キチママまとめちゃんねる

当ブログは2ちゃんねるの生活板を中心に鬼女、気団、浮気・不倫、復讐、修羅場など、生活に関するトラブルをまとめているブログです。

    衝撃的

    454 :キチママまとめちゃんねる 2004/06/24(木) 18:31:00 ID:WP4g7FPu
    兄(病院勤務)の話。
    つい最近、小4~5の女の子が救急車で運ばれてきたんだって。
    その子は「お腹が痛い、吐き気がする」と訴えているとのこと。
    兄はその話を小耳に挟んだ後も、通常の業務をこなしていったものの
    まだ小さい子だけに「ややこしい病気でなければいいが」と心に留めていたそうだ。

    で、気になって後で担当した同僚に訊いたら
    検査の結果は病気でも何でもなくてなんと妊娠5ヶ月だったらしい。
    ぽっちゃりめの子(しかも地味め)だから本人も、周りの人たちも
    今回検査して判明するまで気がつかなかったらしい。

    しかも相手は一つ上の男の子。
    小学生同士で子作りする時代かと思って、えらく
    カルチャーショックを受けたであるよ。

    684 :キチママまとめちゃんねる 2012/04/18(水) 01:52:13 ID:d8HQdnbIO
    デリで働いてた奥さん結構いるんだね
    そんな私も結婚直前まで3ヶ月程デリ嬢してました
    昼間の仕事の休日前夜に3~4時間で月に4日ぐらいの出勤で月20万くらいだったかな
    結婚するから辞めるって店長に行ったら店のサイトに「○○ちゃんが業界卒業!会うなら今!」 みたいな宣伝してくれたのは良いんだけど
    そのお店の女の子のほとんどが欠勤しまくりの末に辞めてたってパターンが多い中で私の時だけそんな宣伝をしたもんだから
    お客さんや店の女の子には店長と結婚するのかとか店長の子供を妊娠したのかと勘違いされちゃったわ…

    304 :キチママまとめちゃんねる 2013/10/13(日) 23:22:53 ID:qVvELwFh
    もう十年以上前のことで、家族(特に姉)からの伝聞あり
    人を病院送りにしているから、批判や気を悪くする人がいたら申し訳ない

    子供の時、うちは父方の祖父母と祖父母宅で同居していたが、俺には重度の某果物アレルギーがあった
    幼稚園の頃に俺のアレルギーが判明して、最初に食べた時には入院したので、祖父母も家には持ち込まないよう徹底してくれたし、
    俺も「外で勧められても絶対に食べないように」と念を押されていたので平和だった

    小学校低学年の時、近くに住んでいた叔母が離婚して実家(祖父母宅)に戻ってきた
    叔母は、離婚前から浪費・窃盗などを重ねている人で、俺の母に子供押し付けている間に不イ侖という役満な人なので、
    慰謝料・親権もなしで叩き出され、両親(特に母)も「子供と一緒にいさせたくない相手」とは思っていたが、「あんなのでも家族」という祖父母の頼みで同居

    同居の注意事項として事前に話し合ったときも、色々とアホな権利主張したようだが、
    俺のアレルギーの話を聞いた叔母は、「好き嫌い、甘えだ」「今のうちに偏食を治さないと」「沢山食べることで免疫がつく」と子育ての持論を語った
    昔入院した時の写真とかを両親が出しても「普段から慣らしておかないからだ」と譲らない叔母
    最終的に、俺母が「自分の子供放置して、不イ侖したアンタが何語ってんだ?自分の子供の好物も知らないくせに」と静かにキレて、叔母が黙った

    そんな感じで叔母を含めて、祖父母・両親・姉・俺・叔母での生活が始まったが、叔母は完全ニート状態で、働きもしないし家事もしない
    近所でも迷惑(他所の旦那さんに色仕掛け、公共の物を盗難 など)を重ね、祖父母に説教されて反省ポーズはするも繰り返す
    母と姉(当時高校生)は、叔母を警戒して、俺に近づけないようにしていた
    叔母からすれば祖父母と親父の機嫌を損ねるのはまずい。
    俺の母は言われれば言い返すし、当時高校生の姉は叩かれれば毆り返すようなタイプだったので、
    当時小学生な俺がターゲットになると思ったんだね

    この辺までが前提というか前置き

    652 :キチママまとめちゃんねる 2017/04/04(火) 19:05:00 ID:aZSkFVA/.net
    中学の時の学年主任がクソでした

    自分が母子家庭でそんなに裕福ではなかったのをいっつも見下してる感じだった。
    しかも、生まれつき髪の色が明るめなのに染めてるって怒られ、否定しても信じてもらえなかった。
    母が学校に電話をかけても、母に言わせてるんだろうとか、母子家庭の母親なんかまともじゃないだろ?って感じで取り付く島もなかった。

