感動話・いい話・ほのぼの

    949 :キチママまとめちゃんねる 2017/02/05(日) 00:14:36 ID:umP
    今は受験生を抱えた奥様方も多いかな?
    私の高校受験の時、祖母が年明けから持病が悪くなって入院していた。
    私は受験を控えているので、お見舞いなど行ったら逆に祖母が心配する、
    まずは合格だけを考えていなさいと言われていた。
    とても可愛がってくれた祖母だったので、合格したらその日のうちに病院に行こう、
    庭の紅梅の木、合格発表の頃にはちょうど咲いているだろう、
    祖母はこの紅梅が好きだから、木には悪いけど何本か折って持っていこう、
    サクラサクじゃなくて、梅が咲く、だね!とそれを支えに勉強頑張った。
    (サクラサク(桜咲く)は、昭和の、合格を知らせる電報の定型文。
    合格発表は、学内の大きな掲示板に合格した番号が貼り出されるので見に行く)

    受験の日、母に送られて玄関を出て、門を出たところで、
    ふいに「(私)ちゃん!」と呼ばれた。
    それも、高いところから、右から左に横切って行くような声で。
    えっと思ってあたりを見回しても、誰もいない。
    母ももう家の中に入っていて、門も玄関も閉まっている。
    空耳?神経が張っておかしくなってるかな?とそのまま試験に行った。

    513 :キチママまとめちゃんねる 2012/04/13(金) 21:57:05 ID:5knGD1xZ0
    先日上京した時に、atmに書類の忘れ物があったので
    警察署へ届けた。面倒なので権利放棄した。
    その数日は、劇場や駅のベンチやドアやエスカレーターで
    いやに親切におじさんたちに譲ってもらえたのは
    因果応報なのかなwww

    953 :キチママまとめちゃんねる 2018/05/08(火) 15:06:15 ID:xxN
    先月トメが他界して行政書士さんに頼んでた遺言状の公開があったんだけど、
    付言事項?だったか、遺言状って結構色々書くもんなんだね

    ウトは10年前にガンで他界してて、トメもガンで亡くなったんだけど、
    住んでた家屋は処分して現金化したら預金と併せて、旦那姉4、旦那3、旦那弟3とかで、
    その配分にした理由も書かれてて
    (我々夫婦、旦那弟夫婦は義実家から遠距離で、トメの最期の一年の通院入院は旦那姉がメインで面倒見たことへの感謝料だと)、
    色々理由を書かれれば「勿論そうだよね」って気持ちにすぐになれた

    宝石の一部を私お旦那弟の嫁にと書いてあって、
    「美しいお嬢さんを二人も義理でも娘に出来た事は心からの喜びでした、可愛い孫たちを見せてくれてありがとう」
    とか書かれてて、おべっかだとは思いつつも泣いてしまったわ

    実家売却の際のご近所への粗品配り依頼とか、法事は3回忌でお仕舞にとか、お墓はウトと一緒とか、
    子供が高齢になったタイミングでそのお寺の永代供養に移して墓仕舞いしてくれとか、
    とにかく細かく取り決めてて、
    何度も放射線治療した後作成した頃行政書士呼んで作ったらしいのに、その気力に驚いた

    行政書士さんにも「100点満点の遺言ですよね、特に付言事項がすごい」と言われて、
    トメの偉大さに改めて感じ入った










    409 :キチママまとめちゃんねる 2019/10/13(日) 11:41:45 ID:65.zr.L4
    古い沈没船の映画を旦那と見た
    主人公の牧師が、上に行かないとここは沈むぞと訴えても
    この場に残って救助を待つと頑なに動かない層がいて
    それを見ながら旦那に
    「私がもしこの場を動きたくないって言い出したらどうする?」ときいたら
    「タヒぬと分かってても嫁と一緒にいる」と真面目に言われた
    私は、殴ってでも上に連れてくとか、仕方ないけど別々に行動するとか、
    そういう答えなのかと思っていたので、予想外の答えになんだか泣きそうになってしまった
    でもよく考えたら、旦那が同じようにここを動かないと言えば私も多分それに従うと思う
    もちろん生き残れると思う方に連れて行く努力はするけど
    夫婦の側が亡くなる描写も辛かった
    相手がなくなったらその場を動けなくなるよ

    470 :キチママまとめちゃんねる 2020/01/17(金) 23:23:34 ID:ftr
    あと数日で私は誕生日なんだけど、誕生日に百年の恋も冷めた話。昔の話で長いです。

    (元)夫が不倫して相手に本気になって、私に離婚を迫っていたけど、私は拒否していた。
    意地もあったしプライドもあった。
    なにより、夫のことが好きだった。
    大学の時からつき合い始めて、20代から30代半ばまでをずっと一緒に過ごした。
    そう簡単に諦められなかった。

