人に対する言い方じゃないんだよね

    覚えている限りでは、

    若い店員「ねえねえ、なんとかさん、オーダーたまってるの理解してる?」
    オジさん「あ、はい、分かってます」
    若い店員「いやいや、それ全然分かってる動きじゃないよね、分かってるならテキパキ動いてよ」(と鼻で笑う)

    若い店員(苛立ち口調で)「なんとかさん、そんなのいいからこっち先やってよ」
    オジさん「スミマセン」
    若い店員「なんで仕事の優先順位も分からないの?普通分かるよね?なんで分からないんだよ」(わざとらしいため息)

    こんな感じで、基本ずっと見下してる
    結構でかい声で言ってるから我々にも丸聞こえ
    で、それにイライラしてるのはやはり俺だけじゃなかったらしい

    「なんとかさん!何番さん待たせ過ぎ!さっさと持ってきなよ!」

    と若い店員が声を荒らげたところで、俺の正面にいたオッサン客がブチキレた

    390 :キチママまとめちゃんねる 2017/03/23(木) 01:49:10 ID:YNIuRYEZ0.net
    部下が多大なミスして会社に損害を与えた

    立場上こっ酷く叱ったが余りにもの落ち込みようで罪悪感が出てきて
    激励のつもりで飲みに連れて行く。2人きりで

    居酒屋では仕事の相談を受けるが部下はまだ吹っ切れてない

    居酒屋を出るとまた泣き出し、それで放っとけなくなり思わず抱きしめてしまう
    抱きしめ返してくる部下がその時だけ愛おしくなり
    酔もありホテルにGO!!そのまま関係を持ってしまう

    罪悪感がありこれっきりと自分に言い聞かせるも
    部下から仕事の相談との名目で誘われるようになり
    また2人で呑み→ホテル

    これが2年前の出来事

    更にズルズルと関係を持ち続け恒例と化して初めて気持ちが部下にあることに気づく
    抱かれるときゴムも付けないようになる
    そのしっぺ返しは「妊娠」という形で現れた
    こっそり堕胎して、更に2回目の堕胎を経験する

    これが1年前の出来事

    嫁の日記に事細かく書かれていた
    初めは「小説?」とか自分に言い聞かせてみたが
    やはり事実であることに変わりなく悲しみの波が押し寄せてくる

    最近の日記には「どうやって俺に切り出そうか?」「どうやったら円満に離婚できるのだろうか」など綴っている

    読み終わる頃俺にこの日記を差し出してきた娘(14歳)が突っ伏せて号泣している
    娘「ママは私たちを捨てるの?」と聞いてくるが
    ヘタレな俺は何も答えられず涙だけが流れていた

    しばらくすると娘が「私たちが捨てられるんじゃなくて、私たちがあの女を捨ててやるんだ!」と言い出した
    俺は窘めたが娘の意思は固く、それ以外の答えはないと言い張った

    このことは嫁には内緒にして娘と2人でなんもなかったように過ごす努力をした
    1週間ごにもう一度娘と話し合いした
    やはり娘は離婚を、離別を望んでいる
    それは恨み事ではなく「ママのため」らしい
    嫁のために離別して嫁は嫁の好きな人と一緒になることを望んだ結果だそうだ

    315 :キチママまとめちゃんねる 2013/12/10(火) 15:54:53 ID:DoCcCDdU
    プチだけど

    旦那とスーパーに買い物に行ったらいかにもなDQNカップルが大声で喋ってた
    店内に音楽が流れてたから煩く感じるのはそのカップルがいる一角だけだったけど
    丁度通り抜けに使いやすい位置な上にカートまで使って通路に広がっていたのですごく邪魔
    私たちもその通路を使おうとして彼らに気付いたという感じで
    関わり合いになりたくないから回れ右したんだけど、その動きがあからさま過ぎたのか
    私たちが難癖付けやすそうに感じたのかニヤニヤしながら絡んできた

    男「はぁ?なにその迷惑そうな顔、失礼じゃねー?www」
    女「マジwwwうぜぇwww」
    旦「すみませんでした。(私に向かって)行こう」
    男「いやいやいやwwwだからそれが失礼なんだってwww」

    内容がない台詞だったのであまり覚えてないけど、そんな感じでネチネチ絡まれる
    埒があかないので無視して行こうとしたら男が「ちょ、待てよ」みたいな感じで旦那を掴んだ
    その瞬間

    男「あいだだだだだだ!!!!!!」

    旦那が男の腕を背中に回して捻じりあげていた
    男涙目、女呆然
    暫くしてから手を離したら「ふっざけんなよ!」とか言いながらあろうことか私の方に向かってきた
    その瞬間

