感動話・いい話・ほのぼの

    938 :キチママまとめちゃんねる 2019/04/07(日) 08:31:05 ID:RpG5cCyw.net
    某電車に乗っていてスマホで詰め将棋見てたら隣の人もチラ見してるのがわかったけどそのまま考えてた
    なんとか解けて満足してふと横の人がニコニコしてるに気付いたんだけど…羽生名人だった
    千駄ヶ谷についたらニヤリと笑って降りていかれたのだったが茫然としてサイン貰えば良かったようなお邪魔しなくて良かったような

    431 :キチママまとめちゃんねる 2016/05/27(金) 13:28:00 ID:Nxp
    俺の母親と婚約者が同級生で友人だったこと
    母親は継母で俺の一回り上の36歳
    親子関係16年目で実母には虐侍されてたのに優しくしてくれて姉みたいに思ってた。
    後から生まれた妹と同じように親父が他界してからも実子のごとくよくしてくれた良い人

    先日職場のお局状態だった婚約者と趣味が合ってお付き合いし婚約ってことで家に挨拶で連れて来たら二人は高校の時からの友人で今でもたまに外で会ってたらしく二人とも固まってた

    母「若いの捕まえたって、うちの息子かよ!俺君、もっと若いのにしな!」
    婚約者「いや知らなかったんだって!洒落にならないから!私これ逃したらもうアウトだから!」
    俺「大丈夫や。何でも腐りかけが美味いんやで」

    二人と妹にフルボッコされたけどなんか同居になりそうな勢いで話が進んでる

    769 :キチママまとめちゃんねる 2021/04/06(火) 14:07:55 ID:qs.pt.L1
    凄い話の後で気が引けます。しょぼい思い出ですみません。
    今日は交代での有休消化日で、部屋の片づけが終わったんでベランダ出て紅茶飲んでたら電線にカラスがいたので思い出した。

    私が生まれたのは地方都市で、市街地を離れるとのどかな田園風景が広がる田舎。そして私が小3の時、きっかけは忘れたがクラスの
    女子グループにハブられ苛められ、身体的な暴カは無かったが㬥言や無視が続き、毎日一人で半泣きになりながら帰ってた。
    ある時、帰宅途上の道端で黒い塊が動いてて何やらギャーグワー声を上げていた。近寄ると一羽のカラスが足と片方の羽に細い
    紐が巻き付き、もがいたのか団子のようになってた。 私は刺激しないように近づくと、カラスは威嚇して禿しく暴れたが、
    既に団子になってるからワサワサ転がるだけで、とりあえず図画工作用の道具箱からカッターナイフを出して
    「静かにしたら外してあげるから」と声を掛けながらカッターナイフで何か所か切ったら、カラスは大人しくなり、静かに
    私が切るのを見てて最後、足に食い込んでた紐を外すと私の顔を覗き込むようにするので、給食で食べきれず持ち帰ってた
    コッペパンを思い出し、ランドセルから出して千切ってあげた。
    気が付いたら私の真上の電線に、8羽程カラスがいて、私と転がってたカラスを静かに見てた。ちょっとビビりながらゆっくり離れ
    「じゃーねー」と家に帰った。転がってたカラスは私を見てた。
    次の日から私が帰る道にカラスがいて「カー?」と鳴くのでコッペパン(食べるのが遅かったので毎日半分ほど残してた)を道端に投げ
    離れてから振り返るとカラスが食べてるのを見て、何故か安心した。私は孤独で、カラスが毎日帰りに待ってるのが嬉しかった。
    そんなある日、帰宅中に何かの用事で私をハブってた女子3人程が私の後からついてきてて、私の悪口を言いながら小石等を私の
    ランドセルに当てたりしてて、早足で帰ってたら、ランドセルを引っ張られ後ろに転けた。怖いし痛くて声を上げて泣いたら
    走って逃げた女子達が、数十メートル先で私の悪口を言って笑ってる中、黒い集団が女子達を襲いだした。いつものカラスが
    仲間を連れ女子達の頭にぶつかったりギャーグワー騒いで登校帽を足で掴んでたりしてて、女子達は悲鳴を上げて逃げだした。
    私はその光景が突然過ぎて、ぼーっと見てたら逃げてった女子の後、カラスが一羽飛んできて、私の前に降り、顔を覗き込むので
    何時ものようにコッペパンをあげた。しばらくしたら4羽程のカラスが私が千切ったパンをついばんでた。
    次の日から私の通う小学校の正門塀の上にはカラスが2~3羽止まりだし、私が帰宅するのに合わせ、護衛の様について飛ぶようになり
    私はクラスメイト達や学校の他学年の生徒間で「魔女」というあだ名を貰った。そして私を苛めていたグループトップにいた女子の
    住むマンションはカラスのフン害で有名になり、鳥害防止ネットを張ったらしい。
    結局私が中学を卒業するまで(小中が一緒の小さい学校だった)カラスの護衛は続き、卒業式の後、関西の伯母宅から高校へ通う事に
    なっていたので、卒業式が終わった次の日、私はスナックパンを数袋抱え通学路のいつもカラスがいる所に行き、いつも通りに
    仲良くなったカラス達にスナックパンを上げながら「もう来ないよ、今までありがとうね」と話しかけたら、一番懐いてたカラスが
    静かに私の顔をじっと見て一言「カー」と鳴いた。多分「分かった」と言ったんだろうな、と思って「じゃあね」と言い帰った。

