589 :キチママまとめちゃんねる 2018/04/05(木) 23:00:43 ID:SdY
    小5の時に、父の仕事の都合で京都市から東海地方の某市に引越し、もちろん学校も転校した。
    夏休み中の転校だったため、9月の始業式の日、漫画みたいに教卓の横に立たされて「転校生を紹介します」というのをやったんだけど、
    バリバリ京都訛りの俺の自己紹介が終わった後、担任に「今聞いてもらった通り、○○君は正しい日本語が話せません。皆で正しい日本語を教えてあげましょう」と言われた。
    そこから担任主導の発音矯正開始。
    やたらと授業で回答を言わされたり教科書読まされたりし、毎回「発音が違います。正しい日本語を話すようにして下さい」とやられた。
    担任がそんな調子だから、クラスメイトも「先生、○○君が正しい日本語喋ってません!」と言うようになり、
    中でも特に面白かったらしい「テレビ」と「地下鉄」の発音をネタにしてクラスメイトに絡まれるようになった。
    いつしかクラスの違う同級生どころか面識のない下級生にすら「『テレビ』って言ってww」とからかわれるように。
    上記の状況を親に話し、学校に行きたくないと訴えたが、
    「子供が学校に行ってないなんて周囲に知られたら恥ずかしい、お前が発音を直せばいいだけ」と親に言われてしまい、
    以来、クラスメイトなど周囲が話してる言葉の発音を必タヒに聞いて覚えて一人で練習した。
    約1年経った小6の夏休み前には関西訛りがたいぶ無くなり、地元の方言も覚えた結果、担任からネチネチ言われることも減り、
    クラスメイトからからかわれることもなくなって友達もできたが、それまでは本当に辛かった。
    もう30歳手前で今は関東に住んでいて、所謂「標準語」を話しているつもりだが、未だに若干関西訛りがあるらしく、
    話している人から「関西出身ですか?」と聞かれると、当時の事を思い出してドキッとする。
    職場の新人さんが関西出身で、「関西弁面白い~」とか言われてるのを見て思い出して書いた。

    862 :キチママまとめちゃんねる 2015/05/03(日) 17:50:52 ID:VcX
    やらない善よりやる偽善って言葉吐く奴大嫌いだ
    私は困ってる他人がいても見てみぬふりしてた
    小柄なうえ足の関節が悪いから、何かあった時に走って逃げたりできない
    だから知らない人は困ってても話しかけたりしなかったしそれが親の教えでもあった
    でも私自身がよく知らない人から助けを求められる
    友達と一緒にいても声をかけられるのは私、それも男性が多い
    私は外はもちろん、大学内でも何か助けを求められても「知りません」「わかりません」「他をあたってください」とすぐにつっぱねてた
    でも周りの子たちから冷たいとか酷いと言われた、すっごい言われた
    「善意は誰かから強要されるものじゃなくて、やりたい人がするものだよ」と言ったら「やらない善よりやる偽善」といつも反論された
    友達が離れたりはしなかったけど、「一度の人助けで何かあったりしないよ」と言われ続けたし、たまにボランティアに強制参加させられたりした

    友達と大学からの帰り、最寄り駅に向かった時に大荷物を抱えて足を骨折した人が困ってた
    そして案の定通りかかった私に声をかけた
    私は即座に「電車の時間があるので」と断った
    その時本当に電車の時間が差し迫っていたし、私は片道一時間半かかるから電車の乗り合わせが悪いと乗り換えで30分待つこともあった
    でも友達はそんなことを知らないので「終電じゃあるまいし」と私の言葉を跳ね除けて「手伝います」と言った
    ここで逃げたら見知らぬ人だけでなく友達も捨てたことになる・・・私は仕方なく手伝った
    これが悪かった
    大学生なんだからその駅を利用するのは相手にバレている
    ストーカーが始まった
    駅に向かうと必ずその男性がいて声をかけられた
    一度助けてしまったから無下にもできずに会釈だけしたら「困ってるんだけどなぁー」と言われた
    友達にも小突かれ仕方なくまた手伝った
    その後も3回待ち伏せされて手伝わされた
    友達に助けを求めたら「大下座だよ、やらない善よりやすい偽善、自分の行動に誇りを持ちなよ」と言われた

    やがて男性の足は治った
    声をかけられた時、私はこれで関わりが切れると思って男性を無視した
    友達には冷たいとか怒られたけど、「怪我が治ったんだから行う偽善もないでしょ」と言ったら「えーでもあの人イケメンなのに」唇をとがらせてた
    友達は気づいてないようだったけど、その時うしろから男性がついてきてた
    駅に用事があるだけかもしれないし、たまたまかもしれないと様子をみてた
    駅では私と友達は路線が違うので別れた
    友達の方についていったら電話で知らせるつもりだったけど、私のほうについてきた
    あくまで男性に気づいていないふりをし、乗る予定だった急行をスルーし、次の普通電車もスルーした
    普通ならそのどちらかに乗るはずなのに男性は乗らなかった
    そして4つめにきた急行に乗るとやはり男性は乗り込んできた
    ラッシュ時だったので人混みに紛れて逃げ出せるかと思ったけど、走れない私には撒くのは無理だった
    3回の乗り換えもしっかりストーキングされた
    これ、最寄り駅にいったらヤバいんじゃないかと思って途中で親の職場に行くための路線に乗り換えた
    駅に着くなり女子トイレに行くふりをして親に電話、迎えに来てもらった
    男性は改札を出ることなく迎えに来てくれた父親と私をじっと睨んでいたのが車の窓越しに見えた