    761 :キチママまとめちゃんねる 2017/04/22(土) 20:07:14 ID:yuxDⅤQm0.net
    元旦那が神経わからん。

    元旦那の経済DⅤで離婚して5年。
    2人の子供がいるが下の子が小学生になるタイミングで再婚した。
    今の旦那にもめちゃめちゃ懐いてくれていて再婚家庭だと言うと驚かれる程。
    私にも子供にも真っ直ぐに向き合ってくれ、
    「子供たちが大好きで何より大切だからちゃんと立派な大人に育てる責任があるんだ。」
    って子供に真顔で言えちゃうような人。

    再婚するにあたって苗字が変わるので元旦那に一応連絡した。
    そしたら家庭裁判所から親権変更調停の通知が来た。
    はぁ?と思って元旦那に連絡するも拒否されていて通じない。子供のキッズ携帯からでも出ない。
    やましい事は何も無いので調停を受けることにした。
    旦那も連れて、養育が証明出来るものや環境がわかるように家の中の写真なんかも揃えて持っていった。
    元旦那曰く、再婚=再婚相手からの肉体的もしくは忄生的虐侍を受けるに決まってる!との事。
    もちろん結果は変更の必要なしで決着。
    というか元旦那は裁判までする!って意気込んでたみたいだけど調停員に説得という名のお説教を食らって諦めたみたい。

    だって、元旦那、定職にもついてなくて料理も作れず今はコンビニ食か外食ばかり。
    義実家も調停の事なんか何にも聞いてなくて、突然言われても面倒見るのなんて無理!との事。
    しかも産まれたばかりの子供までいるそうでこれも義実家にも話してなかったそうで知らないうちに孫が1人増えてて義実家パニック。
    ちなみに再婚してないから認知のみ。再婚予定だけど一緒に住むのもまだ未定らしい。
    そりゃお説教食らうだろって感じ。

    なんだか当たり屋にあった気分だね…なんて話してたら上の子のキッズ携帯に元旦那からメール。
    「絶対にいつでもパパの所に戻れるようにするからね!」
    子供は、パパんちゴミだらけだからヤダって鼻で笑ってた。

    本当に思考回路がわからない。
    後、元旦那の彼女?再婚相手?が心配になってしまう。

    570 :キチママまとめちゃんねる 2016/08/10(水) 01:06:26 ID:mdB
    なんだか気分が落ち込んでしまったので書かせてください。
    携帯からなので改行おかしかったらすみません。

    数年前上司にセク八ラの末襲われました。
    当時はどん底まで落ち込んだし、半年ほど引き込もって泣いたりしていました。
    でもよく聞く男忄生が近寄ると失神してしまうとかいうことはなくて、主人との行為もかなり辛かったけどできなくはありませんでした。
    なので自分は相当メンタルがタフにできているんだろうと思っていたし
    元々じこひょう

    362 :キチママまとめちゃんねる 2017/04/11(火) 02:05:19 0.net
    心の整理のために書く。もう15年位前の修羅場。

    俺:当時32歳、某資格取立て
    父:某資格による個人事務所経営
    社長:父の取引先
    社長娘:当時31歳、病院勤務。検査技師。

    俺は当時、親父の事務所で働きながら勉強をして念願かなって資格をとったばかりで浮かれていた。
    そのせいもあり、好事魔多しで家庭内は今までのバランスが崩れ、ギクシャクしてしまった。
    具体的には、資格が取れない兄がイラつき、俺とけんかになり、親父が兄の肩を持ったために家庭内は決定的に不和になった。
    そんなある日、親父は俺を呼び出すと、いきなりこう告げた。

    父「社長と○○日の土曜日に飲みにいくんだが、お前を後継者として紹介をする。その日空けておけ。」
    俺「無理です。その日は用事があります。」
    父「キャンセルしろ。」
    俺「無理です。どうしてもと言うなら日にちを変えてください。」

    親父は黙っていたので、俺はそのまま退出した。第一、その社長は兄の担当だ。勝手に会うことはご法度だ。
    次の日、親父は日曜日に変えた旨を伝えてきた。それで兄に話してあるか確認したが明確な返事がなかった。
    仕方ないので、兄にその旨伝えてから会うことにした。気は進まなかったが、これが修羅場の始まりだった。