    私が伯母宅から高校・大学に通い就職し独り暮らしを始め数年後、休みの日に買い物に行った帰り道、近所の公園に行ったら鳩や
    カラスがいたのでちょっと休憩ついでに買ったスナックパンをちぎってあげたら、カラスが数羽集まって来て口々に「カーグワー」と
    鳴き出し、周りの人に注目され、そういえば野鳥に餌はダメだったと思い出し「ごめんね」と立ち去ろうとしたら、一羽のカラスが
    私の前で、何時かのカラスの様に顔を傾けながら覗き込むように見て「カー?」と鳴いた。
    次の日、住んでたアパートのそばの電線の上に10数羽のカラスがいて、マジでびびった。私を見て1羽が「カー?」と鳴いたら、一斉に
    「カー?」と鳴き出し、慌てて走って出勤した。それからはカラスは見なくなった。
    今は転職し違う地方に移ったが、たまにカラスを見ると懐かしく思い出す。

    673 :キチママまとめちゃんねる 2019/03/29(金) 10:08:08 ID:xXP
    俺が馬鹿舌なの前提なんだけど。

    結婚して分かったことが、食べ物が旬によって全然美味しさが違うこと。
    嫁は食事を出す時に「今は春キャベツが旬なので、シチューに1個丸ごと入れてみたよ」と言って出してくれる。
    親は全然そういうの言わなかったし、そんな料理出たことないから気にしたことがない。
    一人暮らしもしていたから、文字としては旬という言葉も当然知っているし、その時期は食材も安いからよく買っていた。
    でも、男一人だとキャベツが安いからと買っても作るのは野菜炒めとか、そんなの。
    自分が自分のためにテキトーに味付けたものをモソモソと食っているだけだった。

    結婚してから、嫁はなんというか旬の時にそれが美味しく感じるような料理(?)とか
    「今はキャベツが柔らかくて甘いよね~」と説明してくるから、この歳になってから
    「言われてみたらそうかも?」→「確かに柔らかいな…。まあ確かに美味い感じがする」→「本当だ美味い!」みたいになった。
    魚も旬だと焼き魚も美味いんだけど、一人暮らしだと全然気づかなかった。
    生さんまを捌いてなめろうにしてもらったときの衝撃は本当にすごかった。
    まあ俺が単細胞なだけなんだけど「これが今は旬です。いつものやつとこう違うでしょ」と説明されると違いが分かって、
    その違いと美味さが分かった時が本当に衝撃的だったという間抜けな話。あと嫁に感謝っていう話。

    284 :キチママまとめちゃんねる 2015/08/31(月) 20:12:53 ID:Zjs
    子供の頃、私の母はよく入院していたので
    祖母の家から学校に通う事が多かった。
    すごく可愛がって貰ったし、楽しい人だったから大好きだった。
    一昨年亡くなったんだが、偶然Googlのストリートビューに
    祖母が庭でお花に水やりしてるところが写ってて
    (目の所をちょっとだけボカシが入ってるけど)
    時々それを見て祖母を思い出したりしてた。
    が、新バージョンに代わってから祖母んち自体が更地になってて寂しい。

    685 :キチママまとめちゃんねる 2014/04/02(水) 12:50:56 ID:PQMdYxxX.net
    ありがちなチカン冤罪系の修羅場に遭遇した話

    俺は当時学生で、ほぼ毎日が電車通学だった
    なので当然他の常連というか顔なじみも出来る。ちょい派手めなJK集団とかくたびれたおっさんとか、密かに狙ってた綺麗めの女の子とか。
    その常連メンバーの中に、いつしかイレギュラーな野郎が紛れ込んできた。イケメンだ。
    イケメンはその言葉通りイケメンで、俺はこいつがあまり好きではなかった。乗ってきた瞬間にJK集団が好奇の目で騒ぎ始めるし、密かに狙ってた(以下略)がすげー挙動不審になるしで、男としてもイケメンの存在は全く面白くなかった。
    つか嫌いだった。