    ことの経緯を友達に話したけど、困惑しながら口にした言葉は「イケメンだったし・・・あんたが何か勘違いさせる行動したんじゃ?」
    友達とはそこで関係を切った
    思い返すと関係切ったのが遅すぎたんだと思うけど、男性の待ち伏せが怖くて一緒に帰る人が居なくなるのが嫌で切れなかった

    父親が毎日タクシー代を持たせてくれて、大学の中から最寄り駅の一つ隣の駅まで行き帰りタクシーを利用するようになってから男性とは会っていない
    大学までくるような行動力がない人で良かったと思う

    884 :キチママまとめちゃんねる 2002/12/21(土) 02:41:00 ID:LF8e9ac6
    今日のDQNなお客様を報告します。
    1・配達
    朝一で電話が鳴る。社員の方が取ったのだが何故か俺にパス。
    お客様は「車で通勤している人に代わって」と言ったらしい。
    とりあえず電話を代わった。相手は婆様でした。
    俺「はい、お電話代わりました。」
    婆「ああ、あのね、今日のチラシの日替わりのカラーボックスとシクラメン、配達して欲しいの。」
    俺「あ、すいませんが当店ではそういったサービスはやっておりませんので…」
    婆「知ってるわよ、今さっきのお姉ちゃんも言ってたし。だから私、あなたに頼んでるの。」
    俺「はい??」
    婆「車ならすぐ来られるでしょ?○○町の奥なんだけど…」←三十キロ位離れた陸の孤島
    俺「いやあの、これから仕事なので抜けるって訳にも…」
    婆「なんてまあ、思いやりの無い人…。足の悪い年寄りが一生懸命で頼んでるのに…。」
    俺「はあ、すいません…。」
    婆「…もういいから電話切って。」
    俺「はい、すいませんでした。失礼します。」
    言われるままに電話を切りましたが直後にまた電話があり、
    また取った社員の方に「…一方的に切られたって言ってるけど…?」などと聞かれました。
    結局配達には行きませんでしたが、朝から最悪の気分でした。

    659 :キチママまとめちゃんねる 2007/09/18(火) 09:32:19
    うちは伝い歩き始めた子を連れて夫婦で俺実家詣でに行ってきた。
    嫁が買ってきてくれたプレゼントを渡してなごやかに話してたら
    子の目の下の隈見つけたお袋が「眠れないほど辛いことが
    あるんでしゅね~」と言った。
    嫁の顔色が一瞬変わった。
    「連休なのにこんな所に連れてくるボンクラ息子ですまん」と
    言った親父に、嫁が「普段は子と二人きりだから皆と話せて
    楽しいです」と言った直後だっただけに空気が凍り付いた。
    居合わせた姉貴がオロオロしてフォローしようと頑張ってたけど
    全然お袋はわかってなかった。
    帰りの車の中で謝ったら、嫁は「今頃お姉さんに怒られてると
    思しいいよ」と言ってくれたけど淋しそうだった。
    失言大王の親父かまともになってきたと思ったら、思わぬ伏兵が
    いたもんだ。

    1 :キチママまとめちゃんねる 2016/09/18(日) 19:56:39 .net
    とりあえずスペック

    俺 27歳会社員

    嫁27歳会社員

    子供もいないしとりあえず共働き。
    俺は家事一切しない。
    掃除、洗濯、食事は全部嫁。

    結婚してまだ間もないけど、昨日いきなり嫁に
    「自分のことくらいは自分でしてほしい」って言われた。
    ちなみに俺は付き合う前から
    掃除、洗濯、その他の家事は一切しないって宣言してたから、いまさらこんな事言われても困るんだけど…

    676 :キチママまとめちゃんねる 2018/04/08(日) 20:26:47 ID:vvESczAF.net
    相談させて下さい。
    一回り年上の異性の同僚と共同作業中で、社内ネットワークで連絡を取り合っています。
    その内容が過剰に馴れ馴れしくなってきて、正直読むのも苦痛になって来ています。

    社内では普通に私を苗字にさん付けですが、メールでは下の名前にチャン付けです。
    内容は「今、君とこうして話せて幸せ」「〇〇チャンに夢に出て来てほしいな」
    「好きだよ(ポッ)」等で、冷たく対応してもどんどん酷くなっていく一方です。
    冗談と取るべきかも知れませんが、相手も独身だしちょっと気持ち悪いです。
    私からの返答はかなりドライで、個人的な事は一切話しません。

    ずっと連絡を取り合うわけじゃないし我慢して放って置くべきでしょうか?
    それとも相手にやんわりと伝えるべきでしょうか?