    当日。約束の場所に10分前に行くと、親父とお袋、社長と奥さん、そして若い女忄生がいた。
    俺は、社長夫妻に挨拶すると、席につき、会食が始まった。

    社長「では、本日、お見合いを始めたいと・・・」
    正確な言葉は覚えていない。聞いていなかったかもしれない。覚えているのは俺と社長の娘がほぼ同時にカエルが踏みつけられたような声を出したことだ。
    呆然とする俺と娘。勝手に盛り上がる親たち。その日は値段だけは高そうな、味のしない食事をして帰った。

    316 :キチママまとめちゃんねる 2015/12/08(火) 15:48:45 ID:nOe
    彼が母子家庭だった付き合ってまだ3ヶ月で用事でお宅訪問した。
    そこで初めて母子家庭で育ってると聞いて、彼のアルバイト代も入れてると知った。
    今までデート代ほとんど出して貰ってたから大変だったんだろうと思ってラインで「大変だと思うから別れよう」と送った。
    ずーと嫌だ別れたくないって言われるわ、付きまとわれるわで疲弊してる
    なにより未婚の母親だった事に驚いてショックを隠せない。
    結婚する前に出来ることをする事がまず、あり得ないしかも結婚してもらえなかったって…
    そこから生まれた彼にたいしても…う~んって感じ。
    今時古いかも知れないけど私は結婚するまで絶対したくないし、友達とかなら全然気にしない。
    でも将来を視野に入れた交際なら話は別。
    姑になるわけだし、唯一無二の肉親を捨てろだなんて残虐なこと言えないし、いう権利もないと思ってる
    でも母親べったり私二の次に耐えれるほど辛抱強くないし、好きでもないことに気付いてお別れしたんだけど私は人でなしなんだろうか

    439 :キチママまとめちゃんねる 2015/11/05(木) 00:08:57 ID:vtQ
    当分終息しそうにない修羅場。(フェイクあり)

    東京で教育関係の仕事をしていた従姉が、一年ちょっと前に祖母の
    介護のため退職・帰郷。(伯父(従姉父)は長男)
    介護を手伝う傍ら地元の企業に再就職し、そこで知り合った人と
    めでたく結納も交わしたのが少し前の佳き日。
    その数日後、なんと従姉宛に不イ侖の慰謝料請求の内容証明が届いた。
    伯父一家、晴天の霹靂。
    実は従姉、東京で不イ侖してて、そのトラブルで祖母の介護を口実に
    これ幸いと地元に逃げ帰っていたらしい。その件は当然婚約者の知る
    ところとなり、おそらく破談になる模様。
    さらに不イ侖相手の奥さんがうちの地元に乗り込んで来たらしいが、
    さすがに俺がkwskとか言える状況ではない。
    同席した従兄(問題の従姉の兄)から多少聞きだせたのは、内容証明の
    タイミングといい、何らかの手段で従姉の動向を監視してたとしか
    思えないとのこと。さらに不イ侖相手と言うのが、従姉の教え子(学校
    ではないのだが)の父親。既婚だと知らなかったという言い訳は通らない。
    また従妹は教師としては優秀だったらしく、子供にも懐かれていて、
    奥さんはそれゆえに許せないらしく。従兄は「どうやら、えらい人を
    敵に回してしまった」と頭を抱えている。

    問題の従姉はよく言えば真面目な優等生、悪く言えば喪女。不イ侖とか
    とうていしそうにないタイプですごい衝撃だった。

    また、この従姉の件のあおりをくらったのが、別の叔父家の従妹。
    前から東京の大学の進学を希望していて親も容認する方向だったのが、
    一転して猛反対。
    こちらも荒れに荒れて修羅場らしい。

    673 :キチママまとめちゃんねる 2012/09/24(月) 03:52:46 ID:vVpUMNac
    警察官やってた時に虐侍の現場に臨場したことがある。
    とは言っても法律上、外から声をかける程度の
    ことしかできなかったのだが。
    時刻は午前2時頃、現場は団地4階の一室。
    同団地住民による騒音の苦情の110番通報で臨場すると
    女忄生の怒鳴り声が団地前の路地にまで響き渡っていた。
    部屋の前まで昇って行くとドアが薄いためか
    中の様子が克明に伝わってくる。
    夜中だというのに母子で風呂に入っているらしく、
    シャワーの音に混じって
    「気持ちいいの!?どうなの、気持ちいいのお!?」
    という女忄生のヒステリックな問いかけが
    微かな反響を帯びて聞こえてくる。
    同じ問いかけが5回ほど繰り返された時に変化があった。
    子供がおそらく気持ちいいと言ったんだろうな、
    「はぁあ?気持ちいいなら何でそんな顔してんのお!?」
    「何でそんな顔してんだよお!?ああ?嘘ついて◎△※~★(←失念)」
    先刻までの金切り声とは一転、ドスの利いた声で
    脅している様子がありありと伝わってきた。

    このページのトップヘ