    夫との間には娘が一人、当時小学2年生だった。
    毎日、娘が学校から帰ってくると、手をつないで駅前商店街に買い物に出かけた。
    商店街の中の喫茶店で、2人でプリンを食べるのがたまの贅沢だった。
    プリンを買って帰って家で食べればもっと安上がりだけど、
    喫茶店という非日常の空間でしばらく過ごすことが、私にとっての息抜きだった。
    本当はもっとお高いケーキやパフェを食べたかったし、娘にも食べさせてやりたかった。
    でも、なにしろ夫が不倫相手に貢いで一銭も家に入れなくなってしまったので、
    私のパート勤めの稼ぎだけでは心細くてプリン以上の贅沢はできなかった。

    私の誕生日は、お金もないし夫は不倫相手の家から帰ってこないしで、
    特別なことをする予定はなかったけど、前の日から、娘がなんだかニヤニヤそわそわしている。
    きっと何かプレゼントをくれるんだろうな、その機会をうかがってるんだろうなと、
    私もちょっとドキドキしていた。

    588 :キチママまとめちゃんねる 2015/04/13(月) 13:36:00 ID:6y3
    昨日お葬式行って思いだしたんだけど、昔デパートの背広売場でバイトしてた時、
    平日のオープン直後に売り場に来てウロウロしてる喪服のおば様がいた。
    「お探しですか?」と声掛けたら、ハッとしたり迷うような顔した後、おば様が

    「一昨日タヒんだ父が夢枕に立って、このお店に服を取り置いてるから葬式の前に寄ってくれ、
    って言うんです。でも夢で見たなんて馬鹿みたいで、どうして来ちゃったんだろうって今迷ってて・・・」
    と言った。
    名前を訊き、バックヤードの取り置きの棚を見に行ったら、ズバリあった。

    その5日前に取り置いた服で、接客したのは私だった。
    「大病して体が痩せたので、手持ちの服が合わなくなった。ジャケットを新調したい」と言ってたおじいさんので、
    気に入ったのがあったけど予算を越えてて手持ちが足りないから、後日銀行行ってからと、取り置きを頼まれた服だった。

    そのおば様にジャケットを見せると、大層驚いてた。
    上記の話をして、「きっと遠い遠い旅立ちに合う服が欲しいと、優しい娘さんにお願いしたんですね・・・」と言ったら、
    「お父さんたら」と泣きながらゴールドカード一括で買って帰ってくれた。

    結構高い服だったのでガッツポーズだった(個人売上高いとボーナスがあった)。

    108 :キチママまとめちゃんねる 2014/08/08(金) 13:15:23 ID:qmd1Iw6zi
    私が小学校の頃「感謝の日」が毎月あった。
    普段は給食なんだけど、その日はおうちの人と一緒に弁当作って
    毎日ご飯を作るって大変!作ってくれる人に感謝しましょーって
    だいたいそういう主旨だったと思う。
    アラフィフの私が小学生だから、もう大昔の話なんだけど
    当時から既にシングル家庭もあってそれに配慮されてたらしく
    自分の机で自分だけで食べる決まりだった。

    同じクラスのAちゃんはきれいな女の子で頭も良くて
    グループは違っってたけど、憧れの子だった。
    ある感謝の日の朝に下駄箱でAちゃんに会ったら
    Aちゃんはロッカーに自分のお弁当を隠そうとしていた。
    「昨日大人の人が誰もいなくてちゃんとしたお弁当作れなかった。
    仲良しの子たちと席が近いから絶対に見られちゃう。恥ずかしい。
    いっそ忘れたって事にしようと思って……」
    私は自分のお弁当と交換しようと提案した。
    私の席は先生が近いので他の弁当を見ようとする子はいないだろうし
    いたとしても仲良しは他のクラスにいるから大丈夫。
    これは言わなかったけど、憧れのAちゃんのお弁当も食べてみたかった。
    Aちゃんはほっとした表情で交換してくれた。

    159 :キチママまとめちゃんねる 2011/11/14(月) 14:45:47 .net
    今は中3の長女が小学校に上がる前の話

    我が家の入るマンションは都営住宅が並ぶ団地と
    道路を隔てたところにある。
    団地には公園があって、うちの子供も毎日そこへ
    遊びに行っていた。

    嫁に言わせるとある日から小学校2~3年ぐらいと
    幼稚園と思われる姉妹が遊びに来るようになった。
    物怖じしない性.格の長女は姉妹が気になったのか、
    ガンガン話しかけたらしい。

    姉妹の妹は長女と同じ年だったから次第に仲良くなったが、
    姉の方は全く打ち解けなかったらしい。
    嫁が道路ですれ違い、声をかけても無視されたと言っていた。

    そんなある土曜日、嫁は幼稚園の謝恩会の打合せだと
    朝から不在、子供を遊ばせ、テレビを見ていると
    ピンポ~ンとチャイムが鳴った。

    子供が出てみるとなにやら話し声。
    出てみるとその姉妹だった。
    うちの長女がいきなりこう聞いてきた
    「パパ、ランドセルってどこに売ってるの?」と。