    593 :キチママまとめちゃんねる 2015/10/21(水) 02:17:07 ID:GipsIrii.net
    毒親で、10代で逃げるように結婚。
    相手が女にだらしない男で不倫三昧。
    初めて不倫された時、自分には頼れる親も、自立できる学歴もないことを痛感し
    本当はすぐに離婚したかったけど、旦那が不倫する度 慰謝料請求→再構築を繰返した。

    その間、慰謝料には手をつけず、IT関係の職業訓練校に通い資格取りまくる。
    その間も旦那は浮気三昧。これは親から旦那から逃げるための、ビジネスだと割り切ってた。
    準備が出来た時、離婚を切り出した。
    ごねられたけど、今は自立できて誰にも気兼ねなく生活できて幸せ。

    普通の会社だと学歴が必要だけど、IT関係だと人出不足でまだ実力で就職できる。
    中卒でもばんばん履歴書 送って大丈夫。
    ただ浮気三昧の旦那は途中から私が慰謝料目当てなのに気づいてたっぽいのがスレタイ。

    まさか離婚 切り出されるとは思ってなかったろうね。

    72 :キチママまとめちゃんねる 2015/01/24(土) 10:48:05 ID:YZ0
    一緒に働いてる女性がちょっと変な人で、とにかく同性にあたりがキツイ。
    今までにも若いバイトの子を3人ほどいびってやめさせている。
    私に対する暴言は、私だけが仕事で使う資材を支店長が買うよう指示したら
    「アンタ!いい気になってんじゃないよ!支店長とデキてんの?!」
    上司に頼まれて手伝いをしてたら
    「したたかな女!!」
    どこかから噂をきいたらしく
    「アンタ私の悪口を毎日支店長に言ってるんだってね!全部わかってるんだから!」
    もちろん言ってないので(正直ソイツが何しようとどうでもいいw)「言ってませんよ」と言うと
    「じゃあみんなの前で聞くから!!」「いいですよ、どうぞ」と言うも聞かないww
    先日はシュレッダーかけてて何言われたか聞こえなくて聞き返したら
    「アンタ耳遠いの?!」だってwww

    今まで一応同僚だし仲よくしなきゃとは思ってたけど、どうでもよくなった。
    今は必要最低限の話ししかしない。仕事でお願いしなきゃならない時は、周りに人がいる時に大きい声で言うようにしてる。
    元々期間限定で3月までだし、事業継続されて支店長からは延長打診されたけどお断り。
    まあせいぜい頑張って欲しい。辞めたら私はただの顧客なんだが、全部解除しようと思ってるwww

    83 :キチママまとめちゃんねる 2017/02/21(火) 22:55:09 ID:z0h
    すまない、ぶった切りで愚痴を吐かせて欲しい。

    彼女とレストランでコースの食事をしたんだ。
    自分は「いただきます」と手を合わせ出てきたコースをとりあえず完食。
    彼女は特にいただきますとか何もなく色々残した(嫌いな物があったとかで手をつけなかった)。

    レストランを出て、美味しかっただのあれが不味かっただの話をしたんだが、そしたら彼女が
    「いただきますとか言っちゃって坊ちゃんアピールすんな。食いたくない物無理して食って馬鹿じゃないの」
    って言ってのけたんだ。

    自分としては、別に坊ちゃんぶったとか何も考えずにいただきますをして、
    不味いかどうかも食べてから判断した訳だが、
    不味いと思ったものは手を付けない方がいいんだろうか。

    「いただきます」が坊ちゃんぶってる。
    不味いと思った物って手を付ける前に拒否する。

    この2点にモヤモヤしてしまう。

    245 :キチママまとめちゃんねる 2015/06/23(火) 11:48:46 ID:FhC
    ぼんやりと生きてきた我が人生でこれは武勇伝かな、と思える話。

    当時、大学生だった俺は春の長期休暇を利用して実家に帰ろうとしていた。実家に帰る交通手段の一つにバスがあり、俺はバス到着時刻よりかなり早くバス停に着いて、のんびりとしていた。
    そんな時、自分が待っていたバス停を終点とした別のバスが止まった。そのバスから降りてきた最後のお客さんはおばあちゃんで、ちょっと足が不自由そうだった。
    運賃を支払いバスの階段を降りるおばあちゃん、ちょっとヨロヨロと危なげな足取り。心配になった俺はバスの階段の一段目に足を乗せ、おばあちゃんに手を差し延べた。おばあちゃんは俺の手に握ってゆっくりとだけどしっかり階段を降りることが出来た。
    今でも覚えてるんだけど、その時握ったおばあちゃんの手はすんごいあったかくて、生きてるあたたかさってこんな感じなんだろうなあ、って思った。

    おばあちゃんは「ありがとう」ってお礼言ってくれたし、バスの運転手のおじ様からはいい声で「あんがとな!」って言ってもらったよ。ちょっと晴々とした気分になった大学三年の春でした

    このページのトップヘ