    ある日、いつもは固まってるはずのJK集団が何故かバラバラに乗車してきた。
    喧嘩でもしたか?と思ったが特に気にも止めないでいると、既に乗車していたイケメンの隣に一人がそっと近寄った。
    ちなみにイケメンの定位置は先に乗車し、座席を確保している俺の正面のつり革だ。
    しばらくはいつもどおりガタガタと揺られていたが、突然、イケメンの隣のJKが「チカン!この人チカンです!」と騒ぎ始めた。そして、何故かイケメンの腕を掴んで振り回していた。
    騒然とする車内。集まるJKの仲間たち。そして「私も見た!」とお決まりの展開に。
    一方イケメンは冷静な顔で否定。
    こういう時もイケメンはイケメンだった。ファッキンイケメン。

    100 :キチママまとめちゃんねる 2015/10/31(土) 19:52:42 O.net
    誰もいなそうなので私が恥ずかしい話を書き捨て
    奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性.と結婚した
    女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
    しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
    でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた
    おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
    でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた
    そんなある日

    13 :キチママまとめちゃんねる 2013/12/10(火) 19:55:42
    まだこのスレがあったのか
    2年前までは嫁もヒスってイロイロ破壊されてたけど今は直った
    ヒスるたびに抱きしめて
    「お前の笑顔大好きで結婚したのに怒らせてばかりで悪かった俺がせいだ、愛してる」
    最初はそれでも大暴れだったけど、落ち着くようになった
    何度か同じように抱きしめていると成行きでセクロスしてしまった
    それからレスだったがヒスるたびにするようになった
    ある時大きなヒスがあって、俺も精神的に参った時だったんで
    抱きしめるのをやめて、「おれは疲れたお前の好きにしろ」って言って部屋に閉じこもった
    嫁が「抱いてほしかっただけなの、相手してほしい、もう一方的に要求しないから」
    泣いて頭下げてきたよ
    なんか性.格変わっているんだがどうしたらいいのかも迷ったが
    した
    それからは、一切ヒスらなくなった
    ヒスらない様に毎日愛してるって言うようにはしているが
    嫁が恋愛時代みたいに可愛く夜のおねだりするようになった
    4年間のヒス期間は何だったんだろう

    504 :キチママまとめちゃんねる 2016/04/13(水) 10:22:43 .net
    親も歳なんで40手前で焦って婚活開始
    しかし俺はただの太ったオッサンでモテ要素は無い
    まったくうまくいかず、後半は惰性.で参加してた

    俺は飯食いに来てるんだ!と、やさぐれてた
    消化試合も慣れてきた頃、バイキング形式の婚活パーティーで俺よりも食ってる女がいた
    それが嫁
    ぽっちゃり体型だし、いかにも食いそうで、本来は婚活パーティーでモテるはずの20代女性.だが、嫁はモテない部類に見えた
    俺だって平常心なら声をかけないが、そのころの俺は敗戦続きで価値観が崩壊していたと思う

    俺はなぜかよく食う嫁にライバル心を持ち、量では負けない!と意地になって食った
    結果、腹が痛くて動けなくなり、消化試合すら途中降板することになりマウンドを降りた

    会場の外のソファーでぐったりしているとなぜか嫁がパーティーを抜けてきて
    「そんなにおいしくなかったですね」と声をかけてきた
    俺は上の空で
    「以前リゾートホテルでやったやつは美味かった」
    と返した
    嫁は「それどこですか!?」と強烈に食いついてきた
    場所を教えたらその場で調べ始めたが、その会場ではもう開催されないようだった

    女性.は参加費無料から半額程度なのでただの消化試合にせずに本当に上手い飯やただ酒を飲食するために来る女もいるという話は聞いていたが、本物を見たのは初めてだった

    恐ろしくがっかりしている嫁を見て
    「普通に旅行に行って食えばいいんじゃないですか?」
    とさらっと口をついた

    なぜか一緒に行くことになり、俺が費用は持ったが、嫁が車を出してくれて交通費は嫁持ち
    モテないと思っていたが、嫁は実はモテモテだった
    が、マザコン男ばかりが寄ってきて、しかもみんな食が細いとかで嫁のおめがねにはかなわなかったそう

    今では10近い年上の俺を長生きさせるため!と、徹底した健康管理と食事制限の元、二人とも10キロ以上は痩せた
    俺はいまだにデブの部類だが、嫁はグラマーになった
    嫁は職場ではさらにモテるようになったが、食の細い男はダメだと今でも言ってる

    ちなみに長女は4キロ近くの体重で生まれ、成長曲線の上限いっぱいの体重で今も成長をし続けている

    427 :キチママまとめちゃんねる 2015/04/09(木) 08:02:33 ID:v4L
    ピカピカのランドセル背負って初めての登校 家から少しだけ送って行ったけど、別れたあと嬉しいような寂しいような複雑な気持ちになった
    今まで一人で外に出したことなんてないから、私寂しいのかな 目から汗とまらんです

    このページのトップヘ