    そりゃ、デパートとかさそういうところだよと
    答えると姉妹に「デパートだって」と伝えた。
    何の話だ?と聞くと姉妹の妹が再来週には
    小学校入学なのにランドセルが無いのだそうだ。
    それを親に話したら、買って来いといわれ、
    3万円を渡されたそうだ。

    これから二人で行くのか?とオレが聞くと
    二人で黙ってコクリとうなずいた。
    ちょっと待てよ、小学校入学なんて一大事を
    姉妹二人で何とかしろなんて・・・と思いが沸き起こり、
    おじさんがついていこうか?と聞いた。
    すると我が家の長女がそれが良いよと言い出した。
    姉妹の姉は大丈夫です、二人で行けますというが、
    3万円握り締めているのを見たら、もう切なかった。

    結局、我が家の子供二人と姉妹を連れて、
    近所のイトー○ー○ドーへ。

    赤いランドセルを購入し、
    帰りにマックへ行ったが、
    姉妹の姉を一度もニコリともしなかった。

    家へ戻ると最後に小さな声で「ありがとうございました」と
    言って、走り去っていった。

    109 :キチママまとめちゃんねる 2013/11/18(月) 13:47:11 ID:dN/kgBtr
    嫌われていると思っていた姪に嫌われてなかったこと。
    それどころか家族を題材とした作文で賞を取ってその作文をプレゼント
    してくれたこと。
    311の震災後、兄夫婦は仕事の関係で転勤先である東北に残らなければならず、
    仕事のめどがつくまで姪だけを先に我が家で預かり一緒にくらすことに。
    姪は春休みに我が家に来たんだけど、あまり口を聞かず笑顔も見られなかった。
    大変な思いしたんだし転校だって不安だよなと思って友達の子供(姪の同級生)
    を紹介して後はあまり構わなかった。どう接していいかわからなかったし。
    学校が始まり、祖父母(私の父母)と喋るときは段々笑顔も出てきた。
    私とは洗面所でかちあうと無言で通り過ぎる感じ。
    でもこの前
    「ん。これ。喪子さんのこと書いて入選したから。喪子さんに断りなく書いて
    ごめん。」
    って作文を渡された。
    作文には両親から離れて心細かったことや祖父母に対する感謝の気持ちが書かれて
    いて、その最後の方に
    「喪子さんくらいの年の人と喋ったことがないからどうしていいかわからなかった。
    ○美ちゃんを紹介してくれて友達になれて嬉しかった。ありがとう。実は喪子さんの仕事に
    興味があり将来はその仕事に就きたいと思っている。喪子さんが毎日勉強して
    資格を取ったのが自分も嬉しかった。来年の1月にはお父さんとお母さんが帰って
    きて今の家を出るけど、喪子さんともっと話がしたい。引っ越してからも遊びに来てもいい
    ですか。ただ、喪子さんは夕飯の前に肉まんを3つも食べるのは体に悪いと思います。
    本当に心配なのでおやつは今より減らして下さい」(要約)
    と書かれていた。
    私も嬉しくて涙出た。でも肉まんのくだりを全校生徒の前で読んだとかorz

    98 :キチママまとめちゃんねる 2013/04/21(日) 07:35:41 0
    長男を出産して退院した頃、近距離別居のトメさんがノートを私に差し出して
    「嫁子ちゃん、コレ。○○家に伝わる心得なの。目を通しておいて」
    と言ってきた
    優しくてちょっと天然で五十代なのに色々可愛いかなりの良トメさんだったし、長女出産時には大はしゃぎで孫フィーバー(迷惑とかはほぼ無し)してくれたから、
    すわ跡取り男孫フィーバーで嫁イビリ開始かと脳内が修羅場になって完全に固まってしまった
    神妙な顔をしてテーブルにノートを置いてそそくさとトイレに行ってしまうから、恐る恐る開いてみる
    ノートのページに古いメモ帳、というか和紙みたいなものが貼られていて、旧漢字を交えた達筆のギリギリ読める筆文字があった

    (大まかに意訳)
    一つ、嫁のした事に逐一文句を付けると、息子にも嫌われる
    一つ、嫁がしていない事も嫁のせいにして苛め抜くと、息子に殴られる
    一つ、嫁の粗を探して嗅ぎ回り、付き纏うと旦那に殴られる
    一つ、…

    初めの一ページにドーンと、嫁に嫌われないための○箇条が
    続きには他にも生活の些細な知恵などが数ページに渡って書かれていた
    昔の知識過ぎて今は解釈が違うものは欄外に注釈がしてある
    和紙のページ以降は和紙に書いていない生活の役立つ豆知識っぽいことがノートに直接綴られていた

    このページのトップヘ