    男「あいだだだだだだ!!!!!!」

    670 :キチママまとめちゃんねる 2016/09/25(日) 11:07:50 ID:Swa
    高校の時、1、2年と担任だった教師が最悪で、結果的に教師が再起不能になった話。

    私 学生
    A子 虐めてきた元友達、きょ
    教師 元々贔屓目が強く、あまり当てにならない


    1年の夏頃に友達だった女に当時そこそこ有名になっていたインターネットでの虐めに遭った。
    勿論担任に相談しろという周りの助言もあって、嫌々相談したものの、

    675 :キチママまとめちゃんねる 2015/04/30(木) 01:35:46 0.net
    長過ぎたので分けます

    昨日のトメ
    稼げる者は稼ぐ!家事は出来る者がやればいい!という考えの義実家。
    ウトメ(超良)は昔から共稼ぎで、時短のために便利な家電はどんどん買い、それでも出来ないことは外注しているらしい。
    私も仕事をしているし、そんな家庭で育った人なら安心だと思って結婚した。
    しかし夫には家庭料理に対する憧れがあったらしい。
    食に携わる仕事をしている嫁→毎晩テーブルにはご馳走がある、と夢見ていたようだった。

    実際は私の帰りが遅かったりして、一汁三菜+自家製のお漬物程度が精々。
    夫は質素な食事だ、プロなのに何故だと文句タラタラ。
    その度に「私、食品と言っても研究職なんですが?」と何度か言ったがそこはスルー。

    昨日、私が熱を出した。
    39℃超えの熱で関節は痛いしフラつく私。
    毎日メールする関係だったトメ(近距離別居)に辛さを訴えたら、心配して「仕事が終わったら行くわ!待ってなさい!」と言ってくれた。

    しかしそんな良トメの息子である夫は、心配するどころか「え?メシは?どうすんの?」と言う有様。
    ムカつきながらも争う気力もなかった。
    作り置きの五目豆と角煮、冷凍していた野菜でお味噌汁、冷奴、フラフラしながらスマホ操作してネットスーパーで買ったお刺身。
    用意している最中にトメから、到着した旨の電話が鳴った。
    応答して、それを繋いだまま食事を出した。
    出されたものを見て「買って皿に盛っただけのが二品もある~!手抜きだなあ!後は最近食べたメニューだし~!」と笑いながら食べる旦那。
    全部トメに聞かれているのに、バカなやつw

    199 :キチママまとめちゃんねる 2014/02/19(水) 20:09:54 ID:uF+QIRsX0.net
    2年前の修羅場
    当時私19、彼氏19、二股相手21

    バイト先で知り合って、1年くらいずっと仲が良くて友人の後押しもあり付き合った人が二股してた
    相手はネット掲示板で知り合ったメル友で、隣の県に住んでる21歳の女忄生
    最初は顔写真の交換だけしてて、交際を初めてからは住所も教え合ってたらしい
    彼はその女忄生と、メールだけのやり取りでどんどん仲良しになっていって
    その女忄生にメールで告白、おkの返事をもらい、4ヶ月間も二股状態だった
    私は何も知らなかったんだけど、二股相手は私の存在も全部知ってた
    私が二股のことを知ったのは、知らない番号から掛かってきた電話で、でした
    もちろんその電話が二股相手の女忄生
    いきなり強気の口調で「○○(彼氏)の彼女さんですか?アナタに話があります」と言われて
    バイト先近くの駅に呼び出された
    同じくらいの時刻に彼氏からも「大事な話があるから駅に来てほしい」と呼び出しの連絡
    女忄生のほうの態度とかで色々察して、ああこれカミングアウトされるな・・・ってすぐに気付いて
    彼氏に「二股してたの・・・?」って電話で恐る恐る聞いたら「・・・とにかくきて」とだけ言われ切られた

    その態度に気持ちが冷めてきて、でも勘違いかもとか少し希望を残しつつ、色々考えながら駅に到着
    周りを見渡すけど彼氏の姿はなかった
    でもすぐにさっきの知らない番号から電話「今、駅の自動販売機の横のベンチにいます。駅に着いたらそこに来てくれますか?」
    場所はわかるのでそこに直行すると、まず「え?は?」って混乱した
    ベンチには確かに女忄生が座ってたんだけど、座ってるのは凄い巨大な女忄生だった、缶コーヒー飲んでた
    そーっと近づいて、「あの・・・」と声をかけると、ハッと振り向き、いきなり電話を取り出し私に掛けてきた
    「・・・○○(彼氏)の彼女さんですね?」って確認されて「そうです」って答えた
    なんかいきなり張り倒されそうな気がして怖かった
    そしたら、5分もしないうちに彼氏がやってきた、でももっと驚愕したのはその後の事でした

    長くなりそうなので分けます

    このページのトップヘ